スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Win10の試用は無料で簡単 | トップページ | 対応は可能なので・・・ »

積年の問題を再現できた

今は、Windows用AmuseGraphicsの開発フェーズなのだが、今週は体調が優れない事もあり、MacBook Pro  15インチ 2016モデルにHigh Sierra、続いて、Windows10をインストールしたのだが、積年の問題を再現できたかもしれない。

作者の所には、色々と不具合メールも飛んでくるのだが、その中で、同様の現象として何度か報告されていた問題として、AG-デスクトップレコーダーで録画を開始すると、クラッシュしてしまう、というモノがあった。

で、当然の事ながら、作者環境では、AG-デスクトップレコーダーの録画は正常に行えるので、上記の様な不具合報告を貰った場合、その問題は環境依存問題で、多分、ビデオ/オーディオデバイスとの相性問題が発生していると考えられるので、ドライバの更新なんかをしてみて下さい、みたいな回答をしていた訳だ。

その結果としては、ドライバの更新で問題が無くなった、という結果報告もあったのだが、サウンドドライバに問題があるみたいで、音声無しにすると問題が無くなった、みたいな結果報告もあった。

しかし、色々といじってみたがダメだった、といった感じの結果報告もあって、そういう場合には、作者的には、これ以上どうしようもないので、別ソフトを使う様に勧めたりしていた訳だ。

と、言う事で、何故、そんな事を今日書いているのかというと、MacBook Pro 15インチ 2016モデルにBootCampでインストールしたWindows10で、同じ現象が発生したからだ。

つまり、作者的には、Windowsのインストール完了後、普通にAmuseGraphicsをインストールし、AG-デスクトップレコーダーを起動して全画面録画をしようとした所、開始直後にAG-デスクトップレコーダーはクラッシュしてしまった訳だ。

で、作者的には、このWindows10には開発環境はインストールしていないので、一般ユーザーと同じ状況に追い込まれた訳なのだが、作者的には、色々と弄ってみる事で、不具合を回避出来た。

具体的には、音声再生デバイスの設定を変更したのだが、作者の手持ちPCの中では、こんな設定が可能なPCは始めてだったので、今まで、問題に気がつかなかったのだが、現状、AG-デスクトップレコーダーのループバック録音はステレオスピーカーにしか対応していない訳だ。

つまり、MacBook Pro 15インチ 2016モデルにBootCampでWindows10をインストールし、Apple製のドライバも全て当てると、その初期設定として、スピーカーは4Chに設定されていた訳だ。

このため、4Chスピーカーに対応していないAG-デスクトップレコーダーはその再生音を取得し始めるタイミングでクラッシュしていた訳なので、作者的には、このスピーカーの設定を普通にステレオに変更した。

その結果、AG-デスクトップレコーダーは普通に動作する様になったのだが、非対応は良いとしても、クラッシュしてしまうのは宜しく無いので、次バージョンでは、出来れば、それらしい音声の再生を可能とし、出来ない場合には、エラーメッセージを表示するくらいの仕様にはしておきたい所だ。

ちなみに、今日はもう一つ問題を見つけていて、AmuseGraphics 1.3.1 Update PackにあるAGMPlayer/AG-ムービーカッターでは、AGM形式からMP4形式への変換を行おうとするとクラッシュしてしまう。

で、上記の現象は通常リリース版のVer1.3.1では発生しないので、多分、Update Packで性能向上用の変更を行った部分が、MacBook Pro 15インチ 2016モデルでは正しく動作しないモノと思われる。

つまり、作者の昔からあるWindows10環境である所のX202Eでは、問題は発生していないのだが、両者の違いとしては、X202Eでは、普通にQSVが動作するのだが、MacBook Pro 15インチ 2016モデルでは、Windows10動作時にAMD製の外付けGPUだけが利用される格好になるため、MP4エンコード時には別のエンコーダーが動作する、という点だ。

と、言う事で、この問題については、まだ詳細は見れていないのだが、素のVer1.3.1では問題は発生していないので、次バージョンで問題を回避するのは容易い筈ではある。

なお、前述のAG-デスクトップレコーダーの問題と現象は異なるのだが、Mirror-DTCでも、現状、4Chスピーカーの出力音声は採取できないので、スピーカーの設定がステレオ以外の場合、音声は転送されない。

なので、Mirror-DTCサーバーについても、ループバック音声を転送したい場合には、スピーカー設定はステレオにしておく必要があるし、まだ試していないのだが、WaveClipperでループバック録音したい場合にも、スピーカー設定はステレオにしておく必要がある筈だ。まあ、ステレオでなくても、モノラルスピーカーなら、問題は発生しないような気もするのだが。

« Win10の試用は無料で簡単 | トップページ | 対応は可能なので・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65848622

この記事へのトラックバック一覧です: 積年の問題を再現できた:

« Win10の試用は無料で簡単 | トップページ | 対応は可能なので・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google