スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 静止画は表示された | トップページ | ローカルファイル再生は可能に »

子に恨まれんとも孫の世の為

今は、macOS用ネイティブ版AGMPlayerの開発フェーズで、ファイラー機能については動作する様になったので、次に、再生系機能を動作させようとしているのだが、その他の未実装項目も多いので、まだ、ローカルファイル再生も出来ない状況だ。

今日の表題は、知っている人は知っている筈なのだが、「るろうに剣心」に出てくる名言の一つになる。

もっとも、実際には、この台詞は、剣心の逆刃刀を作った赤空の辞世の句の後半だけを取り出したモノなのだが、作者的には、大昔、最初にTVかコミックスでこの台詞を見たか聞いた時に、印象に残った訳だ。

と、言う事で、今日の表題にした台詞は、色々な場面で利用できる便利な台詞なので、覚えておいても良いかもしれない。

例えば、未熟な部下に対して有能な上司が色々と命令したとしても、その未熟な部下は上司の命令の意味を理解できないので、不満タラタラ状態になる訳なのだが、有能な上司的には、そういう時に、今日の表題の台詞を吐いておけば良い訳だ。

つまり、今日の表題の台詞というのは、「今、君はブツブツと文句を言っているけれども、今日の経験は、将来的には、君の役に立つ事になる筈だよ」、みたいな台詞になる訳だ。

しかしまあ、実際には、いきなり、今日の表題の様な台詞を言われて、そんな意味がわかる様なら、その部下は未熟ではないかもしれないので、こんな台詞を言う上司は、逆に、「恥ずかしいやつ」なんて思われる可能性も無きにしも非らずだ。

もっとも、もしそうだとしても、「文句があるなら家に帰ってから言え」なんて事を言うよりは、まだ、好印象かもしれない訳だ。

と、言う事で、言葉には不思議な力がある訳なので、自己暗示なんかが必要な場合にも、良く、それっぽい言葉が使われる。

例えば、映画のロッキーなんかを見ていても、ラウンド開始時に「お前は戦車だ」なんて事をミッキーに言われて、ロッキー自身も、「俺は戦車だ」みたいに、自己暗示をかけて次のラウンドに望んだりしている訳だ。

なので、作者的にも、大昔から、今日の表題みたいな台詞を自分自身に向かって吐く事で、自己暗示をかけたりする事も多いのだが、あんまりそんな事ばかりやっていると、現実を見失う可能性も無きにしも非らずだ。

つまり、自己暗示と妄想とは紙一重なので、乱用は危険な訳なのだが、妄想と自己暗示を区別できない人は、それ以上に問題かもしれない。

何故なら、自己暗示と妄想の間には、空想というモノもある訳なので、自己暗示と妄想の区別が出来ない様な人は、妄想と空想の区別もできない可能性が高いからだ。

まあ、そういう人の場合、そもそも、空想というモノにも価値を認めないかもしれないのだが、空想が存在しなければ、飛躍も存在しない訳だ。

当然の事ながら、世の中的には、その、飛躍も、必要ではないかもしれないのだが。

« 静止画は表示された | トップページ | ローカルファイル再生は可能に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65389219

この記事へのトラックバック一覧です: 子に恨まれんとも孫の世の為:

« 静止画は表示された | トップページ | ローカルファイル再生は可能に »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google