スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 7月もLinuxのシェアが増加 | トップページ | ローカル系はほぼ動作 »

中国、AIが予想外の“脅威”に

今はUbuntu用AGMPlayerの開発フェーズで、完成は近づいているのだが、作業量が多い、というか、体調が優れないみたいなので、リリースは来週になりそうだ。なので、今日もGoogleニュースに面白そうな記事があったので、時事ネタにする。

前述の記事によると、中国製のAIは、「愛国とは何か」と聞かれ「官財が結託し一般の人民への圧迫が厳しくなっても中国人であることを選ぶことだ」と回答した、とのことだ。

また、「民主(制度)」についても「必要だ」と断言した、とのことなのだが、多分、このAIというのは、ネット上にあるSNSの発言等を学習データにして、同様の発言の多さだとか、その評価の高さから、物事の関係について学習しているモノと思われる。

つまり、「愛国」については、多分、SNS上に気の利いたジョークとして、前述の様な記述があり、それに対する評価が高かった事から、 AIとしては「愛国」と「官財が結託し一般の人民への圧迫が厳しくなっても中国人であること」を同一の関係として関連づけてしまい、「民主 (制度)」についても、SNS上では、それが必要という書き込みが圧倒的だったので、前述の様な回答になった、と、思われる。

と、いう事で、35年くらい前、日本には、高度な人工知能の開発を目標としていた「第五世代コンピュータプロジェクト」というのがあったのだが、上記の様なAIを見ていると、作者的には、その頃の人工知能を思い出してしまう訳だ。

つまり、第五世代コンピュータプロジェクトというのは、前述の目標にはほど遠く、実際の所としては、高性能な関係データベースを構築するコンピュータを開発するプロジェクトでしかなかったので、作者的には、こんなモノでマトモな人工知能なんか出来上がる訳ないだろう、と、思っていたのだが、多分、今現在の中国製AIというのも、似たようなモノでしかないのかもしれない。

もっとも、学習データを評価しつつ抽象化し、それらの関連性を整理する事で、世の中を理解しようとしているのは、人間だって同じかもしれない。

なので、人間だって、それがまだ一般常識のない子供なら、同じSNSの書き込みを見せていれば、同じ質問に対して、AIと同じ回答をしても可笑しく無い様な気もする訳だ。

と、いう事で、多分、問題は、AI自体にあるのではなく、その学習データにしているであろうSNS等の書き込みにある筈なので、AIの学習データを中国共産党にとって望ましい会話が行われているソースに限定してやれば、同じAIでも、望ましい回答をする様にはなる筈だ。

そして、同様の事は人間にも言える訳だ。

つまり、物心ついた頃から、中国共産党にとって都合が良い話しか書き込まれていないSNSにのみ人民を参加させていれば、中国の人民も、中国共産党に対して望ましい概念を抱く事になる筈だ。

何故なら、それ以外の概念は学習しようがないからなのだが、日本でも、最近は、TVや新聞の偏向報道が酷くなってきている。

これはつまり、日本国民としても、偏向された概念以外は学習しようがなくなる訳なので、中国製AIを笑っている場合でもないかもしれない、今日この頃になってきている訳だ。

« 7月もLinuxのシェアが増加 | トップページ | ローカル系はほぼ動作 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65617514

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、AIが予想外の“脅威”に:

« 7月もLinuxのシェアが増加 | トップページ | ローカル系はほぼ動作 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google