スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 確認の1パス目を開始 | トップページ | Mirror-DTC for Ubuntu 1.3.1を公開 »

Ubuntu版は明日リリース

今は、Windows用AmuseGraphicsの開発フェーズなのだが、他ソフトの不具合対応も必要なので、中々、先に進まない。次はUbuntu版Mirror-DTC Ver1.3.1をリリース予定で、今日、作者環境に実戦配備したので、明日にはリリースする筈だ。

作者の現在のメイン環境は、macOS Sierraで動作させているMac mini Late2014になるのだが、この環境でも、既に、AG-ムービーカッターやAGMPlayerのネイティブ版が動作する。

なので、既に、macOS環境でも、AGM形式動画の視聴には困らなくなっているし、作者的には、動画の見放題サービスとしてはNetflix、音楽の聴き放題サービスとしてはApple Musicに加入しているのだが、これらについても、macOS環境で問題なく利用できている。

そして、このブログ記事についても、macOS用のFirefoxを使って書いているし、メーラーについては、MacBook Pro 15インチ 2016モデルで動作させているのだが、使っているソフトは、やはり、macOS用の、Thunderbirdだ。

と、言う事で、作者的には、殆どのPC作業はmacOS環境のみで行えているのだが、macOS環境ではFTPがマトモに使えない。

なので、ホームページにデータをアップロードしたりする場合には、Ubuntu環境を使っているし、画像の加工なんかを行う必要がある場合には、Windows環境のAmuseGraphicsを使っている。

もっとも、Ubuntu/Windows環境を利用する場合にも、作者が叩いているキーボードはApple純正のワイヤレスキーボードになるし、使っているポインティングデバイスは、Magic Trackpad 2になる。

つまり、Ubuntu/Windows環境は、Mac mini Late2014上でMirror-DTCクライアントを動作させ、それぞれのOS上で動作しているMirror-DTC サーバーに接続して利用している訳だ。

と、言う事なので、何度か書いてきた様に、作者的には、Mirror-DTCは必需品になるのだが、ここの所、前述の様な使い方をしてきているので、Ubuntu版については、サーバーはほぼ毎日利用しているのだが、クライアントを利用する頻度は少ない。

更に言えば、ほぼ毎日使っているUbuntu環境は、何年も前から使ってきている64Bit版Ubuntu14.04LTS環境になる。

と、言う事なので、Ubuntu版については、64Bit版Ubuntu14.04LTS用サーバー以外の使用実績は少ないので、もう少し使い込む事にして、リリースは明日にする事にした訳だ。

しかしまあ、使用実績は少なくても、基本的な動作確認は終わっているので、他環境でも、問題は出ない筈ではある。

« 確認の1パス目を開始 | トップページ | Mirror-DTC for Ubuntu 1.3.1を公開 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/65929222

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu版は明日リリース:

« 確認の1パス目を開始 | トップページ | Mirror-DTC for Ubuntu 1.3.1を公開 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google