スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« シーク動作等も可能に | トップページ | 外堀は埋まった感じ »

一応、再生も可能に

今はmacOS用AGMPlayerの開発フェーズで、まずは、その準備も兼ねて、macOS用AG-ムービーカッターを開発しているのだが、今日の時点で、AGM形式動画を読み込んで、音声付で再生可能になった。もっとも、ここまでは、労力の殆どをGUI絡みの実装に費やしてきている。

何度も書いてきた様に、今回のMac用AG-ムービーカッターの開発では、その開始時点で、要素技術に関連するコードは全て揃っていた。

つまり、AGM!形式動画関連の処理ルーチンはWindows版にあり、Windows版のコードを殆どそのまま移植可能な自前ライブラリも存在しているので、これらの処理ルーチンの移植は、大体は、コードをWindows版からコピーしてくるだけで実現可能だ。

そして、今回の開発の肝になるMP4動画関連のサポートルーチンについても、既に開発済みのMac用AGMConvから持ってこれる。

更に、既に、Mac用Mirror-DTCのネイティブ版が存在している訳なので、映像表示だとか音声出力なんかについては、Mirror-DTCのネイティブ版からコードを持ってこれる訳だ。

なので、今回の開発で問題となるのは、コントロール領域用に必要になる自前描画のGUIルーチンだけ、みたいな感じだったのだが、そのテスト実装も、先週の時点で完了し、目処は付いていた。

と、いう事で、今週からは、技術的には何の問題もない状態で、開発を行っているのだが、個人開発ソフトとしては、そのコード量は、結構、膨大になる。

もっとも、前述の様に、技術的な難易度は皆無の状況なので、こんなコードを実装するだけで給料が貰えるのなら、作者的には、美味しい仕事になるかもしれない。

しかし、実際には、給料は貰えない訳なので、そんな状況で、膨大なコードを実装しなければならないというのは、嬉しい状況ではないかもしれない。

ちなみに、GUI「絡み」の実装には、どんな実装があるのか、というと、メインメニュー /  ポップアップメニュー / マウスカーソル形状  / マウスイベント / ウインドウサイズ変更への対応処理なんかがある。

具体的には、例えばメインメニューの場合、メニュー項目はXcodeでビジュアル的に登録できるのだが、その項目のアクションは、個別にソースコードに追加しなければならないし、その項目の実行可否についても、個別に別コードで応答させなければならない。

また、ポップアップメニューの構築はより面倒で、今日の作業の半分くらいは、このメニューを構築する作業に費やしたかもしれない。

もっとも、ポップアップメニューの構築にしても、マウスカーソルの形状変更にしても、macOSでは、やり方がストレートではないので、やり方を知らないと、その調査の為に一日くらい費やすことになっても不思議ではない。

なので、既に、TiExtenderでポップアップメニュー、Mirror-DTCでマウスカーソル形状の変更を行っている実績の存在は大きいのだが、それでも、コードは書かないと動作しないので、その量が多くなると、大変にはなる訳だ。

« シーク動作等も可能に | トップページ | 外堀は埋まった感じ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64929063

この記事へのトラックバック一覧です: 一応、再生も可能に:

« シーク動作等も可能に | トップページ | 外堀は埋まった感じ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google