スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« AmuseGraphics Ver1.3.2を公開 | トップページ | 明日からはMac版 »

リリース作業を完了

今日は、登録申請していたAmuseGraphics Ver1.3.2とそのフリー版がVectorで公開されたので、作者サイトでも公開し、ホームページにある記載も色々と更新した。窓の杜にも新版をリリースした旨をメールしておいたので、これで、とりあえずは、今回のリリース作業は完了だ。

と、いう事で、今日は、5chのMBPスレを見たりしていたのだが、何だか酷い状況になっていた。

具体的には、このブログでも数ヶ月前から2回ほど書いている筈なのだが、今現在、MBPスレには変な人が棲みついていて、作者が購入したMBP 2016モデルとその後継である2017モデル、更には、それを製品化しているAppleを、馬鹿にしまくっている訳だ。

で、当然の様に、今では、その人は、MBPスレでは荒らし認定されている様なのだが、その理由は、同じ様な発言を何度も何度も何度も何度も、繰り返し、それを注意されても、そんな行為をやめようとはしないから、の様だ。

なので、新MBPの愛好家達は、その人が棲みついてしまったスレッドは捨ててしまって、愛好家用の新スレッドを立てて移住したりしてみたみたいなのだが、結局は、また、その荒らし認定された人がやってきて、そのスレッドも、滅茶苦茶にしてしまったりした感じな訳だ。

と、いう事で、作者的にも、そんな荒らされているスレッドを見ていても気分が悪くなるだけなので、5chを見る機会も減った訳なのだが、こういった荒らし行為をする人は、一般的には、所謂、「かまってちゃん」だ。

なので、荒らし行為をする動機というのは、誰かを怒らせる事で、自分の存在を認識させたい、という事になるので、怒った人が言い返してきたりすれば、それが至上の喜びになったりもする訳だ。

このため、インターネットの掲示板では、大昔から、荒らしに対しては完全無視、というのが鉄則になっているのだが、最近の若い人にしてみれば、Twitterなんかからインターネットに入っている筈なので、そんな鉄則なんて、知らないよ、という人も多いかもしれない。

なので、今日見てみた最近の書き込みの中には、荒らし認定されている人に対して反論している書き込みもあった訳なのだが、作者的にも、その反論は正しいと思うし、その反論に対する荒らしの反論は意味不明で反論にはなっていない、とも思う。

このため、どちらの意見が正しいか、と訊かれれば、200%、荒らしに対して反論した人の意見が正しいとは思うのだが、荒らし的には、何が正しいか、なんてのはどうでも良い訳だ。

つまり、荒らしが欲しているのは、自分が認識される事と、誰かとコミュニケーションできる事、になる訳なので、例え反論が正しくても、荒らしの書き込みに反応する事は、インターネットの掲示板では、荒らしに餌を与える悪行、という事になる訳だ。

と、いう事で、今時の若い人にしてみれば、昔ながらのインターネットの鉄則なんてのは、知った事ではないかもしれないので、「荒らしに構う者も、荒らしです」、なんて事を言われると腹が立つかもしれない。

しかし、結局のところ、荒らしの出没する掲示板は廃れてしまう訳だ。

なので、MBPスレについても、もう、見る人は殆どいなくなってしまったかもしれないのだが、もし、この荒らし君が同業他社のネット工作員だったとしたならば、その目的は十分に達成されたかもしれない、今日この頃だ。

« AmuseGraphics Ver1.3.2を公開 | トップページ | 明日からはMac版 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66182516

この記事へのトラックバック一覧です: リリース作業を完了:

« AmuseGraphics Ver1.3.2を公開 | トップページ | 明日からはMac版 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google