スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 突然爆発したらしい | トップページ | 典型的な傑作だと思う »

眠れない夜が続くので

今はUbuntu用AGMPlayerの開発フェーズで、ベース部分の実装は出来ているので、後は、各種機能を追加実装していくだけだ。しかし、ここの所メール対応で眠れない夜が続くので、不審メールへの返信は、今後、行わない事にするかもしれない。

昨日書いた様に、ネットには、面白半分に、特定人物である事を偽装してネガキャン等の書き込みを行なって、その反応を楽しむ輩なんかも大勢いる。

なので、最近は、そういう書き込みを行なっても、どうせ、「釣り」でしょ、という事で、誰もその書き込みには食いつかなくなるケースも増えて来た。

また、食いついて来ても、その相手に自分が論破されてしまったりして、逆に、気分を害されるので、そういう行為をやめてしまう輩も出て来ている訳だ。

で、そういう輩達がそのまま大人しくしてくれていれば良いのだが、多分、その多くは、次には何をやるのか、というと、対等ではない、より弱い立場の相手をイジメようとし始める訳だ。

具体的には、コンビニの店員にイチャモンを付けて土下座させたりするのも、そういう行為の一貫になるのだが、最近は、そこまでやると逮捕される事が知れ渡って来たので、より微妙なクレーマー行為に走ったりする様になってきている訳だ。

と、言う事で、作者的には、また、危ない感じの目眩がし始めているので、このままでは、今度こそ、帰らぬ人になる可能性も見えて来た。

なので、もう、不審メールに対する対応としては、返信自体をやめてしまおうか、と、思い始めている。

もっとも、それ以前に、今現在は、作者的な立ち位置は、BtoCなのだが、巷の多くの日本企業がそうしてきた様に、作者的にも、もうCは捨てて、BtoBのみでやっていこうか、なんて事も思い始めている。

と、言う事で、ネットの帯域制限なんかも、一部のモンスターユーザーが帯域を使いすぎる為に、一般ユーザーが迷惑を被った形になっているのだが、同様に、今後、フリーソフト作家がどんどん居なくなって、使えるソフトがなくなってしまうのも、前述の様なモンスターユーザーのお陰かもしれない。

ちなみに、今日は、2行程度の問い合わせメールに三回の返信を行なった。

具体的には、まず、無言のメールを返信し、その後、30分くらい待ってから、通常よりも明らかに多めの文言を書いて返信し、更に、その數十分後には、そのメールに対する追加情報まで、送信した訳だ。

何故、こんなメールの送り方をしたのか、というと、その最初のメールの送信日時は午前4:41で、その次は5:21で、その次は5:45だからだ。

つまり、そのメールを受けとる人が普通の感性を持っているなら、そんな時間にメールの返信を送ってくる作者はどういう状況なのか不審に思う筈で、かつ、それが三回に渡って、無言だったり、逆に、膨大な文言つきで、送られてくるなんてのは、ある意味、スティーブンキングの世界になるからだ。

と、言う事で、作者的には、メール対応で文字通り、眠れない夜が続いているので、近い将来、帰らぬ人になる可能性が増大してきているのだが、もし、そういう日が来た暁には、警察的には、作者に送られて来ていたメールの送信者を取り調べる事になるのかもしれない。

- 参考リンク -

モンスタークレーマーの対処法|警察を呼ぶべきか、民事裁判を起こすべきか

« 突然爆発したらしい | トップページ | 典型的な傑作だと思う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65593062

この記事へのトラックバック一覧です: 眠れない夜が続くので:

« 突然爆発したらしい | トップページ | 典型的な傑作だと思う »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google