スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« インストール確認を開始 | トップページ | FFO性能の測定とか »

Bookの仕上げとか

今は、MasterReversi Ver1.5.1のリリースに向けた最終作業を行っていて、既に、インストーラーを使ってインストールした状態での動作確認を行っているのだが、標準添付版Bookについては、まだ安定状態にはなっていない感じなので、確認しつつ更新したりもしている。

何度か書いてきた様に、Ver1.5.1では、FFOテスト性能は向上しているのだが、その最も大きな要因は、Ver1.5.0用の評価データにFFOテストの局面データを個別学習させる事で、FFOテストで発生する評価値の誤差を減らした、という事になる。

なので、この細工により、FFOテストで発生する局面については、パターン評価の重み係数が望ましい方向に調整された筈なのだが、その結果として、他の局面では、評価関数で発生する誤差は増える方向で調整されている可能性もある訳だ。

もっとも、作者的にも、そういったう話は判った上で学習させていたので、上記の個別学習では、重み係数をその状況で収束させようとはしなかった。

その結果として、全般的には、重み係数の変化は少なかった筈なので、評価データの重み係数に一般局面の評価値を大幅に劣化させるような変化は無かった筈なのだが、実際の所は、確認してみないと判らない訳だ。

と、いう事なので、作者的には、インストールしたVer1.5.1を使って、また、Edaxとのエンジン対局を行わせてみたりしているのだが、Edaxが二十数手からBookを離れる手を打ってきても、普通に勝ったり引き分けになったりしているので、評価データについては、とりあえず、合格かなあ、という感じだ。

もっとも、Ver1.5.1では、評価データの変更はFFO対策用に関連局面についてのみ、重み係数を微調整しただけ、という感じなので、変化量は少ない筈なのだが、Bookについては、Edaxとの1ヶ月以上に及ぶエンジン対局結果をそのまま反映させている訳だ。

このため、変化量は比較的多いし、そもそも、Edaxの手筋がそのままBookに乗っかる形になるので、その手筋が間違っていた場合、勝てる筈の手筋で負けたりしている筈な訳だ。

まあ、Bookに負けの手筋がある場合、その手筋には進まなくなるだけなので、それほど致命的という訳でもないのだが、こういった手筋は、先手と後手が逆転すると、勝つ手筋になってしまう訳だ。

なので、先手と後手が逆転すると、Bookを参照していると、積極的にその手筋に進める事になるのだが、その手筋は本来は負ける手筋になる訳なので、Bookに従っていると、普通に負けてしまう事になる訳だ。

と、いう事なので、本来、勝てる筈だった手筋で負けたりしている手筋が最善進行としてBookに残っていると、Book登録時と先手と後手が逆転した場合に、Bookは負ける筈の進行に進めようとするので、簡単に負けてしまう事になる訳だ。

このため、一般的なリバーシプログラムのBook学習では、そういった間違った手筋が最善進行としてBookに残らない様に、実際に打たれた着手以外に、各局面の最善手を評価関数で検出し、その着手と評価値もBookに同時登録したりしている訳だ。

もっとも、Edaxとのエンジン対局で、Edaxが何時まで経っても負けなくならないのは、上記の様な細工をしているからだ。

つまり、評価値には誤差があるので、その誤差の影響から、実際には負けた局面に、評価値による推奨がある事から、何度でも進行させ、その結果として、また負ける、という様な状況を何度も繰り返させる感じになる訳だ。

なので、MasterReversiでは、基本的には、Bookには、実際の対局時に行われた着手進行しか登録しないのだが、その前提としては、対局者が双方とも強い事が必要になる訳だ。

しかし、今回の対局相手であった所のEdaxというのは、結構、簡単に負けてくれたので、実際の所、それほど強くは無いかもしれない。

このため、Edaxとのエンジン対局結果をそのまま格納したBookには、前述の様な問題がある手筋も色々と残っているかもしれないので、今は仕上げ作業をしている訳だ。

具体的には、WZebraやEdax+Unified Book 2010なんかと対局させて、負けた場合には、その手筋もBookに追加しているのだが、これらとの対局はEdaxとのエンジン対局の終盤にも行ってきていたので、既に、負けは全くといって良い程無い状況だ。

なので、今現在の対局相手は、自分自身、という事になっているのだが、対局は、Ver1.5.1用の評価データとBookを使わせるコンピュータと、Ver1.5.0用のそれらを使わせる別のコンピュータで行わせている。

で、上記の様な問題はあるにしても、今回のBook更新では、新しい手筋が色々と追加されている分、勝ち負けの比率で言えば、Ver1.5.1用のデータを使ったコンピュータの勝率が圧倒的に高いのだが、偶に、負けもしている。

このため、Bookについては、もう一日くらい、上記のエンジン対局を行わせて、そのデータを追加しておこうと思っているので、多分、Ver1.5.1のリリースは次の日曜か月曜になる筈だ。

« インストール確認を開始 | トップページ | FFO性能の測定とか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66830399

この記事へのトラックバック一覧です: Bookの仕上げとか:

« インストール確認を開始 | トップページ | FFO性能の測定とか »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google