スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 次はTiExtender | トップページ | ウインドウ録画も基本はOk »

通常録画機能の実装は完了

今はTiExtenderの開発フェーズで、今回のバージョンアップでは、画面収録機能を追加する。今日の時点で、通常録画機能の実装は完了したのだが、更に、AG-デスクトップレコーダーのウインドウ録画機能に相当する機能も実装する予定だ。

今日の時点で、開発中のTiExternderでも、QuickTime Playerの画面収録で可能な、全画面収録と領域指定収録は可能になった。

つまり、収録対象のディスプレイを選択し、必要に応じてその中の領域をマウス指定し、AG-デスクトップレコーダーのリアルタイムエンコード相当の録画が可能になった訳だ。

もっとも、TiExtenderはAmuseGraphicsファミリーソフトではないので、下手にAGM形式でエンコード可能にしてしまうと、その再生環境等の提供が大変になる。

なので、エンコード形式はmp4に限定しているので、古いマシンでは、エンコード負荷が問題となって全画面収録なんかはカクカクになる可能性もあるのだが、作者のMac mini Late2014では、1920x1080の60FPS録画を行なっても、CPU使用率は半分程度なので、まだまだ余裕がある。

ただし、昨日書いた様に、作者のMac mini Late2014では、TiExtenderを使って1920x1080 (HiDPI)表示にする事も出来るのだが、この状態で高精細な全画面録画を行わせると、録画結果はカクカクになってしまう。

なので、TiExtenderに実装した画面収録機能のデフォルト設定では、HiDPI表示時には半分の解像度で録画する様にしてあるのだが、それとは別に、エンコード解像度の設定も可能にしてあるので、その機能を使って480p/720pなんかのより処理負荷が軽くなる録画を行わせる事も可能だ。

ただし、Mac mini Late2014の場合、そもそも、4kモニターは30Hz出力しか出来ない設計になっているので、1920x1080 (HiDPI)を60FPSキャプチャーしていると、GPUネックな感じもしないではない。

なので、実際問題としては、画面収録時には、予め、TiExtenderを使って、無理のない解像度を選択してから、収録を行うのが望ましいかもしれないのだが、TiExtenderの画面収録機能では、フレームレート指定も行えるので、解像度は変更せず、フレームレートを下げて収録する、なんて事も可能ではある。

ちなみに、画面のキャプチャー処理は、Mirror-DTCサーバーに最初に実装し、その後、TiExtenderの拡大鏡でも利用した処理ルーチンを使って行なっている。

この処理ルーチンを使ったキャプチャー処理はかなり軽いので、拡大鏡は表示していてもCPU負荷は気にならない筈なのだが、画面収録ではmp4エンコードが行われるので、収録中にはそれなりのCPU負荷が発生する。

ただし、キャプチャー画面の縮小処理なんかはGPU処理されるので、HiDPI表示画面を通常画面相当の解像度にまで縮小してからエンコードする場合にも、縮小処理のためにCPU負荷が発生する事はない。

と、言う事で、少なくとも作者のMac mini Late2014の場合、mp4エンコードについてもハードウェア支援が働いている感じなので、フルHD画面の60FPS収録も余裕な感じだ。

なので、既に、十分、使える感じではあるのだが、macOSでは、冒頭に書いたウインドウ録画機能の実現も容易な筈なので、明日以降、この機能の実装も行なってみる事にする。

« 次はTiExtender | トップページ | ウインドウ録画も基本はOk »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65694084

この記事へのトラックバック一覧です: 通常録画機能の実装は完了:

« 次はTiExtender | トップページ | ウインドウ録画も基本はOk »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google