スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 大リーグボール2号? | トップページ | キーバインド設定機能も実装 »

サーバーの新機能は?

今は、Mirror-DTCのシェアウェア化を行うフェーズで、新機能は現行のクライアント/サーバー相当部分にもある。既に書いてきた様に、クライアントの新機能は、作者製ソフトとしては、ある意味、移植でしかないのだが、サーバー側の新機能は文字通りの新機能になる。

次バージョンのMirror-DTCサーバーに追加する新機能というのは、巷のリモートデスクトップソフト的にはアリガチな機能でしかないのだが、実際の所、それを個人開発者が実現するのは、普通なら、結構、大変になる。

具体的には、サーバーのモニター画面にリモート接続中である旨の注意文言等の別画像を表示した状態で、普通に、デスクトップ画面のリモート操作を可能にする機能を追加するのだが、こういった機能を実現しようとすると、普通は、Windowsのプロフェッショナル版以上だとか、デバイスドライバの助けが必要になる訳だ。

つまり、作者的にも、Windowsのプロフェッショナル版を使う事を前提にすれば、複数のデスクトップを同時利用可能になるので、操作対象のデスクトップと画面を隠す為のデスクトップを別に用意する事で、サーバー画面にデスクトップを表示させる事なく、通常のデスクトップをリモート操作させる事も可能だ。

しかし、プロフェッショナル版以上のWindowsでは、MS純正のRDCが使えるので、Mirror-DTC的には、ユーザーが普通のHome版を利用している事を想定しておく必要がある訳だ。

また、モニター用のデバイスドライバを自製すれば、入力される画面を表示しない様な細工を入れるのも簡単なので、モニター上にデスクトップ画面を表示させずに、通常のデスクトップをリモート操作させる事も可能にはなるのだが、今時のWindowsは64Bit版で、64Bit版のデバイスドライバをリリースしようとすると、高額なメインテナンス費を要求される署名を施す必要が出て来る訳だ。

なので、作者的には、例え技術的に可能であっても、Windows向けにデバイスドライバを開発して利用する事は出来ない訳だ。

と、いう事なので、普通なら、サーバー画面をモニターに表示させない状態でデスクトップをリモート操作可能にする機能は実現出来そうもない訳なのだが、Mirror-DTC Ver1.4.0のサーバーでは、通常のHomeエディションで、追加のデバイスドライバを使用せずに、こういった機能を実現している訳だ。

当然の事ながら、上記は唯のアイデアという訳ではなくて、既に、処理コードを実装して問題なく動作する事の確認も終わっているのだが、対象OSはWindows8.1とWindows10のみになる。

つまり、サーバーがWindows7の場合には、上記機能は利用できないのだが、何故、そんな事になるのか、というと、Windows7には、とりあえず、上記を実現する為に必要になる機能は実装されておらず、作者的には、後1年半くらいでサポート終了になるOSの為に、別の手立てを用意する気にもならないからだ。

なので、Windows7をサーバーにしている人は、少しガッカリする事になるかもしれないのだが、実際の所、上記の様な機能は、無いと巷の他ソフトと比較された場合に不利になるのだが、あったとしても、少なくともMirror-DTCが想定しているユーザーの多くは、使いはしないだろう、とも思われる。

と、いう事で、この機能は、実際の所としては、実装しても使われない可能性も高いのだが、シェアウェア化にあたっては、如何にも高級そうな機能、も、実装しておかないとレジストキーを購入して貰えないかもしれないので、実装しておく事にした訳だ。

ちなみに、次バージョンでは、サーバー側のモニター画面にデスクトップを表示しないオプションと共に、サーバー側のキーボートとマウスからの入力を無効化するオプションも用意する。

ただし、Ctrl+Alt+Delから、サインアウト等を行えるOS機能は禁止しないので、サーバー側の近くに人がいれば、リモート操作中にも強制的にサインアウトされてしまう可能性は残る。

もっとも、Ctrl+Alt+Delを禁止しても、電源を落とされてしまえば同じ事なので、あまり、そういう事に拘ってみても、意味は無いし、誰かにハッキングされてマシンがリモート操作されてしまった、という様な場合には、逆に、Ctrl+Alt+Delからサインアウトやシャットダウンが出来ないと危険なので、この辺については、敢えて、そういう格好にする、という所もある訳だ。

で、サーバーの追加機能としては、他にも音声出力のミュートだとか、画面解像度の変更だとかも、可能にしようか、と、思ったりもしているのだが、この辺の機能については、やれば出来る事なので、今の所、実装はしていない。

« 大リーグボール2号? | トップページ | キーバインド設定機能も実装 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/66954961

この記事へのトラックバック一覧です: サーバーの新機能は?:

« 大リーグボール2号? | トップページ | キーバインド設定機能も実装 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google