スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 映像表示が可能に | トップページ | 一応、再生も可能に »

シーク動作等も可能に

今はmacOS用AGMPlayerの開発フェーズで、まずは、その準備も兼ねて、macOS用AG-ムービーカッターを開発しているのだが、今日の時点で、AGM形式動画を読み込んで、コントロール部品を使ってシーク等が出来る様になった。再生も、音声も、まだ、なのだが。

今日は、それなりに作業は進展したのだが、目に見える結果は少ない。

それでは、何をもって、作業が進展した、と、認識しているのか、というと、Windows版に存在していて、まだ、Mac版に存在していなかった関数を何十個も実装したからだ。

にも関わらず、目に見える結果が少ないのは、Windows版には、本質的には、必須では無い処理が山の様に実装されているからなのだが、AG-ムービーカッターとAGMConvを比べた場合、AG-ムービーカッターの方が、少なくとも初心者には、使い易い筈だ。

つまり、一般に、GUIソフトというのは、そのソフトの本質としては、必要なくても、GUI的には、必要な処理が山の様にあって、その処理を実装するのが大変になる訳だ。

このため、Linux用ソフトなんかの多くは、未だに、GUIではなく、CUIソフトになっていて、GUIを追加できる暇人がいるなら、勝手に、追加しろ、みたいな感じになっている訳だ。

と、いう事で、GUIというのは、ユーザー的な視点に立てば、オリジナリティがあったら使い辛い訳なので、開発者に対する希望としては、普通に、実装してくれ、という事になる筈だ。

なので、開発者的には、GUIというのは、オリジナリティを発揮する場所としては望ましくなく、かつ、相手をすると、その作業量は膨大になるので、少なくとも、自分の有能さを証明したい開発者にとってみれば、相手にすべき対象ではない訳だ。

このため、Linux用ソフトの開発者なんかを見てみても、GUI絡みの開発を行っている人は、やはり、普通である事を要望されるオフィス向けソフトを開発している人と同じく少ない訳なのだが、中には、デスクトップ環境を開発をしている人なんかは存在している。

具体的には、GNOMEだとかKDEの話になるのだが、大昔のコレらは、普通に使えたのだが、最近のコレらは、少なくとも作者的には、使い物にならなくなった。

その理由は、前述の様に、開発者的には、普通なモノを開発しても、有能である事を証明できないので、普通ではないモノを開発しなければならないのだが、GUIなんてモノは、普通でないと、使い方が判らずに不便になる訳だ。

このため、新しいGUIを開発しようとしている人達の目論みは、当然、失敗するのだが、これは、Windowsについても、同様だったかもしれない。

と、いう事で、GUI、更に言えば、UIというのは、一般的に、ある程度成熟してしまうと、新規性は求められず、逆に、敬遠されるので、才能ある開発者は相手にしない方が良いかもしれないのだが、実際の所、存在させない訳にもいかない。

なので、自分の才能を世の中に認めさせたい開発者的には、完全に、労多くして益少なしな開発項目になる訳なのだが、実際問題としては、実装しない訳にも行かない。

もっとも、だからこそ、Linuxにしろ、Windowsにしろ、OS Xにしろ、Dialog / Button / List / MenuなんかのGUI部品は標準で提供されている。

つまり、GUIの開発に必要になる労力を減らせる様に工夫されている訳なのだが、にも関わらず、AG-ムービーカッターなんかでは、OSの標準部品では扱えないGUIを実装しているので、色々と、開発が大変になる訳だ。

ちなみに、何故、OSの標準部品で扱えないGUIを実装しているのか、というと、その方が、高級感を演出できるからだ。

つまり、OS標準のGUI部品はチープな感じがするので、設定ダイアログ等の定形処理以外では、普通は、使いたくない訳なのだが・・・

« 映像表示が可能に | トップページ | 一応、再生も可能に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64925482

この記事へのトラックバック一覧です: シーク動作等も可能に:

« 映像表示が可能に | トップページ | 一応、再生も可能に »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google