スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 影響範囲が微妙 | トップページ | 触らぬ神に祟りなし »

いい感じではあるのだが

今は、macOS用ネイティブ版AGMPlayerの開発フェーズで、初版は完成の域に達したのだが、そのリリース前に既存ソフトの不具合修正版を出す予定だ。既に、修正は終わっているので使い込み中なのだが、いい感じだ。もっとも、別件で問題が出た。

作者環境には、開発マシンにしているmacOS SierraのMac mini Late2014と、寝床マシンにしているOS X 10.9のMacBook Late2009と、この前購入して現時点では普段使いマシンにしているmacOS SierraのMacBook Pro 15インチ 2016の3台のMacがある。

なので、開発したMac用ソフトはこの3台で動作確認しているのだが、AGMPlayerの場合、ネットワーク視聴も可能なので、そういった機能の評価も行なっている。

もっとも、ネットワーク視聴機能はクロスプラットフォームな機能になっている訳なので、Macで動作させているAGMPlayerの評価はMac環境のみでは完結せず、Windows/Ubuntu/Android上のAGMPlayerからも、アクセス可能である事を検証しなければならない。

また、AGMPlayerにはクライアント/サーバー機能がある訳なので、その両方の機能について、別OSで動作させているAGMPlayerからのアクセスを確認する必要がある。

と、言う事で、AGMPlayerの動作確認を行う為には、色々なマシンを操作する必要があって面倒なのだが、作者的には、Mirror-DTCという強い味方がある。

つまり、作者の手持ちマシンには基本的にはMirror-DTCをインストールしてあるので、例えば、MacBook Pro 15インチ 2016のAGMPlayerをサーバーとして動作させる場合に、それにアクセスするクライアントがGateway製デスクトップPCにインストールしてあるUbuntu14.04LTS上のAGMPlayerであったとしても、開発マシンである所のMac mini Late2014上で全ての操作が行える。

具体的には、Mac mini Late2014上のMirror-DTCクライアントでUbuntu14.04LTS上のAGMPlayerを操作しつつ、別デスクトップで動作させているMacBook Pro 15インチ2016用のMirror-DTCクライアントでMacBook Pro側の操作も可能で、それらのデスクトップ切り替えは、Magic Trackpad2のスワイプだけで可能な訳だ。

と、言う事で、作者的には、クロスプラットフォームなアプリの評価をする場合にも、あちこちに点在させているPCの画面を見たりキーボードを叩いたりする為に、歩き回ったりはしない訳だ。

しかし、今日は、Androidタブレットである所のNexus9から、MacBook Pro 15インチ 2016モデルを操作しているとMacBook Pro 15インチ 2016モデル上のMirror-DTCサーバーがクラッシュする現象が多発した。

なので、作者的には、MacBook Pro 15インチ 2016モデルを操作する為に、寝床から起き上がる必要が生じた訳だ。

と、言う事で、寝床からマシンを操作できない、という事は、体力的な問題を抱えている作者的には、大問題になるので、とりあえず、AGMPlayer関連の開発行為は棚上げ状態にして、Mirror-DTCのデバッグ作業に入った。

今の所、現象が出ているのはMacBook Pro 15インチ 2016モデルをNexus9からアクセスした場合に限られるのだが、クラッシュは必ずCoreGraphicsのOS関数内部で発生しているので、根本原因はマルチスレッド動作によるCoreGraphics関数への同時アクセスにあるのかもしれない。

なので、とりあえず、CoreGraphicsを使っている関数内にミューテックスによるブロック処理を入れて行きつつ状況を確認しいるのだが、今の所、クラッシュする頻度は減った様な気がするので、やはり、上記が根本原因なのかもしれない。

ちなみに、同じmacOS Sierraで動作させているMac mini Late2014にNexus9からアクセスする事はよくあったのだが、別段、クラッシュする事は無かった。

なので、クラッシュは、MacBook Pro 15インチモデルの場合、外部GPUが存在するので、その辺が影響しているのかもしれないのだが、最近、以下の様な話題がネットにアップされている訳だ。

Skylake/Kaby Lakeでシステムクラッシュを引き起こすエラッタが発見。BIOS更新が必要

上記絡みだと、Mirror-DTCのクラッシュくらいでは済まない様な気もするのだが、もし、上記が原因だったとしても、ミューテックスでブロックすれば、同時動作はしなくなるので、問題は解決される筈ではある。

まあ、今日の時点では、全然、別の問題がある可能性も、十分に高いのだが。

« 影響範囲が微妙 | トップページ | 触らぬ神に祟りなし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65475779

この記事へのトラックバック一覧です: いい感じではあるのだが:

« 影響範囲が微妙 | トップページ | 触らぬ神に祟りなし »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google