スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Ubuntu版が遅い理由と解決法 | トップページ | 解像度の追加は超危険 »

メール環境の移行とか

ここの所書いてきた様に、作者的には、先週の土曜日にMacBook Pro 15インチ 2016を購入したので、色々と使ってみているのだが、当面は、macOS用に開発したソフトの動作確認用に使う以外は、普段使い用にする予定だ。その一環として、今日は、メール環境を移行した。

作者は50代なので、高校の頃には、クラスメートが学校に、当時の巷では、まだ誰も持っていなかったパソコンの出始めの機種である所の、日立 ベーシックマスター レベル1を持ってきて、見せびらかされたりした経験もある。

つまり、作者くらいの世代は、パソコンの黎明期から現在に至るまで、パーソナルコンピュータと付き合ってきている訳なのだが、そんな作者は、いつの頃からか、メーラーには、マイクロソフトのOutLookを使う様になっていた。

これは、作者的にも、昔はパソコンにはOfficeをインストールしていたのだが、そうすると、デフォルトで、メーラーにはOutlookが使われたからなのだが、その内、作者的には、Officeは使わなくなった。

しかし、Windowsには、個人でメールを使う分には、OutLook相当の機能が使えるOutlook Express、というモノもインストールされていたので、引き続き、メーラーにはOutlook Expressを使っていたのだが、いつの頃からか、WindowsにはOutlook Expressがインストールされなくなった。

ただし、その代わりに、マイクロソフトのサイトから、Windows Essentialsというツール群がダウンロード可能になり、その中には、Windows Live メールというモノもあり、これを使えば、Outlook Expressと同等の事が行えたので、作者的にも、Outlook Expressが使えなくなった段階で、メーラーはWindows Live メールに切り替えた訳だ。

しかし、その後、Windowsの新しいバージョンは何個か出たのだが、Windows Essentialsについては更新されなくなり、必然的に、作者が使っているWindows Live メールは、Windows Live メール 2012、という、何年も前にリリースされたモノのままになっていた。

で、知っている人は少ないかもしれないのだが、Windows Live メール2012というのは、今年の1月10日にサポートが終了し、新たにダウンロードして使う事も出来なくなっている。

と、いう事で、作者のWindows7マシンには、まだ、Windows Live メール2012はインストールされていて、普通に動作する状況ではあるのだが、このまま使い続けて、作者が送信するメールにウイルスでも付着する様になると、言い訳も出来ないので、作者的には、メール環境を変える事にした訳だ。

しかし、作者的には、Windows8.1 / Windows10マシンも所有しており、それらにはOS標準のメーラーが添付されているのだが、それらは使ってこなかった。何故、使ってこなかったのか、というと、単純な話で、機能的に使い物にならなかったからだ。

なので、今回も、これらはWindows Live メール2012からの移行先としては、検討対象にも入らなかったのだが、それでは、検討対象になったのは何だったのか、というと、冒頭に書いた様に、移行先マシンはMacBook Pro になるので、その第一候補は、macOSに標準添付されている「メール」だった。

しかし、Mac歴も長いにも関わらず、作者的には、この「メール」も、真面目に使ってこなかったのだが、これは、昔、真面目に使おうとした時に、色々と問題が出た記憶が何となく残っていたからだ。

もっとも、作者が「メール」を真面目に使おうとしていたのは、10年も前の話になるので、最近の「メール」は、流石に、使える様になっているだろう、と、思って、作者的には、今回、「メール」に移行しようとしてみたのだが、やはり、ダメだった。

その理由は、テキストエンコーディングに、日本では、伝統的に使われてきていて、現時点でも、まだまだ主流である筈の、ISO-2022-JPが選択出来なかった、という事が最も大きな要因になる。

と、いう事で、作者が選択したのは、macOS用のThunderbird、という事になる。

Thunderbirdというのは、前述の様なテキストエンコーディングの選択も可能だし、HTML形式ではない、昔ながらの単純なテキスト形式のメールも普通に送信可能だ。

そして、当然の事ながら、メールの内容をGoogleやマイクロソフトのサーバーにアップする必要もないので、機密性も保たれる。

と、いう事で、今後、作者の所に送られてくるメールの返信は、macOS上のThunderbirdから返信されるのがデフォルトになる筈だ。

« Ubuntu版が遅い理由と解決法 | トップページ | 解像度の追加は超危険 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65127386

この記事へのトラックバック一覧です: メール環境の移行とか:

« Ubuntu版が遅い理由と解決法 | トップページ | 解像度の追加は超危険 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google