スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 災い転じて・・・ | トップページ | ここで不具合修正も »

録音と再生が可能に

ここの所、macOS版AGMPlayerのバージョンアップ開発をしているのだが、今日の時点で、録音と再生は可能になった。Windows版 Ver1.4.0相当の機能追加が目標なので、後は、再生速度の変更機能とサムネイル変更機能を実装する事になる。

macOSにはQickTime Playerが標準添付されていて、これを使うと、「新規ムービー収録」/「新規オーディオ収録」/「新規画面収録」が可能だ。
 
つまり、macOSでは、QuickTime Playerを使うと、「新規ムービー収録」でAG-Webカメラレコーダー相当、「新規画面収録」でAG-デスクトップレコーダー相当の録画処理が行え、「新規オーディオ収録」で、今回、AGMPlayerに内蔵させている音声の録音も行える。
 
なので、macOSを使っているユーザー的には、サードベンダーのソフトを追加しなくても、QuickTime Playerを使えば、Macに接続されているWebカメラやマイクの映像/音声を録画/録音できるし、画面に見えている映像を録画する事も出来る様になっている訳だ。
 
で、上記は、普通に鑑みれば、当たり前の話で、例えば、MacBookを購入すると、Webカメラやマイクは内蔵されていて、当然、それらはMacBookの購入代金に含まれる訳だ。
 
なので、MacBookを購入したユーザー的には、デフォルト状態で、それらを使ってみる事が出来ないと、満足できない筈な訳だ。
 
にも関わらず、例えば、Windowsの場合には、Skypeなんかの別ソフトをインストールしなければ、これらは動作しないので、Windows PCを購入して初めて電源を入れた時には、これらがチャンと動作するかどうかも判らない筈なので、ユーザー的には不安になる筈な訳だ。
 
と、言う事もあるのか、10年くらい前にWaveClipperをリリースした時には、作者が予想していなかったくらいダウンロードされたし、今でも、それは続いている。
 
また、AG-Webカメラレコーダーについても、別段、面白い事が出来るソフトでもないのに、WaveClipperに相当するくらいのダウンロードは毎日行われている。
 
と、言う事で、逆に言うと、QickTime Playerが内蔵されているmacOS環境では、WaveClipperやAG-WebカメラレコーダーやAG-デスクトップレコーダー相当のソフトは不要なのか、というと、そうでもない訳だ。
 
なので、TiExtenderには画面収録相当の機能を追加したのだが、これは、macOSを使っている人はやってみれば良いのだが、QuickTime Playerで画面収録を行うと、出力ファイルの解像度はHiDPI相当になるし、フレームレートは60FPSになるし、ファイル形式はMOV形式になってしまう訳だ。
 
つまり、例えば、MacBook Pro 15インチ 2016モデルのデフォルト解像度である所の1680x1050 (HiDPI)で全画面録画を行うと、3360x2100 60FPSのmovファイルが出来上がってしまう訳だ。
 
で、上記のファイルは、再生時にハードウェア支援が働くQuickTime Playerでは普通に再生できるのだが、ソフト再生を行なっているmacOS版AG-ムービーカッターやAGMPlayerでは、再生が間に合わず、音ズレが発生してしまう訳だ。
 
つまり、Apple的には、そんな高解像度・高フレームレートの動画ファイルを扱えるんだぞ、すごいだろう、みたいな所もあるのかもしれないのだが、実際問題としては、そんなファイルはファイルサイズも大きくなるし、編集するにも重すぎる訳だ。
 
なので、TiExtenderの画面収録機能では、出力解像度や出力フレームレートも指定可能にしてあるし、デフォルトの出力形式は、Windows環境にも馴染むmp4形式にしてあるし、編集用には、より軽いAGM形式なんかも選べる様にした訳だ。
 
つまり、QuickTime Playerがあれば、H/W動作確認レベルの基本処理は行えるのだが、それだけで十分か、というと、真面目に使おうとすると不十分なので、TiExtenderには画面収録機能を追加したし、AGMPlayerについても、録音機能を追加しようとしている訳だ。

« 災い転じて・・・ | トップページ | ここで不具合修正も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/67391314

この記事へのトラックバック一覧です: 録音と再生が可能に:

« 災い転じて・・・ | トップページ | ここで不具合修正も »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google