スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 今週中には・・・ | トップページ | 一般動画の再生に移る »

ライブラリビューからの再生も

今は、macOS用ネイティブ版AGMPlayerの開発フェーズで、ファイラー機能は動作したので、次に、再生系機能を動作させようとしている。今日の時点で、ライブラリビューからの再生を含めて、ローカル環境のAGM形式動画再生は可能になっている。

と、言う事で、再生系の実装に入ってから、既に1週間近く経っているのだが、まだ、ネットワーク再生は出来ない状況だ。

まあ、ゼロから開発しているのであれば、実装にこの程度の時間がかかるのは当たり前、という気もするのだが、開発中のmacOS用ネイティブ版AGMPlayerというのは、Windows版からの移植になるので、1週間もかかって、この程度の進捗しかない、というのは、作者的にも、困った状況になるかもしれない。

もっとも、前にも書いた事があるのだが、少なくとも作者流の場合、移植開発というのは、最初のうちは時間がかかるのだが、完成が近づくにつれて、あまり時間はかからなくなる。

これは何故なのか、というと、Windows版とmacOS版では、使えるAPIが異なる訳なので、何かの処理を移植しようとした時に、まず、問題となるのは、このAPIの違いになる訳だ。

つまり、移植作業は代替APIを探す所から始まり、同様のAPIが存在しない場合には、自前でそのAPI相当の機能を実装したりする必要が生じるので、開発の開始段階では、結構な時間がかかる訳だ。

しかし、そのうち、必要になるAPIについては、その代替品が見つかったり、自前で用意できたりするので、そうなってしまえば、残りの処理ルーチンの多くは、Windows版からmacOS版にコピーする程度の作業で移植可能になる。

つまり、API環境が整えば、移植にあたっての作業時間は、あまり、かからなくなるのだが、GUI関連の移植作業は別だ。何故なら、Windows用ソフトで作成してあるダイアログ用リソースはmacOSでは使えないからだ。

まあ、Windows用のリソースファイルからmacOS用のリソースファイルを構築する外部ツールでも作成すれば、この問題は軽減できるかもしれないのだが、そんなツールを作ってみても、Appleやマイクロソフトがダイアログ関連の仕様を変更してしまうと、追随は大変になる。

と、言う事で、移植作業の作業時間的には、全てのダイアログの作成が終わるまでは、それなりの時間が必要になる訳なのだが、先週は、そういったダイアログの作成作業も行なっていた訳だ。

なので、今週は、そういった作業も必要なくなった関係で、進捗は良くなる筈ではあるのだが、ネットワーク再生以外にも、一般動画再生機能の実装も残っている訳なので、まだまだ、先が見えない今日この頃かもしれない。

« 今週中には・・・ | トップページ | 一般動画の再生に移る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65405971

この記事へのトラックバック一覧です: ライブラリビューからの再生も:

« 今週中には・・・ | トップページ | 一般動画の再生に移る »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google