スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« April 2018 Updateで問題発生 | トップページ | 狙い撃ちで使用禁止 »

別PCでも同じ問題を確認

昨日書いた様に、作者のMacBook Pro 15インチ 2016モデルにインストールしてあったWindows10にApril 2018 Updateを適用すると、MJPEGでエンコードされたAVIファイルで色々と問題が出たのだが、今日、X202Eでも、April 2018 で同じ問題が発生する事を確認した。

昨日問題を確認したMacBook Pro 15インチ 2016モデルには、AMD製の外部GPUが搭載されていたりする。

なので、作者的には、MJPEGデコーダーについても、AMD製の特殊ハードウェアデコーダーが使われているのかなあ、 と、思ったりもしていたのだが、X202Eというのは、普通にIntel製の第三世代 Corei3と内蔵GPUの構成になっている訳だ。

つまり、そんな単純な構成でも、同じ問題が出た、という事は、昨日の問題は、これはもう、環境依存問題という事ではなく、Windows10 April 2018 Updateが適用される全ての環境で発生する問題、という事になるのかもしれない。

と、いう事になると、巷には、真っ青になっている人もいるかもしれないのだが、作者的には、そこまで深刻な問題という訳でもない。

これは何故なのか、というと、とりあえず、問題となっているのは、MJPEGでエンコードされたAVIファイルの再生がAGMPlayer / AmuseGraphics本体では行えず、行おうとすると、それらがクラッシュしてしまう、という事になるのだが、AmuseGraphics系ソフトは動画再生用には、DirectShowにも対応しているからだ。

つまり、昨日の問題は、どうみても、Media Foundation用のデコーダーの問題なので、そのデコーダーの使用を禁止してしまえば、AmuseGraphics系ソフトでは、DirectShowデコーダーを使って、MJPEG動画の再生が行えるので、今回の問題は、致命的、という程でもない訳だ。

と、いう事で、今日は、X202Eでも同じ問題が発生する事を確認したのだが、それ以前に、MacBook Pro 15インチ 2016モデルを回復オプションを使って前のバージョンのWindows10に戻して動作確認を行ってみたりもしていた。

つまり、実は、今回発見した現象はApril 2018とは無関係にMacBook Pro 15インチ 2016モデルでは以前から発生していた、なんて事はない、という事を確認してみた訳だ。

その結果としては、前のバージョンのWindows10、つまり、1709では、問題は発生しない事を再確認した。

そして、今回の問題が何かの間違いであるかどうかの確認の意味もあり、MacBook Pro 15インチ2016モデルには、再度、April 2018 Updateを適用したのだが、やはり、問題は発生した訳だ。

その後、X202EにもApril 2018 Updateを適用して同じ問題が発生する事を確認したので、昨日書いた問題は、もう、Windows10 April 2018 Updateで固定的に発生する問題である、と、少なくとも作者的には、確定させた訳だ。

と、いう事なのだが、AmuseGraphicsのホームページには、今日も、今回の問題について、色々と追記したのだが、この問題はAmuseGraphicsに限った問題ではないので、AmuseGraphicsファミリーソフトが問題を回避しても、根本的な対策にはならない。

しかしまあ、とりあえず、AmuseGraphics系ソフトについては、前述の様に、DirectShowを優先利用させる格好にすると、とりあえず、今まで通り、MJPEGファイルも扱える様になるので、そんな感じにしようかなあ、と、思っているのだが、Win7DSFilterTweakerというソフトで、AVIファイルの再生時にMedia Foundationのデコーダーが使われるのを禁止してしまうと、人によっては、更に、良い状況になるかもしれない。

具体的には、Media Foundationの使用を禁止すれば、当然の事ながら、AmuseGraphics系ソフトは現状のままでも無問題になるばかりか、エクスプローラのアイコンも、正しく表示される様になる訳だ。

ただし、そうすると、Windows10のアプリ系の動画プレイヤーでは、当該ファイルの再生は出来なくなるので、そういうアプリを使う人の場合、こういう対処はしたくないかもしれない。

と、いう事なので、作者的には、とりあえず、AmuseGraphics系ソフトについては、今回のWindows10 April 2018 Updateの問題を回避したバイナリをFIXパックとして出しておこうか、と、思っているのだが、現状でも、AG-ムービーカッターでの再生/再エンコードは可能で、AGMPlayerでも、環境設定でDirectShowを優先させれば、再生だけは可能な状態なので、FIXパックのリリースはGW明けくらいになるかもしれない。

« April 2018 Updateで問題発生 | トップページ | 狙い撃ちで使用禁止 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66676243

この記事へのトラックバック一覧です: 別PCでも同じ問題を確認:

« April 2018 Updateで問題発生 | トップページ | 狙い撃ちで使用禁止 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google