スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« サーバーの新機能 | トップページ | クライアントの新機能 »

KeyFileMakerとか

今は、Mirror-DTCのシェアウェア化を行うフェーズで、新機能の実装は終わったので、今週はリリースに向けた仕上げ作業を行うのだが、今日は、レジストキーを入力するソフトを作成した。レジストキーを入力するとレジストキーが記載されたファイルを出力するだけなのだが。

今日の表題にある「KeyFileMaker」というのが、そのソフトになるのだが、その正式名称は、「KeyFileMaker for Mirror-DTC」で、実行ファイル名は「MCKeyFileMaker」にする予定だ。

で、冒頭に書いた様に、このソフトの機能としては、AmuseGraphicsやMasterReversiなんかと同様のレジストキー文字列が入力されると、そのレジストキーが記載されたファイルを出力する、というモノなのだが、こういった機能は、何となく、無意味な気もしないでもない。

何故なら、Vectorなんかでも、レジストキーの種類としては、AmuseGraphicsが採用している様なテキスト形式以外に、バイナリファイル形式というモノもある訳なので、ユーザーにレジストキーが記載されたファイルを出力させるくらいなら、最初から、バイナリファイル形式のレジストキーを採用すれば良い、とも考えられるからだ。

にも関わらず、作者的には、二度手間の様なレジストキーの利用形態を採ろうとしているのは、バイナリファイル形式のレジストキーにすると、メールで転送する時に、添付ファイルが必須になってしまうからだ。

つまり、メールに添付ファイルを存在させると、色々とトラブルが発生する可能性が高まるので、作者的には、レジストキーとしては、添付ファイルが不要なテキスト形式を採用したい訳だ。

しかし、Mirror-DTCの場合、AmuseGraphicsやMasterReversiとは違って、レジストキーは各実行プログラムの起動フォルダーに置く格好にしようとしている訳だ。

これは何故なのか、というと、昨日書いた様に、例えば、簡易サーバーというのは、インストール不要で利用できるメリットがある分、第三者にバイナリを転送して利用して貰いやすい訳だ。

しかし、インストール作業が不要だからといって、AmuseGraphicsやMasterReversiの様に、ユーザーのドキュメントフォルダーに設定用フォルダーを勝手に作成し、そこにレジストキーファイルを格納する、なんて事をやってしまったら、そういう使い方に支障が出る訳だ。

つまり、プログラムを起動しただけで、PCの何処かにファイルを作成する格好にしてしまうと、第三者にプログラムを起動して貰う事を想定するMirror-DTC的には、必要な作業後に、作成されたファイルを削除して貰う必要が生じるので、そんな余計な作業を発生させる訳にも行かない訳だ。

と、いう事で、Mirror-DTCのレジストキーは実行プログラムの起動フォルダーに置く格好にする事にした訳なのだが、そういう格好にすると、どうしても、目立ってしまう訳だ。

なので、レジストキーファイルにレジストキーを普通にテキストとして記載してしまうと、タマタマ、それを見てしまう人も出て来るかもしれない訳だ。

このため、レジストキーファイルは、ある意味、暗号化して書き込む必要があるので、それ用のソフトとして、KeyFileMakerというソフトを作成した訳だ。

このKeyFileMakerというソフトは、作者が設定した暗号化キーに従って、AESをベースに作者が若干細工してある独自の暗号化方式を使って、レジストキーの内容を暗号化してファイル出力するのだが、暗号化キーはプログラムに内蔵されているので、プログラムをリバースエンジニアリングされれば、暗号は簡単に解読される。

なので、正確には、出力されるファイルは暗号化されている、とは言えないのだが、とりあえず、難読化はされている格好になるので、その内容をバイナリダンプしてみても、レジストキーの内容は読み出せない。

と、いう事で、今日は、このKeyFileMakerを作成すると同時に、それが出力するキーファイルをMCClientとMCSrvが読み出してレジストの有無をチェックする処理を追加した。

まだ、レジストされていない場合の機能制限は実装していないのだが、これについても、明日には追加できている筈だ。

« サーバーの新機能 | トップページ | クライアントの新機能 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67028972

この記事へのトラックバック一覧です: KeyFileMakerとか:

« サーバーの新機能 | トップページ | クライアントの新機能 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google