スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 不具合修正の段階 | トップページ | 次は、本体? »

まずは、シェアウェア扱い

今はmacOS用AGMPlayerの開発フェーズで、まずは、その準備も兼ねて、macOS用AG-ムービーカッターを開発してきたのだが、そろそろ、完成が近づいた。なので、リリース形態を考えたりもしているのだが、とりあえずは、単純にAmuseGraphicsの追加提供ソフト扱いにする。

リリース形態を考えている、というのはどういう事なのか、というと、現在開発中のmacOS版AG-ムービーカッターというのは、普通に、MP4動画の編集ツールにもなるし、プライベートAPIも必要ないので、その気になれば、AppleのMac用アプリストアに並べる事も可能なので、どうしようか、という話になっているからだ。

もっとも、AppleのMac用アプリストアにソフトを置くためには、そのソフトの本質とは別の所にちょっとした細工が必要になるし、そもそも、そんな所にソフトを置いてみも、少なくとも作者的には、メリットはあまり無く、デメリットは色々とある訳だ。

製作ソフトをMac用ストアに並べるメリットは、インターネット上に自前のストレージを公開する必要がなくなり、かつ、ストアの訪問者は大勢いる筈なので、その人達に製作ソフトを見つけて貰える可能性がある、という事になる筈だ。

しかし、作者的には、去年、iOS用にノスタルジックUFOバトラーを開発してiOS用ストアにアップしてみたのだが、ダウンロード数は平均すると1日に1件あるかないか程度だ。

まあ、ノスタルジックUFOバトラーが500円程度でも、有料ソフトであったなら、それでも、嬉しくないという事は無いのだが、実際には広告入りのフリーソフトな訳なので、その程度のダウンロード数では、ほぼ、広告収入は無いに等しい状況な訳だ。

実際の所、Android向けにはMasterReversiもリリースしていて、こちらのダウンロード数はiOS版ノスタルジックUFOバトラーの10倍以上はあるのだが、それでも、その生涯広告収入は、作者のHTML5版MasterReversiのページに張ってある広告からの収入よりも少ない。

つまり、Appleのストアに製作ソフトを置いたからといって、必ずしも、ダウンロードされるとは限らないし、逆に、ダウンロードされたとしても、ダウンロードページに自前の広告を張ることは出来無くなるので、広告収入的には、ある意味、マイナスになる訳だ。

もっとも、Windows用にはAG-デスクトップレコーダー等のフリー版があるのだが、これは、AmuseGraphicsの開発当初、思ったようにダウンロード数が伸びなかったので、その宣伝の意味から、付属ソフトのフリー版を公開してみた訳だ。

その結果、フリー版のダウンロードは想定以上に多くなったので、そのダウンロードページに張った広告収入だけでも、作者的には、それなりの収入が得られる状況になっているのだが、作者的な本命ソフトである所のAmuseGraphicsのダウンロード数も、それにつれて、増えてきた訳だ。

なので、macOS用についても、その内、有料ソフトの広告用として、無料ソフトをAppleのストアに並べる可能性もあるのだが、現時点では、AmuseGraphics系ソフトとしては、macOS用にはAG-ムービーカッターとAGMConvしかない。

つまり、まだ、独立した有料ソフトとして宣伝するのは時期尚早なので、現時点では、その広告用に、フリー版をAppleのストアに並べる必要もない訳だ。

ちなみに、macOS版については、AmuseGraphicsからは独立させ、将来的には、macOS用有料ソフトとして別だしでリリースする可能性もある。

もっとも、macOSの標準添付ソフトである所のQuickTime Playerには、デスクトップとWebカメラ映像の録画機能があるので、macOS用のAG-デスクトップレコーダーとAG-Webカメラレコーダーは、少し苦戦するかもしれない。

しかしまあ、QuickTime Playerの録画機能は、あくまでもオマケ機能扱いなので、その気になれば、その使い勝手や機能で、QuickTime Playerを凌駕するのも、簡単だ。

と、いう事で、macOS用のAmuseGraphicsについては、将来的には、別系統のソフトとしてリリースし直す可能性もあるのだが、とりあえず、現在開発中のmacOS版AG-ムービーカッターについては、AmuseGraphicsの追加提供ソフト扱いにするので、Windows版のレジストキー所有者は、機能制限なく使える格好になる筈だ。

« 不具合修正の段階 | トップページ | 次は、本体? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65004487

この記事へのトラックバック一覧です: まずは、シェアウェア扱い:

« 不具合修正の段階 | トップページ | 次は、本体? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google