スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 作者とMacとの関係 | トップページ | AG-ムービーカッター for Mac Ver1.3.1.1を公開 »

Mirror-DTC for Mac 1.3.0.5を公開

Ver1.3.0.5では、一部のMac機種利用時にサーバーで発生していたクラッシュ問題を解決しました。また、クライアントの「表示」メニューに不適切に追加されていたメニュー項目を削除し、マウスホイールイベントをトラックパッド用に調整しました。

サーバーでのクラッシュ現象は、サーバーをMacBook Pro 15インチ 2016モデル上で動作させ、Androidタブレット上のクライアントからマウス/ホイール操作している状況で、比較的頻繁に発生しました。

ただし、同じMacBook Pro 15インチ 2016モデル上のサーバーをMac/Windows上のMirror-DTCクライアントから操作している状況では、まず発生する事はなく、同じMirror-DTC サーバー Ver1.3.0.4をMac mini Late2014上で利用している場合には、Androidタブレットからの操作でもクラッシュは発生しませんでした。

上記の通り、Ver1.3.0.4のサーバー利用時には、利用環境によっては、頻繁にクラッシュが発生する場合がありましたが、利用環境によっては、同様のクラッシュは発生しませんでした。

このため、クラッシュの原因は、利用環境の性能等に依存して変化する、同時動作による問題である事が想定されましたが、考えられる同時動作要素を無くしてみても、完全にクラッシュ現象を無くす事は出来ませんでした。

ただし、クラッシュの直接原因になった処理では、決まってOS内蔵のCoreGraphics関数を使用していましたので、Ver1.3.0.5では、これらの関数を通常利用時には使用しなくて済む様に処理形態を変更しました。

その結果、Ver1.3.0.5のサーバーでは、Ver1.3.0.4で発生していたクラッシュ問題を解決する事が出来ています。

また、Ver1.3.0.4のサーバーには、Windows用Mirror-DTCクライアントを使ってトラックパッドでスクロール操作を行おうとした場合には、クライアント側でのスクロール量をかなり大きくしないと、サーバー側でのスクロールが行われない、という問題がありました。

このため、Ver1.3.0.5では、Windowsクライアントからトラックパッドでスクロールしようとした場合にも、適切にスクロール処理が行われる様に、サーバーの処理を変更しました。

この変更に合わせて、Ver1.3.0.5ではクライアント側についても、スクロール処理の調整を行っています。

その結果、Ver1.3.0.5のクライアントからVer1.3.0.4のサーバーにアクセスした場合には、若干、スクロールし辛くなっていますが、Ver1.3.0.5同士の組み合わせの場合には、Ver1.3.0.4同士の場合と比べて、トラックパッド等による細かいスクロールも可能になっています。

上記以外の変更として、Ver1.3.0.5では、クライアントの「表示」メニューに不適切に追加されていたメニュー項目を削除しています。

具体的には、OS X 10.11以降で追加された「フルスクリーンにする」と、macOS 10.12で追加された「タブバーを表示」を削除しています。

上記のメニューはOSが自動追加する項目で、Mirror-DTCクライアントでは、この追加は不適切であったため、今回、コードを追加して自動追加を禁止しています。

Mirror-DTC for Mac Ver1.3.0.5は以下のMirror-DTCのホームページからダウンロードできます。

Mirror-DTCのホームページ


« 作者とMacとの関係 | トップページ | AG-ムービーカッター for Mac Ver1.3.1.1を公開 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65488698

この記事へのトラックバック一覧です: Mirror-DTC for Mac 1.3.0.5を公開:

« 作者とMacとの関係 | トップページ | AG-ムービーカッター for Mac Ver1.3.1.1を公開 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google