スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 心身共に調子が悪い | トップページ | 基本無料は危険なので・・・ »

AmuseGraphics Ver1.2.2の一般提供も終了

AG-デスクトップレコーダー Ver1.2.2等については、既に、提供を終了していたのだが、それを受けてか、AmuseGraphics Ver1.2.2のダウンロード数が急増したので、こちらについても、今日、一般提供を終了させた。当面、レジストユーザーには、希望があれば提供する。

冒頭の文面を見て、ダウンロード数が急増したのに提供を終了するとは何事だ、と、思った人もいるかもしれないのだが、9月20日の記事を読めば、その理由も判るかもしれない。

つまり、作者的には、何故、AG-デスクトップレコーダー Ver1.2.2の提供を終了しなければならなかったのか、というと、これを使えば、プロテクトされた地上波デジタル放送やBlu-ray Discのコピーが出来る、と、オークションサイトで商品提供している業者がいる、という情報をメールで貰ったからだ。

実際の所、そんな事は不可能で、やれる事としては、プロテクトされた動画を著作権保護機能を使わずに表示する様な動画プレイヤーが再生している状況を録画するだけ、の筈なのだが、だとしても、宣伝文言だけを見ていると、プロテクトされた動画商品をコピーできてしまう様に見える訳だ。

で、数年前の著作権法改正で、そういう行為は、ユーザーが行うだけでも違法になったのだが、コピープロテクトを外す様なソフトを提供する行為も、違法になった。

なので、窓の杜なんかでも、今はまた復活している様なのだが、2012年には、DVDのリッピング機能が搭載されている、という事で、VLCプレイヤーの提供を終了したりした事件もあった。(当時の状況が記載されている個人?のブログ記事)

つまり、プロテクトを解除するコピー行為は、それ自体も違法行為になるのだが、それを可能にするツールを提供するのも違法行為となるため、あの大御所である所の窓の杜なんかでも、オープンソースの有名動画プレイヤーである所のVLCプレイヤーでさえ、リッピング機能が搭載されていた、という事で、一時的に、ライブラリから削除した訳だ。

と、いう事で、問題の商品はプロテクトフル対応、と、記載されているだけで、プロテクトを解除している、とは書いていないのでセーフ、なのかと言えば、常識的には、グレーゾーンにある訳だ。

少なくとも、そんな商品を提供する人が上記の著作権法改正内容について知らない訳はないので、自らがヤバイ橋を渡っている自覚はある筈な訳だ。

なので、自分ではツールを提供せずに、既存のツールのダウンロードサイトへのリンクのみを使ってプロテクトされた動画を別ファイル化する手法を提示する情報商材に仕立てた、という事になるのかもしれないのだが、実際の所、最近では、「リーチサイト運営「紅籍会」の逮捕を考える~リンクで逮捕?」、みたいな事例も出て来ている訳だ。

つまり、上記の商品を提供している人は、自分はツール自体は提供していないのでセーフ、なんて甘い事を考えていたら、ある日、突然、警察がやって来る可能性も出てきた訳なのだが、警察というのは、技術者集団ではない訳だ。

なので、基本的には、Windowsに内蔵されたキャプチャーツールと同じ処理しか行えないAG-デスクトップレコーダーを、上記の宣伝文言につられて、違法コピーツールだと判断する可能性もある訳だ。

そうなった場合、「金子勇氏とWinnyとともに日本が失ったもの」、みたいな事が再度、繰り返される事になる訳なのだが、昨日書いた様に、作者的には、もう歳なので、体調が宜しくない。

このため、金子氏とは違って、最高裁まで7年も戦い続ける体力も気力も残ってはいない訳なので、最初に逮捕された取り調べ中に、そこで命を失う可能性も十分にある。

と、いう事で、作者的には、そんなトバッチリみたいな形で警察に逮捕されて取り調べで命を落とす、なんてのは不本意なので、上記の情報商材で使われている、と、報告を受けたAG-デスクトップレコーダー Ver1.2.2は、即刻、提供を終了させた訳なのだが、実は、それと同じバイナリは、AmuseGraphics Ver1.2.2をダウンロードしてインストールすれば、まだ、合法的に、入手可能な状態だった訳だ。

これは何故だったのかというと、何回も書いてきた様に、作者と言う人は、自称、「こんなに良い人は滅多にいない」、くらいの良い人な訳なので、情報商材を売っている人にしてみても、商材を販売後、AG-デスクトップレコーダーを入手できない、と、クレームされたら困るだろう、と、考えてしまった訳だ。

つまり、そういう場合の逃げ道として、AmuseGraphics Ver1.2.2については、残しておいてあげた訳なのだが、9月20日の記事に書いた様に、作者的には、もう、こんな商材の販売は終了してもらいたい訳なので、同様の手法を継続的に使われては意味が無い訳だ。

もっとも、AmuseGraphicsについていは、シェアウェアという事もあり、WindowsXP/Vista用に購入した人が再インストールしたい様な場合を考慮すると、フリー版ほど、軽々に提供を終了させる訳にも行かなかった。

なので、AmuseGraphics Ver1.2.2については、レジストキーユーザー向けには、メールで要望があった場合には提供を継続するのだが、上記の様な事情があるので、レジストキーを提示しない人に向けての提供は、今後、一切、行わない予定だ。

作者は上記の商品を購入していないので、実際に、上記の商品に何が含まれるのかは知らないのだが、もし、上記の商品を購入して、そこにAG-デスクトップレコーダーの実行ファイルが含まれていた場合、それは明らかな著作権侵害品、つまり、パチものになるので、購入者はオークションサイトに苦情を入れたり、警察に被害届を出す事をお勧めする。

もっとも、上記した様に、プロテクトされた動画のプロテクトを解除してコピーする行為は、それ自体が違法なので、実際には、そんな事は行われていないとはいえ、上記の様な商品を購入した人は、後ろめたい気持ちから、苦情を上げられない、という事情もあるのかもしれない。

少なくとも、上記の商品については、何か月も継続的に販売されている様なのだが、作者の所には、5月とこの前に2回しか苦情が来ていない。

まあ、実際には、オークションサイトの取引の殆どはサクラによるモノで、見た目ほど、売れていないのが実状かもしれないのだが、念の為に書いておくと、前述の様に、改正された著作権法では、コピープロテクトを外す行為を行ったユーザーも、逮捕される可能性がある訳なので、作者なら、こういうソフトを購入してオークションサイト等の購入履歴に自分の名前を残す様な事はしない。

« 心身共に調子が悪い | トップページ | 基本無料は危険なので・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67197879

この記事へのトラックバック一覧です: AmuseGraphics Ver1.2.2の一般提供も終了:

« 心身共に調子が悪い | トップページ | 基本無料は危険なので・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google