スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 性能の再測定とか | トップページ | Ver1.5.0 AVX2バイナリを公開 »

Android/iOS版を日本限定化

今日は、MasterReversiのホームページにリンクを張っているFFO結果ページにAVX2版の情報を追加したのだが、ついでに、作者製Android/iOSアプリの配布先を日本限定化し、その旨もホームページに記載した。これは、EU一般データ保護規則に対する準備作業になる。

作者は普通の日本人なので、EU一般データ保護規則、なんて事を言われても、知った事か、と、言いたい所ではあるのだが、ここの所、Googleから、何通も、重要なお知らせ、みたいなキーワードと共に、上記の施行が近づいている旨の告知メールが届いていた訳だ。

で、このEU一般データ保護規則、というのは、日本で言うところの個人情報保護法の強化版みたいなモノなのだが、相手はEUなので、その内容は日本の個人情報保護法どころの騒ぎではないみたいな訳だ。

具体的には、インターネットのサイト等にあるCookieも個人情報扱いするみたいな訳だ。

そして、そのサイトオーナーは、EUからアクセスされた場合には、まず、そのCookieの利用に対する許諾をアクセス者から得てからでないと、そのCookieを利用してはならない、という事になっていて、その規則を守らないと罰則もある様な訳だ。

で、上記を受けて、何故、Android/iOSアプリを日本限定化したのか、というと、Android/iOSアプリにはAdmob広告を埋め込んであるので、それらの広告が上記のCookie扱いされる事になるからだ。

つまり、普通に鑑みれば、作者がEU一般データ保護規則に従う為には、EU諸国の人間が作者製Android/iOSアプリをダウンロードして起動した場合には、まず、Cookieを使った広告が表示されますが宜しいですね? みたいな注意文言と確認ボタンを用意する必要がある訳だ。

で、何度も書いてきた様に、作者製のAndroid/iOSアプリにある広告からは、レジストキーが売れないから真面目に開発できない、と、嘆いているWindows版MasterReversiのレジストキーの収益額の1000分の1の収益もない様な気がする訳だ。

つまり、作者的には、そんな儲かりもしないアプリの為に、更には、作者的には特に相手にしている訳でもないEU諸国の人達が勝手に決めた規則に従う為に、アプリに手を入れる労力を払う気にはならなかった訳だ。

と、いう事で、とりあえず、Admob広告を入れている作者製のAndroid/iOSアプリのGoogle Play/Appストアからの配布対象国は日本に限定したのだが、作者製アプリの中には、配布先を限定できない野良アプリもあったので、この野良アプリについては、提供を終了した。

もっとも、実際の所、作者的に問題になるのは、Admobではなくて、毎月、それなりの収益を上げてくれているAdsenseの方で、こちらについても、インターネット上にサイトを公開して、そこにAdsense広告を貼っている限り、EU人お断り、と、書いておいても、それだけでは、EUが勝手に定めている一般保護規則には違反する事になる訳だ。

と、いう事なので、作者的には、Adsenseについても何とかする必要が生じるのだが、最悪の場合、Adsenseも利用できない、という事になると、作者製のフリーソフトを公開しているダウンロードサイトも野良アプリ版のAndroidアプリと同様に終了する事になるかもしれない。

そうなれば、作者的には、フリー版の提供だけではなく、そのサポートも終了する事になるので、AG-デスクトップレコーダーやAG-Webカメラレコーダーなんかのフリー版については、Vectorや窓の杜からも撤収、という事になる筈だ。

もっとも、Google的には、流石に、全世界にある何百万とあるAdsenseサイト自体をEUの規則の為に変更させるのは現実的ではない、と、考えている節もありそうで、まだ詳細についての連絡はないのだが、EUからのアクセス時には、Adsenseの挙動を変更して個人情報を採取しない設定項目を追加してくれそうな事が書かれてあった。

なので、そんな感じにしてくれれば、作者的には、最悪、EUからのアクセス時にはAdsense広告が表示されなくても大した問題ではないので、Adsenseに関しては、そんな設定で事なきを得られる可能性もある。

もっとも、EU一般データ保護規則が問題となるのは作者サイトだけではないので、もし、Googleが対応しそこなったとしても、巷のサイトが個別対応を始めれば、作者的にも、そのマネをすれば何とかなる筈だ。

と、いう事で、EU一般データ保護規則の適用が開始されるのは、来月の25日からで、作者的には、Adsense広告を貼っているサイトについては、それなりの収益があるので、何とか対応したいと思っているのだが、Android/iOSアプリに張ってあるAdmob広告からは殆ど収益はないので、これらについては何の対応もしたくない。

なので、今日の時点で、EU諸国からのダウンロードは禁止したのだが、それでもまだ足りない、という事であれば、5月25日以降、公開を終了する可能性も無きしも非ずだ。

« 性能の再測定とか | トップページ | Ver1.5.0 AVX2バイナリを公開 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66628243

この記事へのトラックバック一覧です: Android/iOS版を日本限定化:

« 性能の再測定とか | トップページ | Ver1.5.0 AVX2バイナリを公開 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google