スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« とっかかりは出来た | トップページ | 3日分は書いたので »

改悪されても抗えず(huluを解約)

今は、macOS用ネイティブ版AGMPlayerを開発中で、とりあえずの目標として、今週中くらいを目処に、GUIだけは、それなりに動作する様にしようとしているのだが、今日は、作者も加入しているhuluがリニューアルされたので、時事ネタにする。

huluのリニューアルについては、ネットでも話題になっていたのだが、その理由は、元々のURLがサービス名からすれば至って順当な「www.hulu.jp」だったにも関わらず、リニューアル後には「www.happyon.jp」、という、訳のわからないモノに変更される、という異常事態を受けての事だった。

で、この記事は5月16日分なのだが、記事を書いている今は、実際には、5月17日の朝になっているので、作者的には、既に、リニューアルされたhuluを見ている。

そして、今日の記事の表題を見てもらえれば判る筈なのだが、作者的には、リニューアルされたhuluにはご立腹な訳だ。

これは何故なのか、というと、URLが変更されることは既に知っていたので、作者的には、なんでこんな事をしなければならないんだ? とは思いつつも、新しいURLにアクセスし、メールアドレスとパスワードを入力し直し、そのURLをブックマークに追加したのだが、まず、そのURLのアイコンが異常な訳だ。

具体的には、作者的には、液晶もスピーカーも優秀だし、必要があれば別の部屋にも持っていける、という事で、最近は、huluの視聴には、4月に購入したMacBook Pro 15インチ 2016モデルを使っているので、まず、そこのSafariにお気に入り登録したのだが、最初、アイコンが登録された感じがしなかった訳だ。

なので、再度登録してみた所、Safariのトップページには、黒地に人の文字が形どられたアイコンが追加されていた。

つまり、昔はhuluのアイコンは緑背景にhuluのhが形どられたアイコンだったので判りやすかったのだが、新しいサイトのアイコンは、URLだけではなく、アイコンについても、huluとは無関係のモノに変更されてしまった訳だ。

もっとも、確認の為にFirefoxでお気に入り登録してみると、そのアイコンは昔のソレとほぼ同様な黒背景に緑のhになっていたので、新しいURLのアイコンが変更されてしまったのは、新しいhuluのサイトとSafariとの相性問題なのかもしれない。

しかし、macOSで動画を見る場合、Safariを使うか、それ以外のブラウザを使うかでCPU等の使用率は全く異なるので、huluについては、実際の所、Safari以外のブラウザで使う事は考えられない訳だ。

と、言う事で、作者的には、まず、Safariのお気に入りに表示されるアイコンが気に入らない訳なのだが、実際の所としては、そんな事はどうでも良いといえば良い。

問題は、新しいURLでは、動画を選択するトップ画面も変更されているのだが、このトップ画面が異常に使いづらいくなった事だ。

具体的には、マウスカーソルがあたったサムネイルは拡大表示される仕様になったのだが、その拡大表示に至るまでの時間に、待ち時間は存在しないので、見たい動画を探そうとして画面をスクロールしているだけで、関係ない動画のサムネイルが拡大表示されてしまう訳だ。

更に、その拡大表示はアニメーション化されているので、サムネイルの拡大が始まってしまうと、0.5秒くらいは何もできなくなるし、その拡大をやめさせるのにはマウスカーソルをその拡大された領域以外に移動させる必要が生じるので、イライラMAXになる訳だ。

もっとも、それでも、動画を視聴する場合、その選択操作なんてのは、全体時間の1%にも満たない訳なので、作者的にも、操作性の改悪くらいなら、まだ、我慢できない話でも無い訳だ。

にも関わらず、今日は、急遽、こんな記事を書いているのは何故なのか、というと、少なくとも作者の場合には、新しいURLでは、まだ一度も、動画の再生に成功していないからだ。

つまり、新しいURLはトップ画面への接続も重くて、接続するだけでも数秒を要し、接続された後にも、画面をスクロールすると、新しい表示エリア用のサムネイルはその都度ダウンロードされるので、表示されるまでに1,2秒待つ必要があり、やっとサムネイルが表示されても、それをクリックし、その動画のページが表示されるのには数秒を要するのだが、そうやってたどり着いた画面で動画をクリックしても、再生は行われない訳だ。

と、言う事で、実際の所、huluの新しいサイトは、実質的に、落ちている感じなので、今日は大きな話題になる筈な訳だ。

なので、作者的にも、その話題を先取りしてみている訳なのだが、世の中的には、そんな話にはなっていない、なんて事になると、作者的には、その方が、よっぼど大問題になるかもしれない。

