スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« メール環境の移行とか | トップページ | 今週は色々とリリース »

解像度の追加は超危険

ここの所書いてきた様に、作者的には、数日前にMacBook Pro 15インチ 2016を購入したので、色々と使ってみていたのだが、大体の感触は掴めた。しかし、TiExtenderを使った解像度の追加は行っていなかったので、やってみた所、macOSが利用出来なくなる状況に陥った。

TiExtenderは、Macのディスプレイ用デバイスドライバが参照するディスプレイ定義ファイルを書き換える事で、Appleが提供しているディスプレイ解像度とは異なる解像度を設定できる様になっている。

もっとも、前述の機能は、Appleが第三者に提供しているモノではなく、あくまでも、AppleがMacを製品化するにあたって、自分たちで使う為に、利用可能にしている機能、という事になる。

何が言いたいのか、というと、TiExtenderで解像度の追加を行うと、Appleのデバイスドライバで検証されていない解像度の設定も可能になるのだが、これはつまり、下手をするとOSがクラッシュするかもしれず、もし、クラッシュしたとしても、Appleには責任は無いので、対応してらえない、という事になる訳だ。

と、いう事なので、TiExtenderでの解像度の追加は作者的にもリスキーな作業だったので、とりあえず、外付けHDDにSierraをインストールし、そこから起動できる様になるまでは、やらなかった訳だ。

つまり、ディスプレイ系の設定を変更し、デバイスドライバがその設定に対応できずにクラッシュするとすると、Macを再起動しても同じ状況が繰り返される事になる。

なので、最悪、買ったばかりのMacBook Pro 15インチ 2016モデルは、使い物にならなくなる可能性があったので、今日まで、TiExtenderでの解像度の追加は行わなかったのだが、外付けHDDから起動できる格好になったので、今日は、外付けHDDから起動し、そこで、解像度の追加を行ってみた訳だ。

その結果、解像度を追加して再起動する所までは、問題は起きなかったのだが、新しく追加した解像度の一つに切り替えて見ると、画面がフラッシュする感じになり、キー入力等を行っても画面が反応しなくなったので、電源を強制OFFする必要が生じた。

そして、再度、電源ONして起動してみても、今度は、ログイン画面が表示されるタイミングで、画面が赤一色になり、当然、ログインも出来なくなった。

上記の状況は、再度、電源をOFF/ONしてみても変わらなかった。

と、いう事で、何も考えずに、内蔵SSDにインストールされているmacOS Sierra上で、TiExtenderによる解像度の追加を行ってテストしてみていたら、作者的には、青ざめる事になったかもしれない。

しかし、上記のテストは外付けHDD上のmacOS Sierraで行った訳なので、内蔵SSDから起動すれば、問題なく起動したので、事なきを得た訳だ。

ちなみに、それでは、もし、内蔵SSDから起動した状態で、外付けHDDからの起動も出来ない場合には、本当に、それで終わりなのか、というと、そんな事はない。

TiExtenderでは、新しい解像度を追加するにあたり、システムにあるディスプレイ定義ファイルを書き換えるのだが、その前に、元々あったファイルをユーザーのホームフォルダーにバックアップしている。

なので、定義ファイルを変更した後、問題が発生した場合には、回復パーティションから立ち上げ、前述のバックアップファイルを書き換えたディスプレイ定義ファイルに上書きして再起動すれば、元の状態に戻せる。

実際、今日は、上記の方法で、外付けHDDからの起動も可能な状態に戻せる事を確認したのだが、回復パーティションからの起動時には、ターミナルしか使えないので、他に起動可能なOSがあるのなら、そのOSから起動すれば、ファインダーが使えるのでファイルを元の場所に戻すのは楽になる筈だ。

もっとも、何度か確認している内に、新しい解像度を追加し、その解像度に設定しても、作者のMacBook Pro 15インチ 2016モデルは、クラッシュしなくなってしまった。

上記のクラッシュは、去年の年末から今年の初め頃にかけて、GPU問題として話題になっていたクラッシュと同じ様な感じの現象になっていたので、何度か起動し直したりしている内に、この問題用のパッチが正しく動作する様になったのかもしれない。

折角なので書いて置くと、追加した解像度は以下になる。
7860x4320 / 4096x2160 / 3840x2160 / 4096x2048 / 3000x2000

ただし、省電力設定で「グラフィックスの自動切り替え」を指定していると、通常時には、iGPUが選択されるので、7860x4320だけは、「Not Active」になるので使えない。

と、いう事で、TiExtenderの解像度追加機能は、最新のMacBook Pro 15インチ 2016モデルでも利用可能な事が確認できたのだが、前述の様に、作者的には、一時的にとはいえ、トラブった。

前述の様に、その状況から回復する手立てもあるのだが、もし、TiExtenderでの解像度追加を行おうとする人は、念のため、外付けHDDから起動して、その環境でテストしてみる事をお勧めする。

« メール環境の移行とか | トップページ | 今週は色々とリリース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65132469

この記事へのトラックバック一覧です: 解像度の追加は超危険:

« メール環境の移行とか | トップページ | 今週は色々とリリース »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google