スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« やっはり肥大化する | トップページ | 一線は越えない事にする »

やり過ぎかなあ・・・

今は、営業活動強化期間にしていて、まずは、MasterReversiのHPコンテンツを増強しようとしている。で、とりあえず、手元にあるEdaxをGUI操作可能にするソフトの体裁を整えて公開しようとしているのだが、何となく、「やり過ぎかなあ・・・」、みたいな感じになってきた。

このブログを見ている人なら判っている筈なのだが、作者がEdaxをGUI操作可能にしているのは、MasterReversiのエンジン対局でEdaxと対局可能にする為だ。

なので、作者的には、それ以上の細かい機能は必要でもないのだが、一般向けに公開するとなると、それだけでは機能的に貧弱なので、普通のリバーシソフトにある機能は付けたそうか、という事になってしまう訳だ。

その結果、今現在、手元にあるEdaxをGUIで操作可能にするソフト、つまり、EdaxBoardには、対局ファイルの保存/読み込み、クリップボードへの盤面/棋譜保存、クリップボードからの盤面/棋譜読み込み、局面移動機能、ヒント機能、なんかの、普通のリバーシソフトにならありそうな機能も実装してしまっている訳だ。

で、更に、Book関連の機能についても、どうしようかなあ、と、思っているのだが、実際の所、EdaxBoardというソフトは、Edaxを使いはするのだが、それほど依存する作りにもなっていない訳だ。

具体的には、内部に自前のリバーシボードとそれを操作するための最低限の処理ルーチンを持たせているので、Edaxの機能を使わなくても、盤面に着手は出来る。

そして、対局ファイルの読み込みについても、Edaxの機能ではなく、EdaxBoardの内部ルーチンで行い、その結果をEdaxに反映させる格好になっている訳だ。

なので、Bookについても、例えば、MasterReversiのBookを利用出来る様にしておけば、対局時には、まず、MasterReversiのBookを参照し、そこに着手候補があれば、それを着手し、無かった場合にのみ、Edaxに評価ルーチンで着手させる、という事も、それほど苦労なく可能な訳だ。

しかし、Edaxには、独自のBook機能もある訳なので、EdaxBoardと名乗るのであれば、EdaxのBookを使う格好にした方が良いのかもしれない。

ただ、EdaxにはデフォルトのBookは存在しないので、EdaxBoardにEdaxのBookを使わせる格好にするとすると、実際問題としては、MasterReversiの標準添付版Book相当のBookを作成させるのにも、とてつもなく、苦労する事になるかもしれない訳だ。

もっとも、EdaxのBookというのも、基本的には、終了した対局を登録する格好にはなっているのだが、テキストファイルからインポートして追加する事も出来るし、データベースファイルから追加する事も出来る、という事になっている。

なので、MasterReversiのBookをEdaxがインポート可能なテキストファイルに出力させるか、データベースに出力して取り込ませれば、EdaxのBookも、一瞬で、MasterReversiのBook相当になるかもしれない。

しかし、考えてみると、作者的には、そんな事をしてしまっても良いのかなあ、という気もしてくる訳だ。

何故なら、作者はMasterReversiの作者なのに、元々、CUIでBookも使いづらい事から、一部のマニアックな人達にしか使われていなかったEdaxに対して、GUI操作可能にし、かつ、普通に使えるBookまで提供する格好になってしまうからだ。

つまり、そんな事をしてしまうと、これまでEdaxを使えなかった様な普通の人達も、Edaxを使える様になってしまうので、少なくとも使い勝手という点では大幅なアドバンテージがあるMasterReversiの商品価値を相対的に低下させる格好になるからだ。

と、いう事なので、作者的には、そんな事をする理由は無い筈なのだが、まあ、作者的には、MasterReversiを使ってくれなくても、そのレジストキーが売れれば文句は無い所もある。

なので、このEdaxBoardについては、MasterReversiのレジストキー購入者だけが使える格好にしておけば、問題はないのかもしれない。

« やっはり肥大化する | トップページ | 一線は越えない事にする »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66546449

この記事へのトラックバック一覧です: やり過ぎかなあ・・・:

« やっはり肥大化する | トップページ | 一線は越えない事にする »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google