何故なら、その場合、huluの新しいサイトへのアクセスが改善される見込みが無くなるからなのだが、流石に、そんな事にはならないだろう、と、期待する事になるのは、作者だけでは無い筈だ。

ちなみに、今日の時点では、元々あったURLが使えているので、作者的には、そのURLから動画視聴は可能な状況だ。

なので、今日の時点では、作者的にも、まだ、我慢の限界は超えてはいないのだが、この状況で、もし、旧URLを使えなくされたら、流石の作者も呆れる事になる筈だ。

と、言う事で、クラウドサービスというのは、勝手に改悪されても抗えないのが大問題な訳なのだが、huluの場合、月極め契約なので、サービス改善の見込みが無い様なら、今月で解約してしまえば、被害は比較的少なくて済む事にはなるかもしれない。

- 2017/05/17 追記 -

上記の記事を書いた後、メインマシンのMac mini Late2014でも動画の再生を試みた所、音声は再生されるものの、画像が全く表示されなかった。

また、Mirror-DTC経由でアクセスしているWindows10マシンでも、再生を試みたのだが、動画再生タイミングでEdgeはフリーズしてしまった。

と、言う事で、ひょっとしたら、と、気がついたのだが、唯一再生が行えていたMacBook Pro 15インチ 2016モデルに対しても、Mirror-DTC経由でアクセスしてみた所、動画再生時に画像が表示されなくなった。

更に、Windows10マシンについても、Mirror-DTC経由でのアクセスをやめて、内蔵モニターで再生させる分には、動画の映像再生まで可能になった。

と、言う事で、新しいhuluのシステムでは、著作権保護機能が強化された感じで、それに対応しない外付けモニターを使用しているデスクトップPCなんかでは、再生は不可能になる仕様なのかもしれない。

また、huluが使用しようとしている著作権保護機能に対応しないFirefoxなんかのオープンソース系ブラウザについても、動作対象外ブラウザにされた感じだ。

と、言う事で、新しいhuluシステムは、従来は普通に使えていたデスクトップPCでは使えなくされ、かつ、作者の様に、リモートデスクトップソフトを使ってアクセスしているユーザーからも、そういうアクセス機能を取り上げた格好になる感じだ。

と、言う事なので、新しいhuluシステムは、対応可能な環境が従来huluシステムよりも本質的に狭まった事になる筈なので、新しいシステムへのアクセスが重く、UIが使いづらい事を抜きにしても、解約する人が続出する可能性が高いかもしれない。

少なくとも、作者的には、契約が23日までだった様なので、とりあえず、契約は解除しておいた。多分、企業責任として、6月16日までは、旧システムでの利用は継続される筈ではあるのだが、作者環境では、新システムは使い勝手が悪すぎる訳だ。

- 2017/05/17 追記2 -

その後、色々な環境で調べてみた所では、Windows10のEdgeとIEでは、使っているPCがX202Eだから、という事もあるのか、たまにフリーズする感じで不安定ではあったものの、HDMI接続した外部モニターにも動画再生は可能だった。

ただし、その状況をMirror-DTCで転送すると、映像表示部分は真っ黒だったので、従来は映像も転送されていた事を鑑みると、やはり、新システムでは著作権保護機能が強化された感じだ。

もっとも、Windows7のIEでは、Silverlightのインストールが促されたものの、それをインストールすると、VGAモニターを外部接続しているデスクトップPCでも再生は可能だったし、更には、作者的には驚きだったのだが、この環境では、Mirror-DTC接続しても、普通に映像も転送された。

なので、更に確認してみたのだが、外付けモニターを使用しているMac mini Late 2014にインストールしたChromeでは、再生自体がフリーズして行えなかったのだが、MacBook Pro 15インチ 2016モデルにChromeをインストールすると、そこでは再生は可能で、更には、Mirror-DTC経由で映像も転送された。

作者の手持ち機器としては、MacBook Late2009もあるのだが、このマシンのOSはOS X 10.9のままにしてあって、ブラウザもそれ用のSafariなのだが、このマシンでは、旧システムでは動画再生が可能だったのだが、新システムでは、内蔵モニターを使用していても、不可能になっていた。

Ubuntu環境では、元々、最新版のFlashが使えないという事で、特別なバイナリのインストール等が必要だったので、作者的には、旧システムについても、視聴は諦めていたのだが、念のために、MacBook Pro 15インチ 2016モデルにParallelsでインストールしてあるUbuntu 16.04LTS環境のFirefoxで、新しいURLにアクセスしてみた所でも、やはり、再生は出来ない感じだった。

