スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 次はUbuntu用ネイティブ版 | トップページ | 現状で何パーセント? »

やはりブログは1週間休む

今年に入ってから、Mac/Ubuntu用AGMConvだとか、AG-ムービーカッターをリリースしてきたのだが、昨日はMac用AGMPlayerをリリースした。なので、次は、Ubuntu用AGMPlayerを公開予定なのだが、その前に、開発する必要がある。

今でも、「開発するより買って来た方が安い」なんて事を言われているエンジニアは多いかもしれないのだが、15年くらい前に、作者が東芝を辞めた理由の一つには、当時、そんな事を言われる機会が増え始めた、という事もあった訳だ。

つまり、昔のメーカーというのは、製品を開発し、それを販売する事で、利益を得るのが本道だったのだが、2000年前後くらいから、日本企業も、株主に対して短期的な利益を提供する事が至上命題みたいな感じになってしまった訳だ。

なので、昔の企業というのは、人・物・金で語られ、その中でも、特に、人材は重要視され、製造設備なんかの「物」にも資金が投入されたのだが、今時の企業というのは、短期的な利益を上げる必要に迫られるので、流動性が高い「金」のみを使って利益を上げようとし、時間がかかる製品開発だとか、それ以上に時間がかかる人材育成や設備投資なんかは敬遠される様になった訳だ。

その結果が、派遣社員だとかM&Aの増加になる筈なのだが、少なくとも日本では、派遣社員のステータスは低いので、それが増加する事で、国力は低下してきた筈だし、M&Aで企業を買収しても、それを管理できるだけの人材がいなくなれば、昨今の東芝みたいな感じにも、なってしまうかもしれない訳だ。

と、いう事で、この失われた20年で、日本の技術力も、著しく低下してきた感じなのだが、作者的には、その根底には「開発するよりも買って来た方が安い」という考え方がある様な気がしている。

なので、作者的には、敢えて「自ら開発する」という事にこだわって、既に、膨大な量のコード資産を持つに至っている訳なのだが、最近は、そういうコードを使って商品化したい、という申し出も何件かもらう様になって来ている。

しかし、作者的には、そういう申し出は、全て断っている。

これは何故なのか、というと、作者的には、贅沢をしたいとは思っていないので、別段、生活には困っていないし、世の中的には、「買って来るよりも自社開発した方が安い」という時代が来てくれた方が良い、と、思ったりもしているからだ。

つまり、そういう時代になれば、また、人材が重要視される様になる筈だし、だからといって、有用な人材は中々手に入らない筈なので、手に入らないなら育成しよう、なんて事になる筈な訳だ。そして、製品は自ら製造する事になる筈なので、その設備投資にも、また、脚光が当たる様になるかもしれない。

と、いう事で、今は、派遣社員のステータスが低すぎるので、作者の様なフリーランス全盛の時代になりつつある訳なのだが、フリーランスというのは派遣社員よりも高給取りだ。

なので、企業的には、近い将来、そんな輩を使うよりは、正社員を増やして人材育成した方が割りが良い時代になる筈ではある。

このため、フリーランスの時代は長くはないかもしれないのだが、近い将来、企業はなくなる、なんて事を言っている人も出て来ているので、次は、そういう時代がやって来るのかもしれない。

と、いう事で、今後、少なくとも、自ら開発しない企業の行く末は危ぶまれる時代になっている訳なのだが、作者的には、開発は自ら行うので、作業時間の確保が必要だ。

なので、開発に直接影響しないこのブログについては、また、一週間休む事にするのだが、最近、巷では、残業代ゼロ法案で盛り上がっている。

つまり、正社員と言えども時間で給料は貰えない時代が近づいている訳なのだが、作者的には、15年くらい前に東芝を辞めた頃には、既に、残業代は貰えないシステムになっていた。

なので、当時から、作者的には、成果が全てで、ダラダラ仕事をやっていても、その分の給料は貰えなかった訳なのだが、実際の所、ダラダラしていなくても、仕事をやるのには、それなりの時間は必要になる。

と、いう事で、作者的には、未だに、時間給みたいな給料が貰えている正社員がいるのは、逆に、不思議ではあるのだが、大昔から、そんな給料が貰えなかった作者的には、未婚で子孫は残せていない。

なので、そんな人間ばかりになると、文字どおり、国が滅ぶのも事実だろう。

まあ、作者の場合には、姉と妹がいて、その二人は普通に結婚して子供もいるので、苗字が変わっても、石井家の遺伝子は、その子達が引き継いでくれているのが救いではある。

しかし、このままでは、その子達の時代が、作者の時代よりも、より一層、悪くなってしまうかもしれないと思うと、作者的にも、気が重い、今日この頃な訳だ。

« 次はUbuntu用ネイティブ版 | トップページ | 現状で何パーセント? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65540906

この記事へのトラックバック一覧です: やはりブログは1週間休む:

« 次はUbuntu用ネイティブ版 | トップページ | 現状で何パーセント? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google