スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« キーボードビューアとか | トップページ | 「新たな漫画村」が急成長・・・ »

Mac miniの発表は?

今はAmuseGraphicsの開発フェーズなのだが、まだ大した進捗はないので、今日も時事ネタにする。最近のネタにはコンピュータと無関係で開発日誌に書くべき事か? みたいなモノも多いのだが、今日は、9月12日にAppleのイベントがある様なので、それ絡みにする。

9月12日のイベントというのは、多分、新しいiPhoneの発表会になるのだと思われるのだが、ここの所のApple関連の噂としては、今年中に、安価なMacBook Airの後継機種とMac miniの発表がある、というのがあった訳だ。

なので、作者的には、それらについても、同時に発表されないかなあ、と、期待している訳なのだが、これはつまり、作者的には、新しいiPhoneには興味が無い訳だ。何故、興味が無いのかというと、作者の現在のスマホは2011年製のAndroid2.3スマホである所のAuのISW11M Photonだったりするからだ。

つまり、作者的にも、こんなに古いスマホを使い続けている人は、日本中探しても何人もいないんじゃなかろうか、と、思ったりはしているのだが、作者がこのスマホを購入したのは、それ以前に使用していた携帯電話用の電波が停波になるので、買い替えてくれ、と、Auから催促されたからだった訳だ。

と、いう事で、作者的には、そもそも、携帯電話にはコダワリは無かった訳なので、Photonについても、壊れないので使い続けている訳だ。なので、新しいiPhoneが出たからといっても、別段、気になる存在にはならない訳だ。

もっとも、PCについては、2年毎くらいに新しいモノを買ってきているので、今現在の稼働中PCは7台になっている。

まあ、これらについては、Windows7/8.1/10/macOS/Ubuntuで、自製ソフトの動作確認が必要、という事を鑑みれば、決して多すぎるという事もないのだが、ソフトの動作確認については、仮想環境なんかを使う事を鑑みれば、Mac1台でも不可能という事はない訳だ。

と、いう事なので、作者的には、2015年にMac mini Late2014を購入して、以来、このマシンをメインマシンにしている訳なのだが、スペック的には、あまり高性能なマシンでもない。

にも関わらず、このマシンは、去年、MacBook Pro 15インチ 2016モデルを購入してからも、メインマシンであり続けているのだが、その理由は、使えないほど低性能でもないからだ。

つまり、性能的には、MacBook Pro 15インチ 2016モデルの方が上の筈なのだが、作者的には、大昔からノート型のMacはサブマシン扱いで使ってきているので、MacBook Pro 15インチ 2016モデルについても、別段、Mac mini Late2014がメインマシン足り得ないという事もないので、サブマシン扱いにしている訳だ。

と、いう事で、作者的には、2015年の4月頃からMac mini Late2014にフルHDの液晶モニターを繋いでメインマシンとして使ってきていて、より高性能なMacBook Pro 15インチ 2016モデルを購入しても、メインマシンの座は譲らせなかった訳だ。

その最も大きな理由は、作者的なそれ以前のメインPCは、Windows7の普通のデスクトップPCだったのだが、そのデスクトップPCも、自製ソフトの動作確認用に稼働可能にしておく必要があって、その為には、液晶モニターが必要になるからだ。

つまり、どの道、作者の机上には液晶モニターが必要で、Mac miniだと、そのモニターを共用できる上に、筐体が小さいので、そのモニターの下に設置しておけば、邪魔にもならない訳だ。

と、いう事で、ネットを見ていると、Mac miniというのは開発者に人気、という話も載っていたのだが、これは、開発者の場合、作者と同様に、Mac以外の他のPCも併用している人が多い筈で、そういう環境では、Mac miniというのは、多分、邪魔にならないので、好まれる様な気がする訳だ。

更に言えば、Macの場合、BootCampでWindowsを動作させる事も出来るし、macOS上のParallelsというのも優秀な仮想環境になる訳なので、Mac miniを使っていると、色々と融通も効く訳だ。

もっとも、作者も使っている現行版のMac miniである所のLate2014のCPUは2コア4スレッドなので、今、購入しようとすると、流石に、躊躇ってしまうくらい非力ではあるかもしれない。

まあ、だからといっても、実際問題としては、前述の様に、使えないほど遅くはないのだが、噂では、次のMac miniはプロ用途を意識している、という事になっている様だ。

なので、作者的には、次のMac miniでは、CPUやGPU性能が強化される、と、考えていて、作者の想像通りのモノが出てくれば、来年には、Late2014の置き換え用に購入しようか、とも思っている。

ただし、流石に、サイズが大きくなる事はない様な気がするのだが、相手はAppleなので、他PC用の液晶モニターだとかキーボードだとかマウスなんかは使えなくされる、という可能性はあるかもしれない。

まあ、それの何処がプロ用なのかは常人には判りかねるのだが、もし、そういったモノが次世代Mac miniとして出てくるのだとすると、開発者のMac mini離れは加速する事になるかもしれない。

« キーボードビューアとか | トップページ | 「新たな漫画村」が急成長・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67118635

この記事へのトラックバック一覧です: Mac miniの発表は?:

« キーボードビューアとか | トップページ | 「新たな漫画村」が急成長・・・ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google