スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 不安は残るのだが | トップページ | 公開準備も半分終了 »

Vectorへの登録を完了

今は、Windows用AmuseGraphicsの開発フェーズで、開発が完了したので、Ver1.3.2とそのフリー版をVectorに登録申請した。この前、同様にVectorに登録したMirror-DTC Ver1.3.1の場合、翌日には公開されたので、AmuseGraphics Ver1.3.2の公開も、間近な筈だ。

と、いう事で、やっと、登録申請したので、Ver1.3.2のバイナリは確定した事になるのだが、最終的なAG64_132.msiのタイムスタンプは、2017/12/18 19:55になっている。

つまり、今日も変更が入った訳なのだが、昨日書いた様に、リリース後に不具合が見つかり、それを修正したい場合には、UpdatePackにする、という手も使える訳だ。

そして、作者的にも、公開が年をまたぐのは勘弁して貰いたいので、Vectorへの登録は急ぐ必要があった訳だ。

もっとも、Vectorの作者ページにログインしてみると、お知らせには、12月25日までに登録されたバイナリは、今年中に公開される様に努力する、みたいな事が書かれていた。

なので、作者的には、そこまで焦る必要も無かったかもしれないのだが、フリー版のAG-WebカメラレコーダーとAG-デスクトップレコーダーは窓の杜にも登録されているので、作者的には、窓の杜関係者の都合を鑑みれば、バイナリ登録は25日、という訳にもいかない訳だ。

何れにしても、Ver1.3.2のバイナリはVectorに登録申請したので、作者的には、もう弄る事はないのだが、それでは、後は公開を待つばかりなのか、というと、そんな事もない。

何故なら、AG-ムービーカッターとAGMPlayerにはオンラインヘルプがあり、それらの文面は、まだ、修正していないからだ。

と、いう事なので、作者的には、これから、上記のオンラインヘルプと、このブログに掲載する事になる、各ソフトのリリース記事を書く事になるので、明日も忙しい一日になる筈だ。

そして、Mirror-DTC Ver1.3.1と同様の速さで、Vectorでバイナリが公開された場合、Vectorでのバイナリ公開は明後日の水曜日の夕方くらいになる筈なので、作者サイトでの公開も、同時くらいにする事にする。

もっとも、Mirror-DTC Ver1.3.1の場合、登録申請の直後に、致命的な不具合が見つかり、その次の申請を行ったので、最初の申請に対する公開が早まったという可能性もある。

なので、AmuseGraphics Ver1.3.2に関しては、Vectorでの公開は、もっと遅くなるかもしれないのだが、前述の様に、作者的には、窓の杜関係者に対する配慮も必要になるので、例え、Vectorでバイナリが公開されなくても、フリー版については、木曜日の午前中くらいには、作者サイトで公開する事にする筈だ。

ちなみに、数日前に書いた様に、フリー版に対して、新たな制限事項は追加していない。

なので、今回、AG-ムービーカッター/AGMPlayerに追加したシークプレビュー機能や、AG-Webカメラレコーダー/AG-デスクトップレコーダーに追加した制限指定-自動再開機能やデータフラッシュ機能はフリー版でも使えるのだが、かなり前に書いていたAG-ムービーカッターへのAGMConvの添付はヤメにした。

これは、Ver1.3.2では、基本的には、フリー版に制限事項を追加するのではなく、シェアウェア版にプレミアム機能を追加する事で、差別化しようとしているからだ。

つまり、Ver1.3.2では、シェアウェア版に、オーディオ/ビデオミキーサとAGMConvを追加する事で、フリー版との差別化をより強固なモノとしている訳なので、その一角をなすAGMConvを、機能制限を入れるにしても、フリー版に追加するのは望ましくないと判断した訳だ。

更に、もう一つ、話は違うのだが、macOS版のTiExtenderの画面録画機能で利用可能にしたAGMエンコーダーでは、AGM-DCT+のエンコード画質を向上させたのだが、Windows版では、画質を、ほほ、従来版のソレに戻した。

これは、現行版との比較を行った場合、エンコード性能と圧縮率の違いが、映像によっては、意外なほど大きくなる場合があったからだ。

このため、Windows版AG-デスクトップレコーダーなんかでは、従来通り、AGM-DCT+でのエンコード画質は悪いままなのだが、DCT+のデフォルトの品質値は50なので、作者的にも、永久保存版の録画時なんかには、この値を60だとか75だとかにしている。

なので、今回、Windows版については、AGM-DCT+の画質向上施策は見送ったのだが、一般ユーザー的にも、画質が悪すぎると思う場合には、品質値を上げておけば、とりあえずは、何とかなるかもしれない。

« 不安は残るのだが | トップページ | 公開準備も半分終了 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66175638

この記事へのトラックバック一覧です: Vectorへの登録を完了:

« 不安は残るのだが | トップページ | 公開準備も半分終了 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google