スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 基本は無変更 | トップページ | 次はシークプレビュー? »

本体は音声合成機能

今は、Windows用AmuseGraphicsの開発フェーズで、共通項目の実装は終わったので、個別項目の実装に移っているのだが、本体については、前々から書いていた音声合成機能を追加する。もっとも、音声合成機能自体はOSに内蔵されている。

と、言う事なので、音声合成機能を追加する、といっても、作者的にはUIを作成しているだけ、みたいな感じになるのだが、OSがAPIを提供しているからといっても、普通の人は、そのAPIが提供している機能は使えない訳だ。

なので、作者的には、普通の人がAPIの機能を使える様に、UIを作成している訳なのだが、この程度の事はWindows用にプログラムが組める人なら誰でもできる筈なので、そういった機能を持ったフリーソフトも、探せば幾らでもあるかもしれない。

と、言う事なので、こんな機能を実装すると、また、こんな中途半端な事をしやがって、と、腹を立てる人が出てくる様な気もしないではないのだが、こういった機能は、手軽に使えるかどうかも重要になる訳だ。

つまり、この音声合成機能は、AmuseGraphicsを使って動画を作成する時に、その音声を担当させるために使用される事を想定しているので、AmuseGraphicsのメニューから直接呼び出せた方が使い勝手は良い筈な訳だ。

ちなみに、Windows8.1/10では、「Microsoft Haruka Desktop - Japanese」が使えるので、日本語を喋らせる事が可能なのだが、Windows7では、日本語用のエンジンが追加インストールされていないと、日本語を喋らせる事はできない。

なので、Windows7ユーザー的には、追加される音声合成機能は、あまり嬉しい機能でもないかもしれないのだが、Windows7でも、英語を喋らせる事は出来るし、少し真面目に探せば、日本語の合成エンジンも追加インストールできる筈だ。

で、書き忘れたのだが、当然の事ながら、音声合成機能というのは、単に喋らせるだけではなく、その音声をwavファイルに出力する事が可能だ。

そして、SAPI5のXMLタグ機能にも対応させるので、文章中で読み上げ速度と音量とピッチをXMLタグでコントロール可能で、無音時間を挿入する事もできる。

で、画像編集ソフトである筈のAmuseGraphics本体に、何故、音声合成機能が実装されるのか、というと、AmuseGraphicsというのは、前述の様に、動画作成ソフトだったりもするからだ。

つまり、例えば、AG-デスクトップレコーダーは、デスクトップ映像を録画出来るので、企業で業務用ソフトの動画マニュアル作成用に使われる事も多い感じなのだが、そういった動画マニュアルでは、別途、テキストを用意するよりも、動画自体に、説明テキストだとか音声を入れてしまった方が使い勝手は良い訳だ。

なので、AmuseGraphicsでは、それくらいの事なら出来る様に、本体だとかAG-ムービーカッターに、単純な動画編集機能を実装してあるのだが、今回、本体に音声合成機能を追加するのも、上記の様な使い方を想定してのことになる訳だ。

つまり、説明音声を入れたい場合に、一々、生音声で喋らなくても、合成音声を使って、そういった事が行える様にしようとしている訳だ。

« 基本は無変更 | トップページ | 次はシークプレビュー? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66047270

この記事へのトラックバック一覧です: 本体は音声合成機能:

« 基本は無変更 | トップページ | 次はシークプレビュー? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google