スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« まだ少し残作業はあるが | トップページ | ポーランド戦は今時の日本的? »

少しすっきりとした

今日は、昨日書いていた様な残作業を行ったのだが、具体的には、MasterReversiのホームページにレジストユーザー向けのダウンロードアイテムを追加した。同時に、「最新バージョンのダウンロード」付近が少しゴチャゴチャしていたので、EdaxBoard関連の記載も移動させた。

と、いう事で、残作業も終わったので、今回のMasterReversi関連の開発も一段落だ。

なので、次は、少し前に書いていた様に、Mirror-DTCのプレミアム版の開発、というか、Mirror-DTCのシェアウェア化を行う事になる。

ただ、作者的には、ここの所、結構、疲れてしまっている感じなので、また、ブログは休もうか、と、思ったりもしている。

しかし、実際の所、ブログを休んでも、あまり効果は無いかもしれないので、今日の所は、どうしようかなあ、という感じだ。

で、何故、疲れているのか、というと、今回のMasterReversi開発の終盤では、FFOテストを行って性能を検証していたのだが、性能測定をしていたPCがMacBook Pro 15インチ 2016モデルだったからだ。

また、それ以前には、EdaxBoardとMasterReversiとのエンジン対局を1ヶ月くらい続けていたのだが、その為に使っていたPCは、Gateway製のCPUがCorei7-2600のデスクトップPCだった訳だ。

更には、開発の最後には、WZebraとのエンジン対局を行っていたのだが、その時には、上記の2台のPCに加えて、Mac mini Late2014とX202Eも使っていた訳だ。

だからどうした、と、言う声も聞こえてきそうなのだが、まず、MacBook Pro 15インチ 2016モデルは4コアCPUが搭載された高性能PCではあるのだが、実際の所、冬の間は良かったのだが、ここ最近の気温だと、4コア8スレッドを長時間フル稼働させる様な使い方をしていると、気が付けば、CPUのクロックが下がってしまっていたりする訳だ。

なので、作者的には、性能測定中には、クロック周波数が下がらない様に、クーラーで部屋の温度を可能な限り下げていた訳だ。

で、FFO40-59なんかは、数分で終わるので、その程度なら、部屋の温度を下げていても大した事はないのだが、FFO60-79を1パスしようとすると、2時間近くかかる訳だ。

そして、FFO60-79の性能は中々思うように出なかったので、今回の開発では、何回もコードを微調整しながら、測定を繰り返していた訳なので、作者的には、クーラーでギンギンに冷えた室内にずっとい続ける格好になった訳だ。

また、Gateway製のデスクトップPCは室温が高くても性能は下がらないのだが、ファンの音がより煩くなるし、発熱量も多いので、更に室温が上がる事になる訳だ。

と、いう事なので、Edaxとのエンジン対局を行っていた1ヶ月くらいの間も、作者的には、クーラーを切る事は出来ず、かつ、ファンの音を寝る時にも聞かざるを得なかった訳だ。

まあ、エンジン対局の後半では、流石に我慢ならず、寝てる間は対局を中断させたりもしていたのだが、その頃には、FFOテストの真っ最中だたりもした訳だ。

で、最後の留めとしては、WZebraとのエンジン対局を4台体制で行った訳なので、煩さという点では、エンジン対局時以上になった訳だ。

と、いう事で、作者的には冷房病みたいな感じになり、かつ、熟睡できない期間が1ヶ月くらい続いた訳なので、流石に、ぐったりとしてしまう事になった訳だ。

なので、今現在は、何も出来る気がしない訳なのだが、7月中くらいには、Mirror-DTCのシェアウェア化作業は終わらせておきたいので、あまりノンビリもできないのが辛い所ではある。

« まだ少し残作業はあるが | トップページ | ポーランド戦は今時の日本的? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66880490

この記事へのトラックバック一覧です: 少しすっきりとした:

« まだ少し残作業はあるが | トップページ | ポーランド戦は今時の日本的? »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google