スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 当面は普段使い用 | トップページ | 作者環境での相対性能 »

Parallelsも不完全?

ここ数日は、先週の土曜日に購入したMacBook Pro 15インチ 2016モデルを色々と使ってみているのだが、同時購入したParallelsを使ってUbuntu16.04LTSをインストールしてみた所では、普通に使う分には十分快適なのだが、作者的には不完全だ。

何が不完全なのか、というと、「3Dアクセラレーション」機能だ。具体的には、この機能をオンの状態で、Mirror-DTCサーバーを動作させると、キャプチャー画面の更新が偶にしか行われないので、使い物にならない訳だ。

同様の問題は、VirtualBoxにもあったので、3Dアクセラレーションで性能を出すためには、この辺の割り切りは必要になるのかもしれないのだが、Parallelsの場合、Ubuntuに標準搭載されている「スクリーンショット」だとか、「デスクトップの共有」が画面をキャプチャーする時には、正しい画面をキャプチャーさせている分、作者的には、悪印象な訳だ。

もっとも、Parallels的には、Mirror-DTCサーバーを嫌っている訳ではなく、前述のソフトが動作する時には、流石に問題あり、という事で、致し方なく、性能を落としてでも画面キャプチャー用にデータを作成している感じだ。

つまり、「デスクトップの共有」を使ってリモートマシンから接続してみると、Parallelsの処理負荷が、かなり、増大する訳なのだが、この処理負荷の増大は、実際には、リモートマシンからの接続を許可する前から既に始まっている。

つまり、常識的に鑑みて、前述の負荷の増大は「デスクトップの共有」によるモノではない感じだったので、その状態で、Mirror-DTCサーバーに接続してみた所、画面キャプチャーは普通に行われた。

と、言う事で、Parallelsでも、VirtualBoxと同様に、3Dアクセラレーション機能を有効化すると、画面キャプチャーに問題が出るのだが、Parallelsの場合、前述の様に、「スクリーンショット」と「デスクトップの共有」については、特別な対処を行なっている感じなので、処理負荷は増大するものの、機能的には使えない事もない感じだ。

もっとも、Parallelsでも、3Dアクセラレーション機能はOffに出来るのだが、この状態でローカル画面で操作すると、画面表示はかなり遅くなる。

なので、通常は、3Dアクセラレーション機能はOnにしておきたい所なのだが、前述の様に、この場合には、普通の操作では、Mirror-DTCサーバーが画面キャプチャーをマトモには出来なくなるので、Mirror-DTC接続したい場合には、今の所、Offにする方が楽だ。

そして、この場合、ローカル環境での画面表示は遅くなるのだが、これは、3Dアクセラレーション機能がOffの場合、画面表示にCPU負荷が発生するので、ParallelsがCPU負荷の増大を防ぐ為に、ワザとそうしている感じだ。

つまり、3Dアクセラレーション機能をOffにした状態では、ローカル画面を見ていると、その遅さに嫌気がさすのだが、その状態でも、Mirror-DTC接続してリモートマシンで画面表示する分には、十分にヌルヌルと表示される訳だ。

ちなみに、3DアクセラレーションをOnにした状態でも、Mirror-DTCサーバーにマトモに画面キャプチャーさせる方法はある。

具体的には、前述の様に「デスクトップの共有」を使って接続する時には、Parallelsは画面キャプチャーを正しく行える様にするので、「デスクトップの共有」で共有を許可し、やはり、Ubuntuに標準搭載されている「Remminaリモートデスクトップクライアント」を使ってlocalhostにVNC接続してみれば良い訳だ。

そうすると、まず、接続を許可するか拒否するかのダイアログが表示されるのだが、このダイアログが表示されている間は、実際に接続が開始されていなくても、画面キャプチャーは高速に行える様になっている。

なので、そのダイアログを最小化して放っておけば、Remminaは閉じてしまっても、画面キャプチャーはMirror-DTCでも、普通に行える様になる訳だ。

もっとも、Mirror-DTC接続でしか使わないのであれば、そんな事をしなくても、普通に、「3Dアクセラレーション」機能はOffにしておけば良いかもしれない。

と、言う事で、今日も話が長くなったので、作者が購入したMacBook Pro 15インチ 2016モデルの、作者環境内での、相対性能の話は、明日書く事にする。

« 当面は普段使い用 | トップページ | 作者環境での相対性能 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65107120

この記事へのトラックバック一覧です: Parallelsも不完全?:

« 当面は普段使い用 | トップページ | 作者環境での相対性能 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google