と、言う事で、huluの新システムでは、著作権保護機能を強化する為に、古い環境だとかオープンソース系環境は切り捨て、新しい環境でも、負荷が増加した感じなのだが、少なくとも、Windows7のIEとmacOSのChrome、更には、Windows10でもChromeとFirefoxでは、Mirror-DTC経由での画面転送も行えている。

これは、Windows7のIEでの視聴については、アジアの片隅の一企業になんと言われようとも、マイクロソフト的には、今更、Silverlightの改良なんかは行うつもりがなく、しかし、Windows7を視聴対象機器から外す事も出来ない、という事情の産物だったのかもしれない。

また、macOSでのChromeやWindows10でのFirefox/Chromeでの視聴については、GPLv3ではDRMの扱いが微妙な訳なので、著作権保護機能を働かせる事は困難だったかもしれないのだが、そのブラウザシェアを鑑みれば、これらを使えなくする事も出来なかったので、致し方なし、という状況なのかもしれない。

と、言う事で、huluのリニューアルでは、著作権保護機能を強化しようとした感じなのだが、マイクロソフトだとかGoogleだとかMozillaには相手にしてもらえず、中途半端な対応になってしまった感もなきにしも非らずだ。

もっとも、作者的には、今日、huluは解約してしまったので、実際の所がどうであれ、少なくとも当面は、どうでも良い事になったかもしれない。

- 2017/05/18 追記 -

メインマシンである所のMac mini Late 2014では再生時に映像が表示されなかったのだが、このマシンにはHDMI接続以外に、Mini Display Port接続でも、もう一台のディスプレイを接続してある。

そして、Windows10のX202Eでは、HDMI接続の液晶には、再生出力可能だったので、Mac mini Late2014でも、HDMI接続以外のディスプレイを取り去るテストを行なってみた所、その環境では、Mac mini Late2014でも、HDMI接続ディスプレイに対しては、再生出力が可能だった。

と、言う事で、作者的には、世の中のそれなりの人達と同様に、面倒なので、BDが流行りだした頃に、それが再生できる環境を揃えようなんて事は考えなかった。

なので、未だに、BDメディアは一枚も購入した事が無いし、真面目に見た事もないのだが、別段、何も問題はない。

と、言う事なので、こんな方向性のリニューアルが行われる様では、huluと付き合うのも、面倒になってしまう訳だ。

- 2017/05/18 追記2 -

2chのHulu板を見ていると、やはり、今回のリニューアルを受けて、阿鼻叫喚状態だったのだが、その中に、旧サイトが閉鎖された・・・金返せ、みたいな書き込みがあった。

作者的には、怒っているhuluユーザーを更に煽る為の釣りか、と、思ったのだが、確認してみた所、リニューアルから1日しか経っていない今日の段階で、確かに、旧サイト(hulu.jp)へのアクセスは新サイト(happyon.jp)にリダイレクトされた。

と、言う事で、作者的には、旧システムで動作確認したユーザーが購入した1ヶ月分の利用料金を保証する意味から、企業責任として、6月16日までは旧サイトも利用できる筈だ、と、書いていたのだが、日本huluの運営元になっている日本テレビとしては、そんな必要はない、と、判断をした様だ。

なので、一昨日、旧システムで動作確認をし、一ヶ月分の利用料を払ってhuluに加入した人の中には、その次の日には、全く動画が見れなくなってしまった不幸な人もいる筈だ。

作者的には、元々、契約期限は22日までだったので、損害額は1000/30*5=167円程度で済む。

なので、別段、訴訟をおこしてまで返金を要求する予定はないのだが、今回のリニューアルに関する説明では、外付けモニターを接続したPCだとかでは視聴できなくなる、みたいな話はなかった筈なので、今回のリニューアルに対して損害賠償請求を起こす団体があれば、hulu側に勝ち目が無い様な気がするのは作者だけではないだろう。

- 2017/05/18 追記3 -

面白いサイトを見つけたので、リンクを貼っておく。

ダウンディテクター (Hulu)

競合サービス関連の人達がネガキャンをしている、という可能性もあるものの、少なくとも作者的にも、リニューアル後には問題を抱えた訳なので、全ての書き込みがネガキャン目的という訳でもない筈。

« とっかかりは出来た | トップページ | 3日分は書いたので »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65290035

この記事へのトラックバック一覧です: 改悪されても抗えず(huluを解約):

« とっかかりは出来た | トップページ | 3日分は書いたので »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google