スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 具体的には何をしようか? | トップページ | ダイアログの作成とか »

まずはmacOS版の更新

今は、Mirror-DTCの開発フェーズで、Windows版以外のバージョンがフリーソフト時代のままなので、とりあえず、これらをWindows版と同じVer1.4.0に上げようとしている。やるべき事は色々とあるのだが、まずは、macOS版の更新を目指す。

昨日書いた様に、Ubuntu版については、録画機能をどうしようかなあ、という話があって、最終的には、実装しない、という事にする可能性も十分にある訳だ。
 
これに対して、macOS版については、それほど無理をしなくても、Windows版とほぼ同等の更新が行える筈なので、まずは、macOS版の更新を先に行おうか、と、思った訳だ。
 
で、既に、今日から作業を始めているのだが、作業を始めてみると、意外と変更点は多かった、という事を思い出す事になった。
 
具体的には、作者的には失念していたのだが、クライアントには録画機能以外に音声出力の設定機能というモノもあった訳だ。そして、クライアント/サーバー共に、iniファイルでの初期設定項目が拡充されているので、対応する処理コードを色々と追加する必要がある事が判った。
 
と、言う事で、Ver1.3.1からVer1.4.0への更新作業は意外と大変なのだが、まあ、macOS版については、必要な処理コードは何処かにあるので、作業が難しくなる事はない筈ではある。
 
ちなみに、Windows版以外が古いバージョンのままになっている、というのは、AmuseGraphics関連ソフトである所のAG-ムービーカッター/AGMPlayerでも同様だ。
 
なので、作者的には、これらについても、バージョンを上げようと思っているのだが、これらについても、単純作業になる筈だ。
 
で、単純作業というのは、悩まなくても良いので、作業的には楽ではあるのだが、作者的には、そんな事ばかりやっていると、技術資産が増えない訳だ。
 
つまり、やれる事が広がっていかないので、今回、作者的には、macOS環境でWebカメラを扱える様になっておきたいし、Android環境では、それに加えて、マイク入力にも対応できる様になっておきたい、と、思っている。
 
具体的には、AmuseGraphicsで言えば、AG-Webカメラレコーダー、Mirror-DTCで言えば、TiHotLine LiteみたいなソフトをmacOS/Android環境でも構築できる様になっておきたいと思っている訳だ。
 
もっとも、そういう事をやっていると、それなりの時間がかかる筈なので、まずは、そういった新しい情報やノウハウが必要になる作業が必要ないクライアント/サーバーの更新だけを行なって、Ver1.4.0としてリリースしておく事になる筈だ。
 
で、それらがリリースできたら、上記の様なモノを作って公開しておきたいのだが、今年もあと二ヶ月なので、今年中にそこまで出来るかどうかは、Mirror-DTCのレジストキーの売り上げがどれだけ伸びて行くかにかかっているかもしれない。
 
まあ、Mirror-DTCのレジストキーも、少しは売れているので、マルコカパックさんよりはマシではあるのだが、作者的には、もう少し何とかなってもらいたい今日この頃ではある訳だ。
 
マルコカパックさんのYouTube動画

« 具体的には何をしようか? | トップページ | ダイアログの作成とか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67339474

この記事へのトラックバック一覧です: まずはmacOS版の更新:

« 具体的には何をしようか? | トップページ | ダイアログの作成とか »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google