スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« WebカメラレコーダーをVer1.4.0に更新 | トップページ | ムービーカッターをVer1.4.0に更新 »

デスクトップレコーダーをVer1.4.0に更新

Ver1.4.0では、録画映像/録音音量を確認できるプレビューウインドウの表示機能を追加しました。このウインドウにはコマンドボタンも配置した事から、従来版ではAGアイコンの右クリックから行っていた殆どの操作は、このウインドウ上から行える様になります。

本ソフトを起動するとタスクバーの通知領域にAGアイコンが登録され、そのアイコンの右クリックで表示されるポップアップメニューから、各種設定や録画の開始指示が行えますが、Ver1.4.0では、この操作体系に加えて、プレビューウインドウからの操作体系を追加しました。

プレビューウインドウには現在設定されている動作モードや録画映像/録音音量、各種制限設定が表示されますので、このウインドウから操作を行う場合、それらを確認した上で録画の開始指示等が行える様になります。

プレビューウインドウは、前述のAGアイコンをクリックするとAGアイコンの近くに表示されます。ただし、デフォルト設定では「ピン止め」されていませんので、ウインドウ領域外をクリックすると非表示状態に戻ります。

また、このウインドウには「録画開始」/「設定変更」等の各種コマンドボタンがありますが、これらを押して各種コマンドを実行した場合にも、非表示状態に戻ります。

ただし、設定変更を行う事で、プレビューウインドウは「ピン止め」出来ます。また、「移動を許可」/「録画制御キーで表示」/「録画に含めない」オプションを適用する事も出来ます。

「ピン止め」を適用すると、プレビューウインドウはAGアイコンをもう一度クリックするまで表示され続ける様になります。このため、このオプションを適用すれば、ウインドウ録画中に別作業を行いつつ、録画映像をモニターする事も可能になります。

「移動を許可」を適用すると、プレビューウインドウは初期表示位置からドラッグしてデスクトップ上の任意の位置に移動可能になります。このため、領域指定録画時やデュアルモニター構成時には、録画対象領域外に移動する事で、録画映像には含めずに録画状態を常時モニターする事も可能になります。

「録画制御キーで表示」を適用すると、録画制御キーを押した場合の処理が、録画の開始/終了ではなく、このウインドウの表示/非表示に変更されます。このため、録画開始前に各種設定等の確認が可能となりますが、特に、フルスクリーン動画を録画する場合等には、録画対象ソフトをフルスクリーン状態にしたまま、プレビューウインドウを表示できますので、便利なオプションになる筈です。

「録画に含めない」はWindows8.1と10でしか適用できませんが、このオプションを適用した場合、録画領域内にプレビューウインドウが存在しても録画映像には含めない様に出来ます。ただし、その為には特殊な処理が必要となりますので、このオプションを適用した場合には、録画性能は低下しますので、フレーム落ちが発生する場合があります。

上記の通り、Ver1.4.0では、プレビューウインドウの表示機能を追加する事で、各種設定や録画映像/録音音量を確認しつつ各種操作を行える新しい操作体系を利用可能にしました。

ただし、従来の操作体系も残してありますので、従来版の操作体系に馴染んでいる方は、従来通りの操作体系を継続利用する事も可能です。その様な場合にも、プレビューウインドウは録画映像/録音音量の確認用には便利に利用できる筈です。

また、従来版では、コーデックに「Motion JPEG」等を選択し、エンコードモードにリアルタイムエンコードを選択した場合に行われるAVI形式でのリアルタイムエンコード時には、PC環境のCPU負荷の変動等により、不安定な音ズレが発生する場合がありましたが、Ver1.4.0では、この様な音ズレの発生を防止する対策も行っています。

対策には、キューイング数の削減等の一般的な対策の他、従来版ではDirectShowに任せていたフレーム時間算出処理を自前化する、という、根本対策も含まれます。

このため、Ver1.4.0では、AVI形式のリアルタイムエンコード時にも、AGM/MP4形式でのリアルタイムエンコードやバッファリングエンコード時とほぼ同様の安定性を持った録画が行える様になっています。

また、従来版では、録画中にサインアウトや再起動をしてしまった場合には、録画中だったファイルは不完全な状態になったため、再生できませんでしたが、Ver1.4.0では、OSからセッションの終了通知があった場合には、可能であれば、録画を正常終了させる処理を追加しましたので、この様な場合にも、録画中だったファイルを再生できる可能性が高まっています。

なお、既にフリー版のサポートは終了しましたので、Ver1.4.0ではフリー版の提供は行いません。このため、従来のフリー版からVer1.4.0にアップデートしたい方は、AmuseGraphics Ver1.4.0をインストールしてその付属版を利用する様にして下さい。

ただし、AmuseGraphicsの付属版にはレジストキーが登録されていない環境では録画時間が30秒に制限される等の制限がありますので、制限を解除したい場合には、レジストキーを購入して登録する必要があります。

レジストキーの購入/登録方法についてはAmuseGraphicsのホームページ を参照して下さい。従来版用にレジストキーを購入済みのAmuseGraphicsユーザーは、Ver1.4.0でも、そのレジストキーを利用できますので、レジストキーの追加購入は不要です。

AmuseGraphics Ver1.4.0は以下のダウンロードページからダウンロードできます。

AmuseGraphics ダウンロードページ

http://t-ishii.la.coocan.jp/download/AmuseGraphics.html

- プレビューウインドウの外観 -

Agdrec140_0

- プレビューウインドウから起動する設定ダイアログ -

Agdrec140_1

« WebカメラレコーダーをVer1.4.0に更新 | トップページ | ムービーカッターをVer1.4.0に更新 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67305117

この記事へのトラックバック一覧です: デスクトップレコーダーをVer1.4.0に更新:

« WebカメラレコーダーをVer1.4.0に更新 | トップページ | ムービーカッターをVer1.4.0に更新 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google