スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 使い勝手は別ものレベル | トップページ | 配布形態は変更しない »

無難に纏まりそうではある

今はAmuseGraphics Ver1.4.0の開発中で、変更作業の最後として、デスクトップレコーダーの変更を行っている。今回はキーボードビューアとクリックエフェクタの取り込みは無しにして、変更は、無難に、プレビューウインドウの追加のみにしたのだが、インパクトはある筈だ。

プレビューウインドウというのは、そもそもは、ここの所書いてきた様に、録画開始前に録画対象の領域を確認するためのウインドウになるのだが、録音対象の音声デバイスからの入力音量も確認可能だ。

もっとも、それだけだと、大して使い勝手は向上しないので、そのウインドウには、録画開始ボタンなんかも配置している。

つまり、このウインドウを表示すれば、録画対象映像や録音対象音声の音量を確認しつつ、録画開始ボタンを押して録画を開始できるので、安心な訳だ。

ただし、AG-デスクトップレコーダーでは、リアルタイムエンコードだとかバッファリングエンコードだとかモニター出力だとかのモードがあるので、それらを使い分けていると、今現在、どのモードにあるのかを確認せずに録画を開始すると、思った通りに録画出来ない場合がある。

また、制限指定も可能なので、前回の録画時に設定した下手な制限が残っていると、録画中に制限に引っかかって、自動的に録画が終了してしまう場合もある。

と、いう事なので、AG-デスクトップレコーダーを色々な用途で使っている人の場合、安心して録画を開始する為には、様々な設定を確認してから録画を開始する必要がある訳なのだが、上記のプレビューウインドウでは、前述の様なモードの状態は、ウインドウ内に表示する様にした。

なので、どのコーデックを使っているか、だとか、マウスカーソルを録画に含めるか、だとかの細かい設定については、設定ダイアログで確認する必要があるものの、通常、良く変更するであろう、制限指定だとか、録画モード指定については、設定ダイアログを開いて確認しなくても、一目で判る様になっている訳だ。

と、いう事で、作者的にも安心なので、Ver1.4.0以降では、このプレビューウインドウを使って、録画を開始する事になる筈なのだが、このプレビューウインドウは、デフォルトでは、通知領域にあるAGアイコンをクリックすると表示される様になっている。

そして、録画開始以外にも、現行版では、ポップアップメニューで行う全ての操作や設定変更も、このウインドウから行える様にしたので、一旦、このウインドウを表示してしまえば、現行版では必須になっている、AGアイコンの右クリックで表示されるメニューを使う必要は無くなる。

もっとも、通常の録画を行う場合には、上記は気持ちの問題程度のメリットしかないかもしれない。

つまり、右クリックというのは、Windowsばかりではなく、macOS、更には、Ubuntuでも、補助操作扱いな訳なので、録画開始処理を、そんな操作で行う、というのは、PCを使いなれている人ほど、気持ち悪い訳だ。

そして、Ver1.4.0では、前述の様に、プレビューウインドウを表示してしまえば、この右クリックは必要なくなるので、上記の気持ち悪さが無くなる訳なのだが、フルスクリーン動画なんかを視聴中に、その映像を録画する場合には、それ以上のメリットがある。

具体的には、現行版でも、録画の開始と終了は、録画制御キーで行えるので、AGアイコンが見えない上記の様な状況でも、録画自体は可能なのだが、前述のモード確認なんかをしようと思うと、一旦、フルスクリーン状態の動画アプリなんかを通常モードに戻さなければならない訳だ。

何故なら、そうしないとタスクバーが表示されないので、常駐領域にあるAGアイコンも表示されず、それを右クリックする事も出来ないので、設定の確認が出来ないからだ。

同様の話は、プレビューウインドウについても言えるのだが、プレビューウインドウというのは、表示させてしまえば万能なので、今回、録画制御キーを押した場合に、直接録画を開始させるのではなく、このウインドウを表示出来るオプションを追加した。

なので、このモードにしておけば、フルスクリーンアプリの動作中に、このプレビューウインドウを表示して、動作モードを確認しつつ、録画を開始する事が可能になるし、このプレビューウインドウには、現行版のAGアイコンのTip表示と同程度の状況表示を行う機能もあるので、録画中に表示して状況確認を行う事も可能な訳だ。

録画中に表示してしまうと、このウインドウが録画されてしまうじゃないか、という声が聞こえてきそうなのだが、Windows8.1以降では、このウインドウを録画しないオプションも用意できている訳だ。

つまり、フルスクリーン動画の録画中にこのウインドウを呼び出して状況を確認しても、このウインドウは録画データには記録されない。

まあ、その為には、特殊な処理を行っているので、キャプチャーしているフレームレートは通常は低下する筈なのだが、それでも、日本アニメなんかの実質フレームレートは15FPS程度しかない事を鑑みれば、注意して見なければ、このフレームレートの低下には気が付かない場合も多い訳だ。

と、いう事で、Ver1.4.0で追加するプレビューウインドウというのは、AG-デスクトップレコーダーの使い勝手を根本的に変えるくらいのインパクトがあるので、今回は、他の機能追加は不要だろう、という事にした訳だ。

もっとも、今現在、HPにアップしてあるTiKeyboardViewer/TiClickEffectorはユーティリティソフトに追加する予定なので、AmuseGraphics Ver1.4.0では、AG-デスクトップレコーダーに組み込まれなくても、キーボードビューア/クリックエフェクタ機能は、これらを使えば利用できる事にはなる訳だ。

« 使い勝手は別ものレベル | トップページ | 配布形態は変更しない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67267498

この記事へのトラックバック一覧です: 無難に纏まりそうではある:

« 使い勝手は別ものレベル | トップページ | 配布形態は変更しない »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google