スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 段取りの関係で・・・ | トップページ | ダウンロードページを変更 »

Mirror-DTC for Mac 1.4.0を公開

Ver1.4.0では、サーバーからクライアントへの接続機能/録画機能/音声出力の設定機能を追加しました。配布形態は、Windows版と同様のシェアウェア(基本無料)に変更していますので、フル機能の利用にはレジストキーの登録が必要になります。

従来版(Ver1.3.1)までのMirror-DTCでは、サーバーへの接続はクライアントから行う必要がありました。このため、インターネット経由での接続時には、通常、サーバー環境にあるブロードバンドルーターでのポート開放が必要になりました。

また、グローバルIPアドレスが提供されないモバイル回線を使用しているサーバー環境には、インターネット経由で接続する事は出来ませんでしたが、今回、サーバーからの接続依頼機能を追加したことで、クライアント側でグルーバルIPアドレスが使え、かつ、ポート開放が行えれば、前述の様なサーバーと接続してリモート操作/視聴することが可能になりました。
 
上記の様な機能追加と共に、Ver1.4.0では、各種ダイアログの初期値をiniファイルで指定可能にする機能も追加しています。
 
これらの機能は、例えば、田舎の親のMacのメインテナンスを都会に出た子供がやってやる、という様な場合に、どういう機能があると便利か、という事を考えた結果から追加されたものです。
 
このため、Ver1.4.0は、自前環境にあるMacだけではなく、第三者環境にあるMacをリモート操作する様な場合にも、便利なツールになっている筈です。
 
Ver1.4.0を利用してメインテナンスして貰う場合、サーバー所有者は第三者が運営しているサービスに加入する必要はありません。また、第三者が稼働させているサーバーに接続する必要もありませんので、プライバシー面での心配なく、メインテナンスを依頼できます。

更に、環境/操作面でも、グローバルIPアドレスやポート解放が不要となるばかりではなく、接続先IPアドレスや受付ポートが記述されたiniファイルが内蔵されたサーバーをメールで送って貰えば、サーバープログラムを起動してボタンを一回押すだけで、接続を完了させる事が出来ますので、特別な設備は不要で、操作も簡単です。

Ver1.4.0では、上記の様な利用形態も想定している事から、利用規約についても少し変更しており、通信する事を目的とする場合には、クライアント/サーバーの実行バイナリ等を通信相手にメール等で個別に渡す事は許可しています。
 
上記以外の機能追加としては、クライアントにWindows版 Ver1.4.0と同様の録画/音声出力の設定機能を追加しています。
 
従来機能の改良としては、小容量の複数ファイル転送時の処理速度向上を行っており、数百程度以上の小容量ファイル転送時の処理速度はVer1.3.1利用時の数倍に向上しています。
 
また、サーバーに対する不具合修正として、カーソルが非表示となっている場合にも転送する場合があった不具合、終了時に起動ダイアログを表示させない指定が出来なくなっていた不具合を修正しています。
 
なお、Ver1.4.0からシェアウェア化している為、フル機能の利用にはレジストキーの登録が必要になっていますが、Ver1.3.1相当の基本機能+αはレジストキーを登録しなくても継続利用可能にしてありますので、従来版の全ユーザーにVer1.4.0への移行をお勧めします。
 
レジストキーはWindows版と共通ですので、Windows版用にレジストキーを購入済みの方はそのレジストキーを本ソフトでも利用できます。また、本ソフト用にレジストキーを購入される方はWindows版Mirror-DTCでも同じレジストキーを利用できます。

Mirror-DTC for Mac Ver1.4.0は以下のMirror-DTCのホームページからダウンロードできます。

Mirror-DTCのホームページ

- 2018/11/14 追記 -

Ver1.4.0.1(不具合修正版)を公開しました。

修正はサーバーに対するものですが、バージョン番号を合わせる為、クライアントについてもバージョン番号のみVer1.4.0.1に更新しています。変更内容の詳細は以下の通りです。

・サーバーをmacOS Mojaveに新規インストールした場合、マイクの利用許可を確認するダイアログが表示されず、音声転送が出来なかった不具合を修正

・macOS Mojaveでは「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」にある「アクセシビリティ」の許可リストにサーバーを追加する必要がある旨をREADME.txtのインストール方法の項目に追加

