スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« なかなか頼もしい感じ | トップページ | 若干の不具合修正も »

二台体制でも時間がかかる

今は、MasterReversi Ver1.5.1のリリースに向けた作業を行っていて、その最終確認として、WZebraとの真面目なエンジン対局を行わせてみているのだが、序盤で非最善手を打つ進行では、Bookが結構いい加減なので、WZebraのランダム性を上げると勝率が低下している。

Ver1.5.1に向けては、Edaxとのエンジン対局を1ヶ月以上行ってBook登録を拡充したのだが、Edaxには最善手と思われる手を打たせていたので、Edaxは、明らかな悪手は打たなかった筈だ。

なので、例えば、F5D6C6みたいに、序盤で、敢えて-2石の進行に進む、なんて事も無かった筈なので、そういった進行についてのBook登録は、今回、何も追加されていない筈だ。

しかし、WZebraとの対局では、ランダム性を高めると、WZebra的には、上記の様な手筋に普通に進む事になるので、MasterReversi的には、大昔に登録したBook登録に従った手を打つ事になる訳だ。

そして、その大昔に登録したBookというのは、結構、いい加減なので、それに従って手を進めてしまうと、MasterReversi的には負けてしまう事も良くある感じだ。

更に、そういった非最善の手筋については、Book登録の量的にも少ないので、早い段階でBook登録の無い手筋に進む事になり、上記の様な手筋の場合、MasterReversi的には+2石のアドバンテージがある状況からBook登録が無い局面に進む感じになる。

しかし、+2石のアドバンテージというのは、少なくとも序盤の評価関数の誤差を鑑みれば、誤差の範囲内程度になる訳だ。

つまり、比較的早い段階で評価関数勝負に持ち込まれると、勝ったり負けたりの展開になる事になる訳だ。

と、いう事なので、ランダム性を高めた場合、Ver1.5.1のリリース候補版についても、昨日書いたVer1.4.0やVer1.3.1と大差ない感じで負けてしまっている。

で、今更、非最善な手筋のBookを拡充するのは大変すぎるので、作者的には、とりあえず、負けた手筋のBookの誤りの修正だけはやってみているのだが、これについても、それなりに大変ではある。

それ以前の問題として、WZebraは24手読みで動作させているので、特にWZebraを先手にした場合には、33手目のWZebraの勝敗読みだけでも、数分を要する事があるのだが、ランダム性を高めた場合、双方ともに、序盤からBookを外れて評価関数による評価が行われる様になるので、勝敗読みに至る以前の段階でも、時間がかかる様になる。

と、いう事で、今現在、WZebarとのエンジン対局は、標準Book用にはMacBook Pro 15インチ 2016モデル、BigBook用にはCorei7 2600のデスクトップPCを使った二台体制で行っているのだが、対局を1パスさせるのには、丸2日程度を要する感じだ。

なので、とりあえず、今現在行っている対局で負けた手筋については、Book修正を行うのだが、こういった作業を何度もやるのは時間がかかり過ぎるので、それをVer1.5.1用のリリース版Bookという事にする。

もっとも、それを使って、再度、WZebraとのエンジン対局を行わせた場合のデータ取りだけは行う。そして、データを取り終わるのは、早くても、金曜の夜になる感じなので、リリースは来週にずれ込む事になる様な気がする。

ちなみに、Edaxはオープニングの強制が可能で、EdaxBoardでも、その機能を利用出来る様にしている。

これは何故なのか、というと、前述の様に、Edaxを普通に動作させると、少なくとも序盤では非最善の進行には進まないので、エンジン対局で、その進行のBookを拡充するのには使えないからだ。

逆に言うと、Edaxのオープニングを強制し、MasterReversiでも、定石を使わせる形にすれば、非最善の進行を指定した上で、その後の展開についてエンジン対局でBookを拡充する事は可能になる。

つまり、EdaxBoardを使ったエンジン対局では、非最善の進行についても、Bookを拡充する事は可能なのだが、そういう事をやりだすと、また、1ヶ月くらいは普通に過ぎてしまう様な気もするので、作者的には、少なくとも今回は、そういう事はやらなかった訳だ。

もっとも、MasterReversiのBookはユーザーが修正可能で、今現在作者がやっている作業も、ユーザーが普通に使える機能を使って行っているに過ぎない。

なので、ユーザー的には、非最善進行のBookが貧弱すぎる、と、思ったら、EdaxBoardとMasterReversiのエンジン対局で、自分でその進行のBook登録を拡充する事も比較的簡単な筈だ。

« なかなか頼もしい感じ | トップページ | 若干の不具合修正も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66853596

この記事へのトラックバック一覧です: 二台体制でも時間がかかる:

« なかなか頼もしい感じ | トップページ | 若干の不具合修正も »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google