スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 狙い撃ちで使用禁止 | トップページ | セルフ対局も始める »

不具合修正パックを更新

今日、AmuseGraphics Ver1.3.2用の不具合修正パックを更新した。更新内容は、Windows10にApril 2018 Updateを適用した時に発生すると思われるMJPEGファイル絡みの不具合修正なのだが、MJPEGファイルを使わなかったり他OSだったりする場合には更新の必要はない。

と、いう事で、何故、更新が必要になったのか、だとか、どんな感じで修正したのか、等については、昨日までに書いてきたので、今日はもう書かないのだが、不具合の根本原因はApril 2018 Updateで更新されたWindows10のMedia Foundation用MJPEGデコーダーにある筈だ。

なので、普通に鑑みれば、今日明日中にも、マイクロソフトによって不具合が修正されたMJPEGデコーダーがリリースされ、Windows Updateで自動適用される可能性もあるのだが、少し前に書いた様に、Visual Studio 2017は、去年の段階でネット上で問題視されていた不具合が現時点でも修正されていない訳だ。

と、いう事なので、とりあえず、問題が起きた時に言い訳出来る様に、AmuseGraphicsのホームページには、不具合の根本原因についての説明と、その不具合を回避できる様にした不具合修正版をアップしておいた訳だ。

もっとも、MJPEGファイルというのは、今となっては、あまり使う必要はないかもしれない。

何故なら、MJPEGというのは、エンコード負荷が軽く、全てのフレームがキーフレーム扱いになっているので、編集時にも軽い、という特徴があるのだが、今時のPCでなら、より圧縮率が高いmp4形式でも、エンコード時にはハードウェア支援が受けられたりもするので、エンコード負荷が高すぎて使いづらい、という事は無くなっているからだ。

そして、AmuseGraphicsファミリーソフトの場合、編集するのであれば、MJPEGよりもAGM形式の方がエンコードも軽いし数段扱いやすい訳なので、何もMJPEG形式を使う必要はない訳だ。

にも関わらず、AmuseGraphicsでMJPEG形式をサポートしているのは、10年くらい前に初版を開発した頃には、エンコード可能なメジャーな形式としてはWMV形式くらいしか無かったのだが、このエンコーダーは重かったからだ。

つまり、初版の頃には、まだAGM形式も無かったので、エンコードが軽い動画形式としてMJPEG形式は有用だった訳だ。

なので、AmuseGraphics的にも、MJPEG形式をサポートしたので、その頃から、この形式を使い続けているユーザーの事を鑑みれば、簡単にサポートを終了させる訳にも行かないので、最新バージョンでもサポートを継続している、というのが実状だ。

と、いう事なので、作者的にも、今となっては、MJPEGばかりではなく、AVIファイル全般に対するサポートは終了させたい所ではあるのだが、とりあえず、今はまだその時ではないので、今日の所は、問題を回避できる不具合修正版をリリースしておいた訳だ。

ちなみに、これで、GW明けにリリースしなければならないモノとしては、EdaxBoardと、それによって作成したEdax用Book / MasterReversi用Book、だけになったのだが、今日の時点でも、まだ、EdaxとMasterReversiとのエンジン対局は安定状態には至っていない。

つまり、まだ、勝ち負けが、それなりの頻度で発生している訳だ。

このため、EdaxBoard自体は兎も角として、Bookについては、中途半端な状況でリリースするのは気持ち悪いので、リリースは来週早々という訳には行かなくなるかもしれない。

いずれにしても、作者的には、エンジン対局は、ほぼ、見ているだけなので、リリースが遅れても、作業量が増えるという事は無いのだが。

« 狙い撃ちで使用禁止 | トップページ | セルフ対局も始める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66684315

この記事へのトラックバック一覧です: 不具合修正パックを更新:

« 狙い撃ちで使用禁止 | トップページ | セルフ対局も始める »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google