スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« リリース準備はほぼ完了 | トップページ | 更に、もう一日順延 »

リリースは明日に順延

AmuseGraphics Ver1.4.0のリリース準備はほぼ終わっていたのだが、今日、このブログに掲載するリリース記事を書いてみると、相対的に、AmuseGraphicsの活用ガイドの記載が貧弱に思えてきた。なので、これを強化していたのだが、力尽きたのでリースは順延する。

まあ、こんな記事を書いている暇があるのなら、リリース準備を進めろよ、という声も聞こえてきそうなのだが、何度か書いた事がある様に、公開ソフトに添付するドキュメントの作成作業というのは、このブログの記事を書く作業よりも、何倍も疲れる訳だ。

つまり、作者的には、まだ、ブログの記事を書く気力/体力は残っているのだが、活用ガイドを書く気力/体力は残っていないので、今日のリリースはヤメにして、明日に順延する事にした訳だ。

と、いう事で、活用ガイドの更新はまだ終わっていないのだが、後は、添付アプリケーションの項目に、TiKeyboardViewerとTiClickEffectorの概要と利用方法の記載を追加するだけなので、多分、明日の午前中くらいには、作業が終わってリリース可能な状態になっている筈だ。

ちなみに、リリース記事は既に書き終えているのだが、数日前に書いた様に、AG-Webカメラレコーダー/AG-デスクトップレコーダー/AG-ムービーカッター/AGMPlayer用にも、専用のリリース記事を書いている。

ただし、何度も書いてきた様に、Ver1.4.0からはフリー版は提供しないので、公開される配布パッケージはAG_140.zip、つまり、AmuseGrapics Ver1.4.0用のみになる。

なので、従来のフリー版からVer1.4.0に更新したいフリー版のユーザーはAmuseGraphicsをインストールして、その付属ソフトのVer1.4.0を使う必要があるのだが、念の為に書いてくと、従来版の実行ファイルは起動フォルダーにFreeConfig.datファイルがあると、フリー版として動作したのだが、Ver1.4.0に付属する付属ソフトでは、この機能は削除している。

つまり、とりあえず、AmuseGraphicsをインストールして付属ソフトの実行ファイルを取り出してフリー版として動作させようとしても、Ver1.4.0以降では、そういう行為は出来なくなるので、従来のフリー版から最新版に移行したい場合には、普通にAmuseGraphicsをインストールして制限を解除させる為にレジストキーを購入して登録する必要がある。

« リリース準備はほぼ完了 | トップページ | 更に、もう一日順延 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リリースは明日に順延:

« リリース準備はほぼ完了 | トップページ | 更に、もう一日順延 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google