スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« クライアントの新機能 | トップページ | テレビ電話も暗号化 »

接続要求のリトライ機能

今は、Mirror-DTCのシェアウェア化を行うフェーズで、新機能の実装は終わったので、今週はリリースに向けた仕上げ作業を行っているのだが、現行版のクライアント/サーバーに対する仕上げは大体終わったので、後は、中継サーバーとTiHotLine Liteになる。

ブログ記事には書いていなかったのだが、今回開発している、TiHotLine LiteとMirror-DTCのサーバーからクライアントに接続する機能については、少し前に書いた、大昔に嫁に行ってそれ以来専業主婦をやっている妹の助けを借りて、実際に、テストしたりしてみた。

具体的には、作者が想定している通り、メールの添付ファイルでバイナリを転送し、スマホで会話しつつ、それを解凍して貰って、まず、TiHotLine Liteを起動して貰った訳だ。

で、作者は大阪に住んでいて、妹は東京に住んでいるので、通信は東京大阪間になったのだが、双方ともが光回線を使っている事もあり、ビデオ会話は至極普通に行えた。

なので、次に、スマホを切って、会話はTiHotLine Lite経由でのみ行いつつ、Mirror-DTCサーバーから作者が待機させていたMirror-DTCクライアントに接続して貰ったのだが、これについても、全く、問題はなかった。

つまり、お互いに光回線だと、帯域的には、数十Mbpsでも楽勝なので、実際には2Mbpsもあれば快適に動作するTiHotLine LiteとMirror-DTCを同時に動作させていても、快適な操作が可能だった訳だ。

と、いう事で、作者的には、妹の助けを借りて、今回の開発物は、IT関係の素人でも、問題なく利用できる、という事を確認した訳なのだが、実際には、少し問題も出た。

最も大きな問題は、妹はGmailを使っていた様なのだが、最初、添付ファイルをどうやって自分のPCにダウンロードするのかが判らなかった訳だ。

次に、添付ファイルはzip形式で圧縮してあったのだが、流石の妹も、zipファイルは展開するものだ、というのは判っていた様なので、次は、これを展開するのね・・・、と、展開作業は楽勝でやってくれた訳だ。

しかし、その次のステップとして、Windows10がプログラムの実行を拒否した訳だ。

なので、作者的には、zipファイルを展開する前に、プロパティーで・・・、と説明しなければならなかった訳なのだが、まあ、大きな問題は、上記程度だった訳だ。

このため、作者的には、その後のテスト中は、上機嫌だった訳なのだが、その時点では、Mirror-DTCサーバーからクライアントに接続し、クライアントが接続を切断すると、それまでだった訳だ。

つまり、再度、Mirror-DTC接続しようとする場合には、妹に、もう一度、サーバーから接続要求してくれ、と、頼まなければならなかったのが、唯一、問題と言えば問題だった訳だ。

更に言えば、中継サーバーというのは、サーバーをあるポートに接続しておいて、次に、クライアントが同じポートに接続した場合に、通信を中継してくれるソフトになるのだが、昨日までは、クライアントが接続を切断すると、サーバーも、接続が切断される格好になっていた。

これは、中継サーバーが存在しない場合、クライアントから接続が切断されれば、サーバーも通信を終了するのがあるべき姿かなあ、と、考えていたからなのだが、前述のテスト時にも、クライアントを誤って閉じてしまうと、サーバーからの接続要求が再度必要になって面倒な思いをする事になった訳だ。

と、いう事なので、今日は、サーバーからクライアントに接続要求する機能に、自動リトライオプションを追加した。

このオプションを指定して接続要求した場合には、クライアントから接続を切断されても、再度、接続要求を自動的に行う様になるので、クライアントで誤って接続を切断してしまった場合にも、再度、接続要求を待つ格好にすれば、サーバー側で待機している人に迷惑をかける事なく、再接続が行えるし、中継サーバーを利用する場合には、クライアントは接続したい時だけ接続できる格好になる。

と、いう事で、今日は、中継サーバーの仕上げを行いつつ、Mirror-DTCサーバーの接続要求機能についても手を入れていたのだが、何となく、良い感じになったので、明日は、TiHotLine Liteの仕上げを行う事になる筈だ。

« クライアントの新機能 | トップページ | テレビ電話も暗号化 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67035151

この記事へのトラックバック一覧です: 接続要求のリトライ機能:

« クライアントの新機能 | トップページ | テレビ電話も暗号化 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google