スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 一週間で何とかなるのか? | トップページ | シーク動作等も可能に »

映像表示が可能に

今はmacOS用AGMPlayerの開発フェーズで、まずは、その準備も兼ねて、macOS用AG-ムービーカッターを開発しているのだが、とりあえず、今日の時点で、AGM形式動画を読み込んで、その映像を画面表示する事は出来る様になった。再生も、音声も、まだ、なのだが。

少し前に書いた様に、ここの所、何故か、普通に睡眠時間は取っている筈なのに、日中にやたらと眠いので、作業があまり進まない。これは、禁煙をしている事と無関係ではない筈なのだが、そもそも、何故、禁煙を始めたのか、という事とも、無関係ではないかもしれない。

と、いう事もあり、作者的には、あまり無理はしない様にしている事もあり、作業も、あまり進まないのだが、そもそも、Mac用AG-ムービーカッターを完成させたとしても、作者的には、何らかの報酬が貰える約束がある訳ではない。

また、普通に鑑みれば、Mac用ソフトを開発してみても、大してダウンロードはされない筈なので、ダウンロードに付随して発生する可能性がある広告収入や、付加価値提供によるAmuseGraphicsのレジストキー売り上げの増加も、大して期待できない。

しかし、Mirror-DTCについては、Mac/Ubuntu版を開発しなければ、少なくとも作者的には、その存在意義に疑問符が付く感じだったので、開発せざるを得なかった訳なのだが、Mirror-DTCクライアントには、映像表示/音声出力用の処理ルーチンがある。

つまり、作者的には、Mac用Mirror-DTCを開発した事に対しては、全く、後悔はしていないのだが、その結果として、Mac用映像表示/音声出力ルーチンを得られている。

また、Mirror-DTCには、当然の事ながら、ネットワーク処理ルーチンもあるのだが、作者製ソフトのネットワーク処理ルーチンは、MasterReversi / Mirror-DTC / AGMPlayerに存在するのだが、それらは全て、似たような構成になっている。

つまり、既に、Mac用ネイティブ版Mirror-DTCが存在している、という事は、Mac用ネイティブ版AGMPlayerのネットワーク処理ルーチンも、作者的には、手に入れている、と、言っても過言ではない。

と、いう事なので、Mac用AG-ムービーカッターだとかAGMPlayerは、開発したとしても、得られる利益は少ないかもしれないのだが、開発に必要になる労力も少ない。

なので、作者的には、開発してみている訳なのだが、作者的に、より良いのは、必要とされる労力が少なく、かつ、得られる利益は多い事だ。

ちなみに、作者的に、より望ましくないのは、よく書いている様に、労多くして益少なし、な状況になる。

もっとも、「益」というのは、現金とは限らないので、作者的には、お金にならない事も、色々とやる事がある。

ただ、今の世の中は、お金にならないモノには価値がない、と、言われてしまう時代なので、作者的にも、マネタイズについては、検討する必要がある訳だ。

« 一週間で何とかなるのか? | トップページ | シーク動作等も可能に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64921346

この記事へのトラックバック一覧です: 映像表示が可能に:

« 一週間で何とかなるのか? | トップページ | シーク動作等も可能に »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google