スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 超低速での通信テストとか | トップページ | SoftonicのAG-デスクトップレコーダー »

迷惑メールが100/日越え

今は、Mirror-DTCのシェアウェア化を行うフェーズで、開発作業は大体は終わったので、後は強引に公開してしまえば良い段階に入ったのだが、1,2週間前くらいから迷惑メールがいきなり増えて来ていて、今日は100通を越えた。実際の所、作者に送っても意味はないのだが。

と、いう事で、作者のso-netのメールアドレスには、ここの所、毎日数十通の迷惑メールが来ていたのだが、今日は、目出度く、100通を越えた訳だ。

もっとも、何度か書いた様に、so-netのメールサービスには、迷惑メール振り分けサービスがあるので、作者の所に届く迷惑メールの先頭には、[meiwaku]、という文字列が挿入されている。

そして、作者の現在のメーラーはThunderbirdなのだが、そのメッセージフィルターで、[meiwaku]の文字列があるメールは、自動的に迷惑メールフォルダーに転送する様にしてある。

なので、実際の所、迷惑メールが届いても、「You've Got Mail」、状態にはならないので、作者的には、Thunderbirdを開く事を促される事もない訳だ。

と、いう事で、作者的には、迷惑メールが一日に1,000通来たとしても、迷惑メールフォルダーに入れられているそれらを、速攻で、削除するだけなので、迷惑メールの目的が、so-netのメールサーバーに過負荷をかけてメールサービスをダウンさせよう、という様なモノでもない限り、別段、迷惑はしない訳だ。

もっとも、作者的にも、流石にこれだけの迷惑メールが届くと、迷惑メールフォルダーの中を真面目には見なくなる訳だ。

なので、作者の所にメールを送った人の中には、そのメールが迷惑メールフォルダーに転送されてしまった人もいるかもしれないのだが、今現在、作者的には、迷惑メールフォルダーの中は真面目に見ていないので、そんなメールは読まれずに削除されている筈だ。

と、いう事で、迷惑メールが増えてくると、普通のメールが読まれずに削除されるケースも増えてくるかもしれない。

なので、今時、迷惑メールにひっかかったりする人なんてのは、殆どいないとは思われるのだが、毎日、これだけの迷惑メールが飛び交うようになると、メールシステム自体が意味をなさなくなる日も近づいているかもしれない。

と、いう事なので、実は、今時の迷惑メールというのは、メール以外のコミュニケーション手段を提供している企業だとかが、メールシステムを葬り去ろうとして送っているモノなのかもしれない。

そう考えると、個人に対して毎日100通Overのメールを送り付ける様になった今時の迷惑メール業者というのは、まずまずの成果を出しているのかもしれないのだが、作者的には、メールが使いものにならなくなったとしても、巷のインスタントメッセンジャーだとかLINEなんかは使う気にならないので、そういった意味からも、作者に迷惑メールを送り付けても意味は無い訳だ。

と、いう事で、メールが使いものにならなくなったら、作者的には、TiHotLine用のアドレスをホームページで公開して、連絡をとりたければ、ホームページにあるアドレスにTiHotLineで接続して下さい、なんて事を書く日が来るのかもしれない。

« 超低速での通信テストとか | トップページ | SoftonicのAG-デスクトップレコーダー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67045988

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑メールが100/日越え:

« 超低速での通信テストとか | トップページ | SoftonicのAG-デスクトップレコーダー »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google