スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 不具合修正パック? | トップページ | やっとリリースを完了 »

Ver1.3.1 Update Pack1を公開

AmuseGraphics Ver1.3.1用のUpdate Pack 1を公開しました。アップデート内容は、扱える動画/音声形式の追加、及び、軽微な不具合修正です。このため、現行版で問題がない場合には、適用は必須ではありませんが、適用しておくと利用可能な動画を増やせます。

Update PackはAmuseGraphicsファミリーソフトの修正版を提供するパッケージです。

ただし、通常版とは異なり、修正されたバイナリのみが含まれますので、利用するためには、通常版の利用環境が必要になります。Update Packに含まれるバイナリは通常版の同名バイナリに上書きして利用します。

今回のアップデート内容は以下の通りです。

AGMCut (AG-ムービーカッター)

 ・WebM/Ogg等のDirectShowでデコードされる動画/音声を扱える様に変更

 ・DirectShowでデコードされる動画のFPS値を表示する様に変更

 ・多チャンネル/24/32Bit音声データを持つ動画/音声ファイルを扱える様に変更

 ・一部のDirectShow動画の再生時にクラッシュする場合があった不具合の修正

 ・オプション-音声オフセットの状態表示が設定直後に行われない不具合の修正

AGMPlayer/AGMServer

 ・DirectShowでデコードされる動画のFPS値を表示する様に変更

 ・多チャンネル/24/32Bit音声データを持つ動画/音声ファイルを扱える様に変更

 ・一部のDirectShow動画の再生時にクラッシュする場合があった不具合の修正

AGMDecoder

 ・「The WebM Project」のDirectShowフィルターでAGM→WebMのエンコードを可能化

なお、AGMCut/AGMPlayer/AGMServerでは、一般形式動画を扱う処理ルーチンを共通化しているため、今回、ほぼ同様の変更が同時に入っています。

また、数日前にリリースしたAGMConv Ver1.0.1でも、同様の処理ルーチンを利用しており、AGMConv Ver1.0.1では、Ver1.0.0に対して、同様の修正を適用済みです。

AmuseGraphics Ver1.3.1 Update Pack 1は以下にリンクを張ったAmuseGraphicsのホームページからダウンロードできます。

AmuseGraphicsのホームページ

« 不具合修正パック? | トップページ | やっとリリースを完了 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64860440

この記事へのトラックバック一覧です: Ver1.3.1 Update Pack1を公開:

« 不具合修正パック? | トップページ | やっとリリースを完了 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google