スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 典型的な傑作だと思う | トップページ | 今週中には何とか »

NHK受信料廃止!!?

今日は時事ネタにするのだが、YouTubeを見ていると、【朗報】NHK受信料廃止!!安倍政権、NHKに対し攻めの姿勢!!!というタイトルの動画がトップページにあった。なので、それを見た作者的にも、結構、喜んでいる。

動画を見てみた所、政府としては、受信料廃止というよりも、NHKの全ての特権を剥奪する方向に動こうとしている様だ。

つまり、今のNHKは「公共放送」という事で、その特権として、受信装置を持っている人から受信料を取れる事になっているのだが、高市早苗総務相は、「NHKが公共放送として適当か検討すべき」と、発言している訳だ。

当然の事ながら、前述の発言は政治家の発言なので、言葉通りの意味に捉えるのは馬鹿げているので、まあ、「NHKは政府の方針に従った報道を行え。それができないなら、公共放送としての特権を剥奪する」と、言っている訳だ。

なので、NHKとしては、「報道の自由」を掲げて、反論するかもしれないのだが、「報道の自由」と「公共放送の特権」とは別の話なので、作者が総務大臣なら、「報道の自由」は保証するが、「公共放送の特権」は剥奪する事になるだろう。

その結果として、今現在、多くの国民が払っている受信料は払う義務がなくなるので、冒頭のYouTube動画では、まず、受信料廃止、という事を全面に押し出したタイトルにしてある訳だ。

もっとも、作者的にも、このブログで何回かNHKに対する苦言はしてきたのだが、世の中的にも、最近のNHKの嫌われ方は半端ではないので、上記の動画でも、NHKを解体できれば、安倍政権の支持率は50%を超えるだろう、なんて事も言われている。

つまり、ここまで国民に嫌われ、かつ、政府の言う事も聞かない様な放送局が、どうして「公共放送」としての特権を持っているのか、という事を真面目に考えてみると、「あり得ない」、というのが結論になる訳だ。

更に言えば、最近のNHKは、放送内容をネットに同時配信し、ネット接続環境を持っている人に受信料支払いを義務付ける、なんて、まるで立法府みたいな事を勝手にやり始めている訳だ。

なので、その点だけでも、本当の立法府である所の国会としては、見過ごす事が出来ない訳なので、その行政府である所の内閣としても、黙って見ている事が出来なくなった訳だ。

と、言う事で、NHKは国会と内閣を敵に回したので、流石に、冒頭に貼ったYouTube動画にある様に、その公共放送としての特権は剥奪される日が近いかもしれない。

作者的には、特に、「NHKスペシャル」のSTAP特集で、多分、その番組の淫らな演出が原因で、天才と言われていた笹井氏が自殺したり、取材中に小保方氏が怪我をさせられたりした事が許せないのだが、STAP特集については、それ以前の問題として、その番組内容自体に人権侵害があった、という判定がBPOから下されている。

「NHKスペシャル」に勧告 BPO「人権侵害あった」 小保方晴子氏のSTAP細胞の論文不正問題で

上記以外にも、このブログで文句を書いていたのだが、SONYだとか東芝なんかについても、それらの企業が触れられたく無い様な話を勝手に特集を組んで放送し、かつ、その内容が間違っていても、後からお詫びの一つも無かった訳だ。

巷でも、NHKは反日放送局だ、なんて事を言われる様になってきている訳なので、総務大臣じゃなくても、何故、こんな放送を公共放送と呼ぶのか!? なんて話になる訳だ。

と、言う事で、今現在、NHKを非難すれば、国民の支持は得られるのだが、逆に、ここで批判の手を緩めると、総務相の政治家としての力量を疑われる事になる。

なので、作者的にも、この問題は、まだまだエスカレートしてくれる様な気がしている今日この頃だ。

- 2017/08/01 追記 -

今日現在、冒頭に貼ったリンクのタイトルとリンク先の動画のタイトルは異なるのだが、これは、リンク先の動画のタイトルが当初の物から変更されたからだ。

今日現在、リンク先のタイトルは「【朗報】安部ちゃんナイス!! NHK受信料廃止を検討!!安倍政権、NHKに対し強気の姿勢!!!」になっている。

つまり、「安部ちゃんナイス!!」が追加され、「廃止!!」→「廃止を検討!!」、「攻め」→「強気」に変更されている。

と、いう事で、この動画を見ている殆どの人は、ネタとして認識している筈なのだが、作者の様に、この動画を使って、この問題をクローズアップさせよう、なんて事を思った人も多い様で、今日の朝の時点で、この動画の視聴回数は既に35万回くらいになってきている。

しかし、このまま視聴数が伸び、100万回を突破してしまったりすると、この動画は民放のバラエティ番組なんかでも取り上げられる可能性も出てきてしまう訳だ。

そうなった場合、あまり断定的なタイトルを使っていると、動画のアップ主は、最悪、「風説の流布」という事で、逮捕される危険性もある。

と、いう事もあるので、多分、神輿、というかスケープゴードにされたのではたまらない、という事で、動画のアップ主は動画のタイトルをマイルドな感じに変更したのかもしれないのだが、まあ、それは正しい判断かもしれない。

と、いうか、このタイトル変更は、既定路線だったのかもしれないのだが、まあ、だとしても、作者的には、別段、不満はない。

しかし、作者的には、梯子を外された格好になるので、今回、タイトル変更の旨を追記している訳なのだが、タイトル変更は、更に続くかもしれず、毎回、それに対応するのは大変だ。

なので、オリジナル動画のタイトルに変更があっても、この記事のリンクタイトルは変更しない事にする。そして、再度、オリジナル動画のタイトルに変更があった場合にも、今回の様な追記はしない事にする。

- 2017/08/04 追記 -

内閣改造で、新しい総務大臣は「野田聖子」氏が拝命することになった様だ。

なので、今後の動勢は「野田聖子」氏にかかっている訳なのだが、ネットで「野田聖子」を調べると、絶望感しか湧いて来ないのは気のせいだろうか?

まあ、だからこそ、ネットの公平性を担保する為にも、公共放送の役割はネットに拡張する必要があり、近年の利用状況の推移を鑑みれば、将来的には、ネット配信を、公共放送の本来業務とするのは当然の判断である、なんて事を言われそうな気がする今日この頃だ。

« 典型的な傑作だと思う | トップページ | 今週中には何とか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65600656

この記事へのトラックバック一覧です: NHK受信料廃止!!?:

« 典型的な傑作だと思う | トップページ | 今週中には何とか »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google