スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 中継サーバーは個人向けに | トップページ | 調べてみた所・・・ »

先は見えたが後一週間は・・・

今は、Mirror-DTCのシェアウェア化を行うフェーズで、今週は先週までに開発してきた新機能の作り込みを行ったのだが、今日の時点で、今回、新規開発した中継サーバーについても、格好を付けた。なので、先は見えたのだが、それでも、後、1週間分くらいの残作業はある。

結局、中継サーバーについては、流石に1接続しか出来ないと面白くないので、10接続までは出来る様にした。

ただし、各接続用には独立した待ち受けポートを使う格好にしたので、10接続させたければ、10個のポートを確保しておく必要がある。

で、サーバーをその確保したポートの何処かに、今回追加した接続依頼を使って接続しておき、その後、同じポートに接続したクライアントが、そのサーバーに接続する事になる。

と、いう事で、上記の様にしておくと、中継サーバーも、クライアントも、別段、複雑化はされないので、まあ良いか、という事にしたのだが、接続ポートが10個もあると、やはり、各ポートの状況を確認したりしたくもなる筈なので、簡単な状況確認も出来る様にした。

更に、これだけの接続を同時に許可してしまうと、ネットワーク帯域も心配になる筈なので、簡単な速度制限機能も付けたりしたので、中継サーバーについても、個人向けの割りには、少しは格好が付いたのだが、そういう事をやっている内に、8月も2日になってしまった。

しかし、今日の時点でも、まだ、レジストキーの扱いをどうしようか、だとかいう話については、決めていないし、多分、AmuseGraphics本体の様に、レジストキー入力用に使う事になるだろう、という事で、クライアントの仕上げも出来ていない。

更には、テレビ電話ソフトについても、暗号化機能については、未実装の状態で、実際問題としては、必要性は無い様な気もするのだが、これについても、一応、Mirror-DTCの暗号化方式を真似たモノを実装しようか、と、思っている。

と、いう事で、機能的には、今日の時点でリリース版相当の機能が使える様になっているのだが、実際のリリースは、来週末以降になる感じだ。

ちなみに、次のバージョンは、Ver1.4.0になるのだが、リリースが完了しても、引き続き、Ver1.4.1の開発を続ける格好になる筈だ。

ただし、少し前に書いた様に、開発するのはTiExtenderに実装した様な、マウスイベントを画像表示するソフトだったり、macOSにはデフォルトで存在しているキーボードビュアーだったりする。

つまり、作者的には、AmuseGraphicsについても、あまり長期間放置は出来ないので、Mirror-DTC Ver1.4.1に向けた開発中に、その成果物の一部をAmuseGraphics用に提供しようと考えている訳だ。

更に、今現在AmuseGraphics用の追加提供ソフトにしてあるオーディオ/ビデオミキサーは、今回開発したテレビ電話ソフトでも使えるのだが、現行版のオーディオミキサーでは、バッファリング時間の設定が行えないので、DirectShowのデフォルトである所の0.5秒になっている。

で、これはバッファリング時間でしかないので、AG-WebカメラレコーダーやAG-デスクトップレコーダーの音声入力として、録画用のソースとして使う場合には問題はないのだが、テレビ電話ソフトの様に、リアルタイムに使用する場合には、遅延時間が少し気になる訳だ。

なので、作者的には、これの更新も行いたいと思っているのだが、もし簡単に実現可能なら、これについては、Mirror-DTC Ver1.4.0のリリース前に、更新しておきたい所ではある。

« 中継サーバーは個人向けに | トップページ | 調べてみた所・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67014274

この記事へのトラックバック一覧です: 先は見えたが後一週間は・・・:

« 中継サーバーは個人向けに | トップページ | 調べてみた所・・・ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google