スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« HiDPI対応の傾向と対策 | トップページ | 意外に手間取ったので »

ここでまた1週間休む

今は、macOS用AGMPlayerの開発フェーズなのだが、既存ソフトのアップデートなんかも必要なので、ここの所は、そういった作業を行なっている。当面の残作業としては、Windows10のCreators Updateを受けたHiDPI対応の見直しがあるのだが。

ここ数日書いてきた様に、Windows10のCreators Updateが適用された環境だと、作者製ソフトの幾つかは、問題なくPer-Monitor DPI対応が行えそうだ。

このため、今の所、Windows版AG-ムービーカッターについては、Per-Monitor DPIに対応させたのだが、あと、少なくとも、AGMPlayerとAmuseGraphics本体についても、対応させておきたい所だ。

そして、それらについては、作者サイトに、AmuseGraphics Ver1.3.1 Update Packというモノを用意してあるので、とりあえず、そのバージョンアップ版に同梱する格好で公開しておこうか、と、思っている。

HiDPI対応の見直しというのは、機能アップになるので、素直に、各ソフトを正式バージョンアップしても良いのだが、Per-Monitor DPI対応の恩恵を受けられるのはWindows10ユーザーで、なおかつ、Creators Updateを適用した人に限られる訳だ。

しかも、Per-Monitor DPIが意味を持つのは、複数モニターが接続された環境で、なおかつ、それぞれのモニター毎に異なるテキストサイズが指定されている場合に限られる。

と、言う事で、正式バージョンアップすると、とりあえず、バージョンを上げておかないと気持ちが悪い、という人も多い筈なのだが、HiDPI対応の改良だけでは、折角、バージョンを上げても、その効果を体験できない人が多数を占める筈な訳だ。

なので、とりあえず、正式バージョンアップにはしないのだが、当然、次の正式バージョンアップ版には、この機能アップは含まれるので、今回の改良は、次の正式バージョンアップ版のネタの一つにはなる筈だ。

ちなみに、Creators Update前のWindows10やWindows8.1/7では、今回の改良はどうなるのか、というと、無視される。

なので、HiDPI対応については、従来のSystem DPI対応止まりになるのだが、実際の所、今回、Creators Update以降用にHiDPI対応を行えているのは、Creators Updateで追加された機能を使えば、従来互換が採れる改良が可能だったからだ。

と、言う事で、作者的には、明日から、AG-ムービーカッター以外のWindows版AmuseGraphicsファミリーソフトについても、Creators Update以降用のHiDPI対応を試してみるのだが、世の中的にはGWに突入したので、どの道、このブログへのアクセスも減る事になる筈だ。

なので、表題の様に、ここで、ブログはまた一週間休む事にする。HiDPI対応には大して時間はかからないので、来週中には、前述のUpdate Packは更新されている筈なので、そのリリース記事は書く事になる筈なのだが、開発日誌については、次の記事を書くのは5月7日にする予定だ。

« HiDPI対応の傾向と対策 | トップページ | 意外に手間取ったので »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65215677

この記事へのトラックバック一覧です: ここでまた1週間休む:

« HiDPI対応の傾向と対策 | トップページ | 意外に手間取ったので »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google