スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Standard版の提供は終了 | トップページ | MasterReversiの近況とか »

Professional版の変更点

今は、MasterReversi Ver1.4.3のリリースに向けて最終調整中なのだが、今日の時点で問題は無くなっている。なので、リリースは明日か明後日にはできる筈なのだが、例によって、配布パッケージはVectorに登録するので、公開は来週になる筈だ。

昨日書いた様に、Standard版の提供は終了するので、今回のリリース対象になっているのはProfessional版のみになる。

で、Professional版に対しては、どんな変更を行ったのか、というと、これについても、既に書いてあった筈なのだが、基本的には、Windows10 Fall Creators Updateでのツールバー表示の不具合に対する対応とHiDPI対応の強化だ。

具体的には、ツールバーについては、AmuseGraphics Ver1.3.2用に開発した自前ルーチンに変更し、HiDPI対応に関しては、Windows10 Creators Updateで追加された新しいPer-Monitor DPI仕様に対応させた。

ただし、それ以外にも、現行版ではHiDPI表示時にツールバーの画像が拡大されなかったり、サイズ変更されるべき場所がサイズ変更されていなかったりしている部分もあったりするのだが、今回は、現行版の開発時にはサボっていたそういった部分についても、小まめに個別対応している。

つまり、Per-Monitor DPI対応以外にも、HiDPI表示時の品質を上げるという改良を行っているのだが、現行版の場合、そもそも、デュアルモニター環境下でも、基本的には、メインモニター側を強制的に使おうとする処理がいくつかあったので、今回は、そういった処理についても、サブモニター側でも使える様に変更した。

上記以外の変更としては、デザインデータ用のサウンド取得処理の音質を向上させたりもしている。

具体的には、現行版のリサンプリング処理ルーチンは簡易タイプなので、例えば、44100Hz16Bitサウンドを指定して音声を録音しても、オリジナル音源の周波数が48000Hzだったりすると、リサンプリング処理が入り、そこで音質が低下してしまっているのだが、今回、MasterReversiの音声処理ルーチンについても、AG-デスクトップレコーダーやWaveClipperで使用している高音質タイプのモノに変更した。

と、いう事で、次バージョンでは、画像/音声共に、高品質なデザインを作成して利用できる事になる筈だ。

ちなみに、真面目に使ってみた事がない人は知らない筈なのだが、MasterReversiというのは、リバーシ用の定石/Book/評価データなんかをカスタマイズできるだけではなく、その見た目や効果音もカスタマイズ可能だ。

で、盤面画像や石の画像はビットマップを貼り付ける事も出来るのだが、ビットマップを使ったとしても、そのビットマップがそのまま表示される訳ではなく、表示サイズに合わせてレンダリングされる様になっている。

つまり、高解像度のビットマップを貼り付けておくと、通常解像度の時には、それなりの画像に縮小されるのだが、HiDPI表示時には、高解像度ビットマップがそのまま表示される格好になったりする訳だ。

更に言えば、レンダリングしているのは画像だけではなく、テキスト表示もそうなので、HiDPI環境下では、より綺麗に表示される格好になる。

と、いう事で、MasterReversiというのは、ちゃんとHiDPI対応を行っておけば、作者が使っているMacBook Pro 15インチ 2016モデルの内蔵ディスプレイの様なHiDPIモニター環境下では、とてつもなく高品質な描画が行われる。

なので、作者的には、HiDPI対応にも積極的な訳なのだが、巷には、リバーシソフト的には、そんな事はどうでも良い、なんて事をいう人もいるかもしれない。

で、そういう人にしてみると、前回と同様にリバーシエンジン部に変更がない次バージョンはどうでも良い存在になるかもしれない。

しかし、昨日書いた様に、次バージョンのリリースが終わったら、その次には、リバーシエンジン部をメインとすると新しいリバーシソフトを開発する事になるので、そういう人は、それを楽しみにしてもらいたい所ではある。

« Standard版の提供は終了 | トップページ | MasterReversiの近況とか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66318121

この記事へのトラックバック一覧です: Professional版の変更点:

« Standard版の提供は終了 | トップページ | MasterReversiの近況とか »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google