スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 一般動画の再生に移る | トップページ | 一応、不具合修正の段階に »

また、Windows環境が壊れた

今は、macOS用ネイティブ版AGMPlayerの開発フェーズで、現行のJava版相当の機能は動作する感じになったのだが、引き続き、Windows用ネイティブ版で拡張した各種機能相当の実装を続けている。ただし、また、Windows環境が壊れたので・・・

このブログでは、今年の5月10日に、「正しくインストールされました 」、という記事を書いているのだが、今日もまた、同様の理由でWindows環境が壊れた。

つまり、Windowsのアップデートが行われ、再起動されたために、実行していたVisualStudioも強制終了させられたので、そのアンドゥ情報も削除された。

今現在はmacOS用にソフトを開発しているのだが、Windows版は移植元として参照している。なので、そのプロジェクトはWindows10 PCで開いてMirror-DTC接続して参照しているのだが、だからこそ、このプロジェクトでは、普通は行わない様な変更を、テスト用に色々と行なったりしてみている訳だ。

と、言う事なので、中途半端な状況で終了されてしまうと、変更した箇所が判らなくなるので、実質的に、そのプロジェクトは使えなくなってしまう訳だ。

当然の事ながら、プロジェクトのバックアップはあるので、そのバックアップからプロジェクトを復元する事は可能なのだが、バックアップしてあるプロジェクトは正規リリース版のモノなので、参照用の変更やコメント等は追加されていない。

と、言う事で、作者的には、Windows7 PCでは、更新は通知させるのみで、ダウンロードもさせていなかったのだが、Windows10では自動更新されてしまう、という仕様が大問題になっている訳だ。

つまり、作者的には、様々なソフトを起動して利用したりするので、その作業環境を壊さない様に、基本的には、PCはシャットダウンせずにスリープさせるのだが、Windows10は、スリープ中に勝手に更新して再起動をかけてしまう。

なので、作者的には、Windows10では、「これから更新しますよ」、だとか、「再起動しますけど宜しいですか?」 みたいなメッセージを見る事なく、環境が破壊されてしまう訳だ。

と、言う事で、スリープ運用などしていない人なら、Windows10でも問題はないのかもしれないのだが、多分、今現在のWindows10の仕様だと、スリープ運用は、何時、環境が再起動で破壊されるか判らないので危険かもしれない。

なので、作者的には、メイン環境はMacに切り替えている訳なのだが・・・

« 一般動画の再生に移る | トップページ | 一応、不具合修正の段階に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65413682

この記事へのトラックバック一覧です: また、Windows環境が壊れた:

« 一般動画の再生に移る | トップページ | 一応、不具合修正の段階に »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google