スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« まだ少し残っているが | トップページ | HiDPI対応の品質を向上 »

MBPでの評価を開始

今は、Windows用AmuseGraphicsの開発フェーズで、既に、配布パッケージの作成まで終わっているのだが、今日から、BootCampでWindows10をインストールしてあるMackBook Pro 15インチ 2016モデルでの評価を開始した。まあ、リリースまでには後1週間はかかるだろう。

今日は、AmuseGraphics Ver1.3.2の配布パッケージを作成したのだが、今回、AGMビデオミキサーとAGMオーディオミキサーとAGM Converterが追加された事もあり、バイナリサイズは従来の10MB程度から15MB程度に増加している事が確認できた。

なので、配布パッケージを@niftyの共用サーバーである所の作者のダウンロードサイトに置くと、過負荷という事で、ダウンロード中に接続が切断されてしまうかもしれないので、作者的には、配布パッケージを作者サイトに置く事は躊躇われる訳だ。

つまり、配布パッケージはVectorからしかダウンロードできない格好にする可能性も高いのだが、いずれにしても、その前に完成させる必要がある。

と、言うことで、今日は、とりあえず作成した配布パッケージをMacBook Pro 15インチ 2016モデルのWindows10にインストールして評価を開始した訳だ。

昨日までは、動作確認と書いていて、今日は評価、と、書いているのだが、この違いは、昨日までは、機能的に動作するかどうか判らない状況だったのだが、今日の時点では、機能的には動作する筈、という状況にはなっているからだ。

つまり、今日からは、とりあえず動作したとしても、こんな動作で良いのか?、みたいな感じで作業を進める事になる訳だ。

なので、すべての動作にOkを出してしまえば、特に変更は必要でもない事になるかもしれないのだが、実際のところとしては、今日の時点でも、何点も改良案が出てきているので、それなりの変更は行う必要がありそうだ。

ちなみに、何故、MacBook Pro 15インチ 2016モデルを特別扱いしているのか、というと、デフォルトの解像度が2880x1800あって、テキストサイズも200%が推奨されているからだ。

つまり、利用するアプリがHiDPI対応されていないと使っていられない環境になるので、HiDPI対応の評価環境としては望ましいのだが、更に、作者的には、外付けで普通のフルHDの24インチモニターも接続してあるので、Per-Monitor DPI対応の評価環境としても便利に使える訳だ。

更に、画面の解像度が高いという事は、AG-デスクトップレコーダーの性能検証を行う場合にも、便利になる。

これは何故なのか、というと、MacBook Pro 15インチ 2016モデル クラスの4コアCPUが搭載されていると、最早、フルHDの60FPSキャプチャー程度では、フレーム落ちが0、になってしまうので、今回改良したAGM形式エンコーダーの実力を測りかねる訳だ。

と、言うことなので、今日は、ざっと次バージョンのAG-デスクトップレコーダーの録画性能も見てみたのだが、高性能すぎたので、どうやって性能検証しようか、という感じになってしまった。

なので、今日のところは数字は載せないのだが、前述の様に、フルHDの60FPSキャプチャー程度なら、普通は、処理性能については気にする必要すらないかもしれない。

« まだ少し残っているが | トップページ | HiDPI対応の品質を向上 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66137984

この記事へのトラックバック一覧です: MBPでの評価を開始:

« まだ少し残っているが | トップページ | HiDPI対応の品質を向上 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google