スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 本実装を開始 | トップページ | 多分、二度目か三度目 »

メニューの実装とか

今はmacOS用AGMPlayerの開発フェーズで、まずは、開発的に、そのサブセット扱いになるmacOS用AG-ムービーカッターを開発している。今日の時点では、まだ、何も出来ないのだが、とりあえず、コントロール領域はソレっぽく表示されているし、メインメニューも実装した。

AG-ムービーカッターは、それほど多機能ではないのだが、少なくとも作者的には、動画ファイルをちょっと加工したいなあ、と、思った時には、大体の事が出来る様になっている。

具体的には、オプションメニューにある「トリミング」/「アスペクト比」/「映像調整」/「ノイズフィルター」/「イコライザ」/「音声オフセット」なんかの機能が使える。

更に、音声トラックを別ファイルの音声に入れ替える事も出来るし、別指定の静止画/動画をテロップとして合成する事も可能だ。

もっとも、上記の様な機能については、メインメニューを見ていれば判る話なのだが、AG-ムービーカッターには、それ以前の基本機能として、動画ファイルの指定期間のみを切り出す機能があるし、複数の動画ファイルを一つに纏めて出力する事も可能だ。

また、AG-ムービーカッターにはエンコード設定があるのだが、この設定では、出力動画のサイズ/FPSを指定できるし、音声の正規化なんかも可能だ。

つまり、AGムービーカッターを使えば、出力動画の解像度だとかフレームレート、音量なんかも変更可能なのだが、それ以前の重要機能として、AGM形式⇔MP4形式の変換なんかも行える。

そして、AG-ムービーカッターには、上記に記述しなかった、動画の再生機能もある訳なので、動画プレイヤーとしても動作出来なければならない。

と、いう事で、AG-ムービーカッターには、マニアックな機能は実装していないのだが、それでも、まあまあの機能が実装されている訳だ。

このため、こんなモノをゼロから作ろうとすると、何年かかるか判らない訳なのだが、実際の所、作者は、Windows版AG-ムービーカッターを、実際に、何年もかけて作ってきた。

しかしまあ、Mac版はWindows版からの移植ソフトでしかないので、来週中くらいには、大体の機能が動作する様にはしておきたい。

ちなみに、今日は、メインメニューを実装したのだが、これは、二度手間を防ぐためだ。

つまり、作者的には、まず、AGM形式動画用のクラスファイルを取り込み、AGM形式動画の再生を可能にしようと考えているのだが、そのためには、まず、ファイル指定をしたり、再生の開始/停止を行わせたりする必要がある。

そして、当然の事ながら、それらの処理の指定はメインメニューから行える訳なので、最初から、メニューコマンドとして実装しておけば、後から、メニューコマンドを作成する必要がなくなる訳だ。

と、いう事で、既に、これから実装する処理については、実現性に懸念は無いので、作者的には、順番に、無駄なく、実装して行きたい所ではある。

« 本実装を開始 | トップページ | 多分、二度目か三度目 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64906689

この記事へのトラックバック一覧です: メニューの実装とか:

« 本実装を開始 | トップページ | 多分、二度目か三度目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google