スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Mac/Ubuntu版Ver1.3.2を公開 | トップページ | その次はMasterReversi »

次はTiExtender Ver1.2.2

ここの所、去年の年末にAmuseGraphics Ver1.3.2とそのフリー版をリリースし、2週間遅れくらいで、昨日はMac/Ubuntu版の相当品をリリースした。作者的にはAndroid/iOS版AGMPlayerも何とかしたいのだが、次はTiExtender開発になる。

何故、次はTiExtenderになるのか、というと、AmuseGraphics Ver1.3.2用に開発した高速AGMエンコーダーというのは、そもそもは、TiExtender用に開発していたモノだったからだ。

つまり、その処理コードはAmuseGraphics Ver1.3.2に搭載するにあたっては、更に少し改良されたので、その改良点をTiExtenderにフィードバックしておく必要がある訳だ。

更に、TiExtenderというのは、現状、macOS用のAG-デスクトップレコーダーとしての役割も担っているので、AG-デスクトップレコーダー Ver1.3.2で追加された機能に相当する機能も、追加しておく必要がある。

と、言う事なので、次は、TiExtenderの開発になるのだが、とりあえず、今回、やろうとしているのは、上記程度なので、普通なら、開発には一週間もかからない筈だ。

もっとも、作者的には、ここの所、風邪をひいていて、1週間くらい微熱が続いている状況だ。

と、言う事もあるので、実際の所、開発期間については、どうなるのかは判らない状況なのだが、TiExtender Ver1.2.2をリリースできたら、その次には、MasterReversi Ver1.4.3をリリースしておく必要がある。

MasterReversiに対しては何を行うのか、というと、やはり、AmuseGraphics Ver1.3.2相当の変更になる。

具体的には、AmuseGraphics Ver1.3.2では、AmuseGraphics本体のツールバーをMFCから半分自前の処理コードに変更したのだが、これは、Windows 10 Fall Creators Updateで発生した不具合を回避する為だった訳だ。

で、MasterReversiのツールバーというのも、AmuseGraphics本体と同じ作りになっているので、現状、Windows10 Fall Creators Update環境では、フロート表示にすると、画面に残像が残る問題がある訳だ。

なので、そのWindows10 Fall Creators Updateの不具合からの回避は早急に行っておく必要があるし、レジストキーがAmuseGraphicsよりも高いMasterReversi Professional的には、HiDPI対応についても、AmuseGraphicsと同等程度にはしておく必要がある訳だ。

更には、Windows用のビルド環境である所のVisual Studioのコンパイラはバージョンが上がるにつれてワーニングやエラー検出が厳しくなってきているので、数バージョンも放っておくと、古いビルド環境用のソースコードは、簡単にはビルド出来なくなる。

なので、Windows10以降もメインテナンスを続けるつもりがあるソフトについては、比較的最近のVisual Studioでビルドできる様に、ソースコードを調整しておく必要がある訳だ。

と、言う事で、次のTiExtenderについても、その次のMasterReversiについても、開発上、語っておくべき事はないので、開発日誌については、この一週間くらい休んでいたのだが、引き続き、それらのリリースが終わるまでは、休んでおく事にしようか、と、今日の時点では思っている。

と、言う事なので、開発日誌の再開は、多分、2週間後くらいになる様な気がしている今日この頃なのだが、実際の所としては、MasterReversiについては、開発が長引く可能性も十分にあるので、その場合には、言い訳を書く必要性もあるので、リリースできていなくても、二週間後くらいには、開発日誌は再開する事にする筈だ。

« Mac/Ubuntu版Ver1.3.2を公開 | トップページ | その次はMasterReversi »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66252163

この記事へのトラックバック一覧です: 次はTiExtender Ver1.2.2:

« Mac/Ubuntu版Ver1.3.2を公開 | トップページ | その次はMasterReversi »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google