なお、macOSのデータベースが壊れている場合、アクセシビリティやマイクに許可を与えても正しく動作しない場合があります。

この様な場合には、ターミナルで以下のコマンドを実行する事で、アクセシビリティ/マイクに対する許可リストを初期化できます。

tccutil reset Accessibility

tccutil reset Microphone

上記のコマンドの実行後にはアクセシビリティ/マイクに対するアクセス許可は全て削除されますので、必要なアプリに対して再度許可を与えて下さい。

また、2018/11/14現在、macOS Mojaveでは、アクセシビリティの許可はアプリケーションフォルダーにあるアプリに対してしか有効に働かない様ですので、サーバーはアプリケーションフォルダーにコピーして利用する様にして下さい。

- 2018/11/16 追記 -

Ver1.4.0.2(不具合修正版)を公開しました。

今回の不具合修正も最新のXcode 10.1を使用してビルドした場合、macOS Mojaveで不具合が発生する為、その回避を行う事を目的としたものです。

現時点では、これが仕様なのか、Xcode10.1に内蔵されている10.14SDK/Mojaveのバグなのかは判断しかねますが、いずれにしましても、最新のXcodeがビルドしたMirror-DTC Ver1.4.0.xのクライアントはMojaveでHiDPIを使用した環境では正しく動作しませんでした。

このため、今回、不具合修正版をリリースしましたが、macOS Mojaveでは、最新のSDKを使ってビルドした場合、従来は可能だったHiDPI環境での非HiDPIでのOpenGL描画が不可能となっている様ですので、Mirror-DTCクライアントから当該機能は削除しました。(参考リンク:Window issue on OSX Mojave )

具体的には、「オプション」メニューにあった「HiDPI時の高解像度表示」の選択項目を無くし、内部的には、HiDPI時には、常に、高解像度表示を行う様に変更しています。

その結果として、MojaveのHiDPI環境でも、HiDPI表示で正しく利用できる様になっていますが、非HiDPI表示が行えなくなりましたので、x1.00等の表示倍率指定での表示時には、非HiDPI表示時の半分のサイズでしか表示されなくなっています。

これは、HiDPI環境の仕様になりますので、表示サイズが小さすぎる、という場合には、Mirror-DTCのダウンロードページに掲載しているTiExtender等の解像度変更ツールを使ってモニターをHiDPIではない通常の解像度に設定するか、Mirror-DTCのアイコンを選択して右クリックし、「情報を見る」で表示されるダイアログにある「低解像度で開く」をチェックして下さい。

上記とは別に、最小化/非表示デスクトップに移動した場合、Windows版では、録画中には映像転送を停止しない機能がありましたが、macOS版には無かった為、同時にこの機能も追加しています。

また、上記はクライアントに対する変更ですが、Ver1.4.0.2では、サーバーについても変更しています。

具体的には、Ver1.4.0で追加したカーソル非表示判定処理では、カーソルが非表示になった事をより確実に把握できる様になりましたが、そのカーソルが再度表示された事の判定が不正確にしか行えなかった為、Ver1.4.0以降では、クライアント側でカーソルが消えたままになる事例が頻発しました。

このため、Ver1.4.0.2では、Ver1.4.0で追加したカーソル非表示判定処理を無効にし、それ以前と同様の判定処理を行う形に変更しました。

従来の判定処理では、カーソルを透明にする事で非表示にしているChrome/作者製ソフトの多くでは、カーソル表示を非表示に出来ますが、APIを使用してカーソルを非表示にしているFirefox/Safari/Terminal等では非表示に出来ません。

Ver1.4.0で追加したカーソルの非表示判定処理では、上記ソフトでもカーソルが非表示になった事は判定できましたが、再度表示された場合に、Firefox以外のソフトでは、その旨のステータスが判定用APIに正しく反映されなかったため、再表示できなくなっていました。

« 段取りの関係で・・・ | トップページ | ダウンロードページを変更 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67373119

この記事へのトラックバック一覧です: Mirror-DTC for Mac 1.4.0を公開:

« 段取りの関係で・・・ | トップページ | ダウンロードページを変更 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google