スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Twitter検索が面白い | トップページ | まだ時間はかかりそう »

やはり、5年遅れではあるが

今は、macOS用ネイティブ版AGMPlayerの開発フェーズ、という事になっているのだが、あまり面白い進展がないので、ここ数日は開発と関係ない話を書いたりしてきたのだが、今日も、PC WatchにMSの話が色々とあったので、関連ネタにしておく。

ネットを見ていると、団塊の世代には左翼思想を持つ人が多い、みたいな事が書かれている事もあるのだが、その理由を検索してみると、Yahoo知恵袋の質問に対する回答 の中に、以下の様なモノがあった。

公職追放により教育機関・マスコミから右派が追放。
その穴に左翼思想を持った人らが流入。

当然の事ながら教育・新聞・TVなどは左派的思想になる。
その当時の子供であった団塊の世代は当然左翼思想一色になる。

当然の成行きです

上記の回答を見て、作者的には、納得したのだが、作者は、団塊の世代よりも少しだけ若い世代になる。

なので、作者自身は、別段、学校で左翼思想を叩き込まれた印象はないのだが、団塊の世代を見て育った世代、ではある訳なので、無意識の内に、そういう人達の思想や価値観をお手本にしてきた、という経緯はあるかもしれない。

と、言う事なので、作者的にも、今時の若い人達と比べれば、左翼的な傾向が強いのかもしれないのだが、何故、こんな事を書いているのか、というと、今日も、何と無く、左翼的、というか、反体制的な記事を書きそうになってしまったからだ。

具体的には、マイクロソフトというのは、普通に鑑みて、体制側の存在になる訳なので、反体制的な作者としては、無意識に、その行動にイチャモンを付けたくなってしまう訳だ。

と、言う事なので、ここの所、このブログには、色々と悪口や皮肉ばかり書いてきた訳なのだが、作者的にも、そんな話が続くと気分が暗くなる。

なので、少なくとも暫くの間は、そういう話は無しにしたかったのだが、前述の様な事情で、作者的には、無意識に、反体制的な行動を取ってしまう訳だ。

もっとも、今日の記事は、本質的には、マイクロソフトに対する悪口を書こうとした訳ではない。

それでは、何を書こうとしたのか、というと、PC Watchにあった以下の記事にあるマイクロソフトの方針に対して、賛同している、という旨の記事を書こうとした訳だ。

AI重視の戦略にシフトするMicrosoft。開発者向けイベント「de:code 2017」でAI活用による技術革新を訴求

にも関わらず、何故、ネガティブな話になってしまいそうになったのか、というと、作者的には、2012年5月12日に以下の記事を書いているからだ。

そこにコンピュータはいない

つまり、作者的には、「やっとかよ」、みたいな記事を書こうとしてしまった訳だ。

なので、今日は、何時もの様なストレートな記事を書くのはやめてみた訳なのだが、人にはそれぞれ役割というモノがある訳なので、作者的には、憎まれ役を演じるのが宿命ではあるのかもしれない。

ちなみに、表題にある「やはり、」というのはどういう事なのか、というと、作者的には、数日前にも、マイクロソフトに対して、5年、というキーワードを使った記憶があったので、調べてみた所、今年の4月27日に、以下の記事を書いていたからだ。

時すでに遅し?

上記の記事では、ある意味、Windows10のCreators Updateで実現されたHiDPI機能を賞賛しているのだが、見た目上、そういう記事にはなっていないのが、何とも、作者らしいといえば作者らしい感じがしないでもない。

« Twitter検索が面白い | トップページ | まだ時間はかかりそう »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65320461

この記事へのトラックバック一覧です: やはり、5年遅れではあるが:

« Twitter検索が面白い | トップページ | まだ時間はかかりそう »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google